Andrew Johnson : アンドリュー・ジョンソン

Andrew Johnson (December 29, 1808 – July 31, 1875) was the 17th President of the United States, serving from 1865 to 1869. Johnson became president as he was vice president at the time of the assassination of Abraham Lincoln. A Democrat who ran with Lincoln on the National Union ticket, Johnson came to office as the Civil War concluded. The new president favored quick restoration of the seceded states to the Union. His plans did not give protection to the former slaves, and he came into conflict with the Republican-dominated Congress, culminating in his impeachment by the House of Representatives. He was acquitted in the Senate by one vote.

Johnson was born in poverty in Raleigh, North Carolina and never attended school. Apprenticed as a tailor, he worked in several frontier towns before settling in Greeneville, Tennessee. He served as alderman and mayor there before being elected to the Tennessee House of Representatives in 1835. After brief service in the Tennessee Senate, Johnson was elected to the federal House of Representatives in 1843, where he served five two-year terms. He became Governor of Tennessee for four years, and was elected by the legislature to the U.S. Senate in 1857. In his congressional service, he sought passage of the Homestead Bill, which was enacted soon after he left his Senate seat in 1862. As Southern slave states, including Tennessee, seceded to form the Confederate States of America, Johnson remained firmly with the Union. He was the only sitting senator from a Confederate state who did not resign his seat upon learning of his state’s secession. In 1862, Lincoln appointed him as military governor of Tennessee after most of it had been retaken. In 1864, Johnson, as a War Democrat and Southern Unionist, was a logical choice as running mate for Lincoln, who wished to send a message of national unity in his re-election campaign; their ticket easily won. When Johnson was sworn in as vice president in March 1865, he gave a rambling speech, after which he secluded himself to avoid public ridicule. Six weeks later, the assassination of Lincoln made him president.

Johnson implemented his own form of Presidential Reconstruction – a series of proclamations directing the seceded states to hold conventions and elections to re-form their civil governments. When Southern states returned many of their old leaders, and passed Black Codes to deprive the freedmen of many civil liberties, Congressional Republicans refused to seat legislators from those states and advanced legislation to overrule the Southern actions. Johnson vetoed their bills, and Congressional Republicans overrode him, setting a pattern for the remainder of his presidency. Johnson opposed the Fourteenth Amendment, which gave citizenship to former slaves. In 1866, Johnson went on an unprecedented national tour promoting his executive policies, seeking to destroy his Republican opponents. As the conflict between the branches of government grew, Congress passed the Tenure of Office Act, restricting Johnson’s ability to fire Cabinet officials. When he persisted in trying to dismiss Secretary of War Edwin Stanton, he was impeached by the House of Representatives, and narrowly avoided conviction in the Senate and removal from office. After failing to win the 1868 Democratic presidential nomination, Johnson left office in 1869.

Returning to Tennessee after his presidency, Johnson sought political vindication, and gained it in his eyes when he was elected to the Senate again in 1875, making Johnson the only former president to serve in the Senate. He died just months into his term. While some admire Johnson’s strict constitutionalism, his strong opposition to federally guaranteed rights for African Americans is widely criticized. He is regarded by many historians as one of the worst presidents in American history.

アンドリュー・ジョンソン(1808年12月29日 – 1875年7月31日)はアメリカ合衆国の第16代副大統領および第17代大統領。

アメリカ合衆国からの南部11州脱退の時点で、ジョンソンは脱退に加わったテネシー州選出の上院議員であったが、脱退反対論が強かったグリーンビルの出身であった。ユニオニストであった彼は、辞職しなかった唯一の南部出身上院議員であった。彼は最も著名な南部出身のタカ派民主党員となり、南北戦争の間、リンカーンの軍事政策を支持した。1862年にリンカーンはテネシー州軍政長官にジョンソンを任命した。ジョンソンは反乱への対処とレコンストラクションへの移行を始めるのに精力的に活動した。

ジョンソンは1864年に国民統一党の副大統領候補に指名された。リンカーンと共に1864年11月に選挙に勝利し、1865年3月4日に副大統領に就任した。1865年4月15日にリンカーンが暗殺されると大統領職に就き、南北戦争後の4年間、合衆国のレコンストラクションを統括。ホワイトサウスを支持するジョンソンを共和党のタデウス・スティーブンスら急進派共和党が厳しく政治攻撃し弾劾訴追したが無罪判決が下っている。

生い立ち

1808年12月29日にジェイコブ・ジョンソン(1778年 – 1812年)およびメアリー・マクドノー(1783年 – 1856年)の息子としてノースカロライナ州ローリーで生まれた。父親のジェイコブはアンドリューが3歳頃に死去し、一家は貧困の中に残された。母親は家計を支えるため機織りの仕事を行い、後に再婚した。母親はアンドリューが10歳か14歳の時に洋服屋へ奉公に行かせた。1820年代に彼はサウスカロライナ州ローレンスの仕立屋で働いた。貧しい家庭のためジョンソンは正式の教育を受けず、独学で読み書きを学んだ。

