A buffalo jump is a cliff formation which Native Americans historically used to hunt and kill plains bison in mass quantities. Method of the hunt Hunters herded the bison and drove them over the cliff, breaking their legs and rendering them immobile. Tribe members waiting below closed in with spearsRead More →

The Black Belt is a region of the Southern United States. The term originally described the prairies and dark fertile soil of central Alabama and northeast Mississippi. Because this area in the 19th century was historically developed for cotton plantations based on enslaved African-American labor, the term became associated withRead More →

The Deep South is a cultural and geographic subregion in the Southern United States. Historically, it was differentiated as those states most dependent on plantations and slave societies during the pre–Civil War period. The Deep South is commonly referred to as the Cotton States, given that the production of cottonRead More →

The Great Plains (sometimes simply “the Plains”) is the broad expanse of flat land (a plain), much of it covered in prairie, steppe, and grassland, that lies west of the Mississippi River tallgrass prairie in the United States and east of the Rocky Mountains in the U.S. and Canada. It embraces: The entirety of the U.S. states of Kansas, Nebraska, North Dakota, and South Dakota Parts ofRead More →

M資金とは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領下の日本で接収した財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金である。「M」は、GHQ経済科学局の第2代局長であった少将ウィリアム・マーカットの頭文字とするのが定説となっている。その他にマッカーサー、MSA協定、フリーメーソンなどの頭文字とする説などがある。 M資金の存在が公的に確認された事は一度もない。M資金をふくむ様々な秘密資金を詐欺で語る手口が存在し、著名な企業や実業家がこの詐欺に遭い、自殺者まで出したことで一般人の間でも有名になった。過去にはその被害を企業の不祥事としてフィクサーがぶち上げるケース、逆に報道により実態をうやむやにするケースもあった。 不透明な資金 第二次世界大戦終戦時の混乱期に、大量の貴金属やダイヤモンドなどの宝石類を含む軍需物資が、保管されていた日銀地下金庫から秘密裏に流用されていた隠退蔵物資事件や、件の日銀地下金庫にGHQのマーカット少将指揮の部隊が調査・押収に訪れた際に、彼らによる隠匿があったとされた事件などが発生した。 GHQの管理下に置かれた押収資産は、戦後復興・賠償にほぼ費やされたとされるが、資金の流れには不透明な部分があり、これが“M資金”に関する噂の根拠となった。他には、終戦直前に旧日本軍が東京湾の越中島海底に隠匿していた、大量の貴金属地金が1946年4月6日に米軍によって発見された事件や、終戦直後に各種の軍需物資が隠匿され、闇市を通じて流出していた時期の鮮明な記憶が噂の真実味を醸し出していた。 また、戦後のGHQ統治下で構築された、いくつかの秘密資金が組み合わされたものが現在の“M資金”の実態であると主張する意見もある。それによれば、M資金・四谷資金・キーナン資金・その他の、GHQの活動を通じて形成された資金を統合したものが“M資金”であり、その運用は日本政府の一部の人々によって行われ、幾多の国家的転機に際して利用されてきたという。流れの不透明な資金には、他にG資金とX資金、さらには蓄積円というものまで存在した。1980年には笹川良一が資金提供して日本海洋開発が日本海で旧ロシアの軍艦アドミラル・ナヒモフの調査を実施し、金属のインゴットが引き上げられたと報じられたことがあった。 詐欺の手口 M資金詐欺は、昭和30年代から現代に至るまで、ほぼ同じ手口・内容の詐欺が繰り返されている。 M資金詐欺師が目を付けるのは、企業の経営者や実業家といった、それなりに社会的地位のある人々である。 M資金詐欺師は多種多様な演出をして思考を麻痺させ、脚注に記したような虚実織り交ぜた話で、被害者の欲求につけ入り、からめ取って行く。話を信じ、M資金の恩恵に与ろうとした被害者が金を用意して仲介者(詐欺師)に渡した後、その人物はそのまま行方不明になる、というケースが典型的である。時には契約の際に書かされた書類等をネタに、企業から金銭を脅し取る手口も存在する。なかには、すぐに姿を消さずに“通常では申込金の受付から審査まで数カ月かかるが、これを加速するための運動費を政治家に提供する”といった口実で、さらに金を引き出すM資金詐欺師もいる。 不透明な資金が色々あるおかげで詐欺口上はバリエーションが豊かである。『いわゆるM資金とは別』などと前置いてから、脚注に記した様々なバージョンの話で詐欺を働いているケースが知られている。 また、規模や金額は小額ながら、近年流行している“架空請求詐欺”や“振り込め詐欺”といったケースで、『弁護士立会い』『裁判所命令』『和解手続き』『還付金』といった、多くの被害者にとって非日常的な用語を多用して、被害者の思考を麻痺させている点に、M資金詐欺の強い影響が窺える。 社会運動への利用 M資金の存在を匂わせて疑心暗鬼に陥らせる手法は社会運動にも例が見られる。浪江町の舛倉隆は、浪江・小高原子力発電所建設反対運動のリーダーであったが、「東北電力がM資金を利用して原発を建設しようとしている」という噂を流して運動の一助とした(なお舛倉はこの他に「石油枯渇論はCIAの世論操作による虚構」という説も主張している)。Read More →

