1983 Beirut barracks bombings : ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件

The 1983 Beirut barracks bombings were acts of terrorism that occurred on October 23, 1983, in Beirut, Lebanon, during the Lebanese Civil War. Two truck bombs struck buildings housing Multinational Force in Lebanon (MNF) peacekeepers, specifically against United States and French service members, killing 241 U.S. and 58 French peacekeepers, 6 civilians and the 2 suicide attackers. A group called Islamic Jihad claimed responsibility for the bombings and said that the attacks were to get the MNF out of Lebanon.

According to Caspar Weinberger United States Secretary of Defense, there is no knowledge of who did the bombing. While Israeli analyst Shimon Shapira points finger at Hezbollah and Iran, they have all continued to deny any involvement in any of the bombings. An Iranian group erected a monument in a cemetery in Tehran to commemorate the 1983 bombings and its “martyrs” in 2004.

Two suicide bombers detonated each of the truck bombs. In the attack on the building serving as a barracks for the 1st Battalion 8th Marines (Battalion Landing Team – BLT 1/8), the death toll was 220 Marines, 18 sailors and 3 soldiers, making this incident the deadliest single-day death toll for the United States Marine Corps since the Battle of Iwo Jima in World War II, the deadliest single-day death toll for the United States Armed Forces since the first day of the Tet Offensive in the Vietnam War, and the deadliest single attack on American citizens overseas. Another 128 Americans were wounded in the blast, thirteen later died of their injuries and they are numbered among the number who died. An elderly Lebanese man, a custodian/vendor who was known to work and sleep in his concession stand next to the building was also killed in the first blast. The explosives used were later estimated to be equivalent to as much as 9,500 kg (21,000 pounds) of TNT.

In the attack on the French barracks, the nine-story Drakkar building, 55 paratroopers from the 1st Parachute Chasseur Regiment and three paratroopers of the 9th Parachute Chasseur Regiment were killed and 15 injured by a second truck bomb. This attack occurred just minutes after the attack on the American Marines. It was the single worst French military loss since the end of the Algerian War. The wife and four children of a Lebanese janitor at the French building were also killed and more than twenty other Lebanese civilians were injured.

The attacks eventually led to the withdrawal of the international peacekeeping force from Lebanon, where they had been stationed since the withdrawal of the Palestine Liberation Organization (PLO) following the 1982 Lebanon War. In 2017, US Vice President Mike Pence called the bombings “the opening salvo in a war that we have waged ever since—the global war on terror”.

ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件は、レバノン内戦中の1983年にレバノンの首都のベイルートにあるアメリカ海兵隊の兵舎が車両爆弾を使用した自爆テロで狙われた事件である。アメリカ海軍・アメリカ陸軍の兵士も含め241人が死亡、60人が重軽傷を負った。1日の死者としてはアメリカ海兵隊の歴史上、太平洋戦争の硫黄島の戦いに次ぐ犠牲者数となった。 この事件の2分後、同じく国際平和維持部隊を構成していたベイルートにあるフランス陸軍の空挺部隊の兵舎も同じように自爆テロで攻撃され、58人のフランス軍兵士が死亡、15人が重軽傷を負った。こちらもアルジェリア内戦以来の死者数だった。

事件概要

1983年10月23日午前6時20分、二人が乗った1台の黄色いメルセデス・ベンツのワゴン車がベイルート国際空港に向った。そこにはアメリカ海兵隊の第2海兵師団の第8海兵連隊の現地司令本部が置かれていた。ワゴン車は当初、水を運んでいるように思われていたが、車内には5,400kg相当のTNTが詰まれていた。ワゴン車は兵舎前の駐車場を一巡し、それから加速して有刺鉄線を突破して玄関を突き破りロビーに激突して爆発。爆弾はガスによって起爆する仕組みで、爆弾の上には瓦礫が積み重ねられており爆発で飛散する構造であった。爆発によって4階建ての建物は完全に崩壊した。

2分後、西ベイルートから6kmのところに置かれたフランス軍の第1猟兵落下傘連隊本部が類似の車両爆弾で狙われた。車は建物の地下駐車場に入ると爆発、8階建ての建物は完全に崩壊した。フランス軍兵士たちはアメリカ海兵隊兵舎爆破の音を聞いて窓に集まっていた最中であった。

救助活動は狙撃兵に狙われ困難を極めた。負傷者は沖合いに停泊していた強襲揚陸艦のイオー・ジマに運ばれキプロスなどに移された。

ベイルートを拠点とし、同年4月のアメリカ大使館爆破事件などレバノン内戦時に盛んに反米テロを行っていた、イマド・ムグニヤ率いるイスラーム聖戦機構が犯行声明を出した。背後にはヒズボラの関与が指摘されているが、ヒズボラ・イラン・シリアとも関与を否定している。

アメリカのロナルド・レーガン大統領は直ちにテロを非難する声明を発表し、直後にフランスのフランソワ・ミッテラン大統領とアメリカのジョージ・H・W・ブッシュ副大統領も現地入りし、米仏首脳とも国際平和維持部隊のレバノンからの撤退はない、とする声明を発表した。米仏はイラン革命防衛隊がヒズボラの軍事訓練を行っているバールベック空爆を計画したが、これは中止された。12月、空母ジョン・F・ケネディとインディペンデンスから飛び立った戦闘部隊がベイルートのシリア軍陣地を爆撃。翌年2月、アメリカ軍地上部隊はレバノンから撤退した。また戦艦ニュージャージーがベッカー高原のシリア軍陣地を砲撃し数百人のドゥルーズ派民兵やシリア兵を殺害した。5月、ベイルートのムハンマド・フセイン・ファドラッラー自宅近くで車爆弾による爆発が発生し80人以上が死亡した。ファドラッラーはヒズボラの精神的指導者であり、ヒズボラはアメリカによる犯行であると非難した。

イスラエル諜報特務庁(モサッド)職員のヴィクトール・オスロフスキーは、モサッド長官ナフーム・アドゥモニはベイルートのアメリカ海兵隊兵舎爆破事件の計画を事前に知っていたが、意図的にアメリカに通知しなかった、とモサッド長官を批判した。モサッドレバノン内戦に介入するアメリカを快く思っていなかったという。

影響

平和維持軍を構成していたアメリカ軍・フランス軍などはレバノンからの撤退を余儀なくされた。ヒズボラは関与を否定しているが、戦果を宣伝し、パレスチナにおける発言力を増した。

中東において車両爆弾を最初に使用したのはパレスチナ人殺害目的でイスラエルの武装組織・レヒであるとされる。その後、レバノン内戦を契機に車を用いた自爆テロは中東全域で多用されるようになった。特にヒズボラ系組織が好んで用いた。1979年にソビエト軍のアフガニスタン侵攻が起こるとCIAを後ろ盾にパキスタン軍統合情報局はイスラム義勇兵に爆弾技術を指導した。1983年にベイルートで相次いで起こったこのアメリカ大使館と海兵隊兵舎爆破事件がイスラム過激派に与えた影響は極めて大きく、1983年はエポックメーキングな年となった。特にアフガニスタンを経験しているアルカーイダは車を用いた自爆テロをアメリカ軍施設を対象に重ねることになる。

一方、事件を引き起こしたイスラーム聖戦機構は1986年にソ連の外交官を誘拐したことが原因でKGBによる苛烈な報復を受け、さらにシリア、レバノン両国の攻撃により弱体化して1992年に事実上壊滅し、指導者のムグニヤらはヒズボラに合流。ムグニヤは2008年にモサドにより車両爆弾で暗殺された。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.