1826年、16歳もしくは17歳で見習いを終え、兄弟と共にテネシー州グリーンビルへ移り住んだ。同地で洋服屋の従業員として働く。1827年、19歳のジョンソンは17歳のイライザ・マカーデルと結婚。1828年から52年までの間に夫妻は5人の子供をもうけた。:マーサ(1828年生)、チャールズ(1830年生)、メアリー(1832年生)、ロバート(1834年生)、アンドリュー・ジュニア(1852年生)。イライザは基礎的な代数までの計算をジョンソンに教え、彼の読み書きと作文を改善するために家庭教師を行った。

政治経歴

1828年から1830年までグリーンビル市会議員、1834年から1838年までグリーンビル市長を務めた。1835年から1837年および1839年から1841年まで下院議員。同年に民主党上院議員に選出され、第28議会および次の4つの議会に選ばれた(1843年3月4日~1853年3月3日)。第31と第32議会の公共支出委員会の議長だった。

自ら奴隷を有し奴隷制の賛同者であるが、脱退反対勢力の強かった東テネシー出身であり、南部諸州の脱退に反対であった。脱退した11州選出の上院議員のうち、ワシントンにとどまったのは彼だけであった。ゆえにリンカーンに気に入られ、副大統領の地位を手に入れる。リンカーン大統領暗殺事件後は大統領に昇格。リンカーンがやり残した南北戦争の戦後処理をおこなった。黒人奴隷の処遇は南部諸州の判断に委ね、大統領特赦で多くの南部人指導者の政治的権利を復活させた。

戦後、北部出身で奴隷制反対論者の共和党内の多数派は黒人解放・奴隷制廃止の方向に動いたが、ジョンソンは奴隷制廃止を唱える議会と対立。拒否権を29回行使している。

内閣

大統領

  • アンドリュー・ジョンソン (1865 – 1869)

副大統領

  • 不在

国務長官

  • ウィリアム・スワード (1865 – 1869)

財務長官

  • ヒュー・マカロック (1865 – 1869)

陸軍長官

  • エドウィン・スタントン (1865 – 1868)
  • ジョン・マカリスター・スコフィールド (1868 – 1869)

司法長官

  • ジェイムズ・スピード (1865 – 1866)
  • ヘンリー・スタンベリー (1866 – 1868)
  • ウィリアム・マクスウェル・エヴァーツ (1868 – 1869)

郵政長官

  • ウィリアム・デニソン (1865 – 1866)
  • アレクサンダー・ウィリアムズ・ランドール (1866 – 1869)

海軍長官

  • ギデオン・ウェルズ (1865 – 1869)

内務長官

  • ジョン・パーマー・アッシャー (1865)
  • ジェイムズ・ハーラン (1865 – 1866)
  • オーヴィル・ヒックマン・ブラウニング (1866 – 1869)

農務長官

  • ホーレス・ケプロン (1867 – 1869)

弾劾

連邦政府による南部再建(レコンストラクション)において、南部人に寛大な政策をとったとみられ、そのせいで共和党急進派のメンバーと馬が合わず、政敵である陸軍長官スタントンを罷免したことからThe Tenure Law(政府高官が在職中は罷免を免れる法律)を破ったという口実で弾劾裁判にかけられた。ジョンソンに対する弾劾の訴追は1868年2月24日に下院を通過した。弾劾法廷は同年3月5日に上院で組織された。上院での弾劾決議の採決では賛成35票・反対19票(賛成率が64.8%)となった。弾劾の成立には三分の二以上、つまり36票以上の賛成が必要だが、1票足りなかった。そのため、辛うじてジョンソンは大統領の座を保つことができた。しかし、この一連の騒動により議会とジョンソンの対立の溝は決定的なものになり、政権のレームダック化は免れなかった。1869年3月4日に任期満了に伴い退任した。

ジョンソンは1998年12月19日にビル・クリントンが弾劾訴追で弾劾裁判にかけられるまで、唯一弾劾裁判にかけられた大統領だった。また、ウォーターゲート事件で追い詰められたリチャード・ニクソンは、弾劾訴追をうけると、弾劾裁判前に辞職している。

大統領職後

ジョンソンは1868年の上院および1872年の下院選挙で落選した。1875年3月4日、民主党の上院議員として、大統領経験者としては唯一選出されたが、テネシー州の娘の家を訪れた際に病気に罹り、7月31日にテネシー州エリザベストンの近くで死去した。遺体はテネシー州グリーンビルのアンドリュー・ジョンソン国立墓地に葬られた。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.