The “Little House” Books is a series of American children’s novels written by Laura Ingalls Wilder, based on her childhood and adolescence in the American Midwest (Wisconsin, Kansas, Minnesota, South Dakota, and Missouri) between 1870 and 1894. Eight of the novels were completed by Wilder, and published by Harper & Brothers. The appellation “LittleRead More →

Hell’s Kitchen, also known as Clinton, is a neighborhood on the West Side of Midtown Manhattan in New York City. It is traditionally considered to be bordered by 34th Street to the south, 59th Street to the north, Eighth Avenue to the east, and the Hudson River to the west.Read More →

Uncle Sam (initials U.S.) is a common national personification of the American government or the United States in general that, according to legend, came into use during the War of 1812 and was supposedly named for Samuel Wilson. The actual origin is by a legend. Since the early 19th century,Read More →

A Liberty bond (or liberty loan) was a war bond that was sold in the United States to support the allied cause in World War I. Subscribing to the bonds became a symbol of patriotic duty in the United States and introduced the idea of financial securities to many citizensRead More →

A filibuster is a political procedure where one or more members of parliament or congress debate over a proposed piece of legislation so as to delay or entirely prevent a decision being made on the proposal. It is sometimes referred to as “talking a bill to death” or “talking outRead More →

Yuwipi is a traditional Lakota healing ceremony. During the ceremony the healer is tied up with a special blanket and ropes, and the healer and their supporters pray and sing for the healing of the person who has asked for the ceremony. The ceremony may be performed for one personRead More →

The term doughface originally referred to an actual mask made of dough, but came to be used in a disparaging context for someone, especially a politician, who is perceived to be pliable and moldable. In the 1847 Webster’s dictionary doughfacism was defined as “the willingness to be led about byRead More →

A ceremonial pipe is a particular type of smoking pipe, used by a number of Native American cultures in their sacred ceremonies. Traditionally they are used to offer prayers in a religious ceremony, to make a ceremonial commitment, or to seal a covenant or treaty. The pipe ceremony may beRead More →

The American bison or simply bison (Bison bison), also commonly known as the American buffalo or simply buffalo, is a North American species of bison that once roamed the grasslands of North America in massive herds. They became nearly extinct by a combination of commercial hunting and slaughter in theRead More →

An Indian reservation is a legal designation for an area of land managed by a federally recognized Native American tribe under the U.S. Bureau of Indian Affairs rather than the state governments of the United States in which they are physically located. Each of the 326 Indian reservations in the UnitedRead More →

The Supplemental Nutrition Assistance Program (SNAP), formerly known as the Food Stamp Program, provides food-purchasing assistance for low- and no-income people living in the United States. It is a federal aid program, administered by the U.S. Department of Agriculture, under the Food and Nutrition Service (FNS), though benefits are distributedRead More →

交換船とは、第二次世界大戦当時に、開戦により枢軸国、連合国双方の交戦国や断交国に取り残された外交官や駐在員、留学生などを帰国させるために運航された船のことである。戦時交換船や抑留者交換船などとも呼ばれる。 経緯 1941年12月8日に、日本軍がマレー作戦を発動しイギリスとイギリス連邦諸国の間に開戦し、続いてアメリカやオランダ、オーストラリアやニュージーランドなどの連合国との間で開戦した。 その後、両陣営において、開戦により交戦国や断交国に残された外交官や民間人(企業の駐在員や宗教関係者、研究者、留学生とそれらに帯同した家族などの一時在住者)の帰国方法が問題になった。 しかし、開戦後に両陣営の国家同士の国交が断絶され、それぞれの国に駐在する外交官の資格が停止されたことに伴い、政府間の直接交渉が不可能になったことから、まずアメリカの国務省が、12月17日に中立国であるスイスを経由して日本の外務省に交換船の運航を打診し、その後、スイスやポルトガル、スウェーデンなどの中立国を通じて日本とイギリス、アメリカの各外務省担当者が交渉を行った。 さらにブラジルやペルー、パナマやメキシコなど、かねてから日本人在留者が多かった一部南米諸国もアメリカからの圧力を受けて1942年1月に日本との国交を断絶した上に、日本軍がイギリス領マラヤやイギリス領香港、イギリス領ビルマ、アメリカ領フィリピンなどにいた各植民地軍を瞬く間に放逐したため、これらの地の残留外交官と残留民間人の扱いも議題に上がることとなった。 その結果、1942年5月に両陣営の間で残留外交官と残留民間人の交換に関する協定が結ばれ、日本(とその占領地と植民地、ならびに満州国やタイなどその同盟国)とアメリカ(とブラジルやカナダなどその近隣の同盟国)の間については1942年6月と1943年9月の2回、日本とイギリス(とその植民地、ならびにオーストラリアやニュージーランドなどのイギリス連邦諸国)との間については1942年8月の1回、合計3回の交換船が運航されることになった。 またこれとは別に、1945年に日米間のみで新たな協定を結び、中立国を通じて交渉を行い同年8月以降に3回目の交換船を運航する予定であったが、同年8月15日の日本の連合国に対する敗戦と戦闘停止を受けて中止となった。 運航概要 運航船舶の船籍  交換時において中立国への寄港が行われることから、戦時国際法に沿って「交換船として運航される全ての船舶はすべて民間籍であること」と定められた。 当時日本とイギリス、アメリカは総力戦の真っただ中であったため、各国において交換船として使用されるような大型船舶は殆ど全て戦時徴用されていたものの、交換船として運航されることが決まった船舶は一時的に戦時徴用を解かれ、名目上は日本郵船などの民間籍に戻され運航されることとなった。 なお、第一次及び第二次日米交換船においてアメリカ側では、中立国であるスウェーデンのスウィーディシュ・アメリカン・ライン社の「グリップスホルム」を借り上げて使用した。 航海中の安全保障 なお、世界各国で激戦が繰り広げられていた最中に交換船が運航されることに際し、全ての交戦国から交換船に対して国際法に基づき「セーフコンダクト」が与えられ、航路周辺に展開する全ての交戦国の軍隊に対して交換船の運航が通告され、その運航上の安全が保障された。 さらに、安全を期するために交換船から付近を航行する船や地上基地に対して定期的に現在地の報告が行われた他、船腹には白十字の塗装と、夜間でも認識できるように照明が施された。なお、日本海軍による遣独潜水艦作戦中の第一次遣独艦が、南アフリカ沖で交換船を誤って攻撃しそうになったが、直前に船体に照明で照らされた白十字に気づき撃沈を回避している。 また、交換船によるスパイ活動などの軍事活動が行われていないかという点や、両国民の交換が適正に行われているかを監視するために、中立国の外交官や、一時的に外交官の資格を与えられた民間人が交換監視員として乗船していた。 ルート 日本からの交換船は、浅間丸やコンテ・ヴェルデ(1940年10月のイタリアの第二次世界大戦参戦で、中華民国の上海から帰国不能となり、日伊間の合意の下で日本海軍に戦時徴用され、交換船として使用されるために日本郵船籍に移された枢軸国のイタリア船)、龍田丸などの客船がイギリス人やアメリカ人などを乗せ、イギリス、アメリカ側からの交換船は、中立国のスウェーデンの客船であるグリップスホルムなどが日本人や同盟国やタイ王国人などを乗せ、交換地となった東アフリカにあるポルトガル領東アフリカのロレンソ・マルケス(現在のモザンビークのマプート)に向かい、到着後に乗客を交換するというものであった。なお、第二次日米交換船はイギリス領インド西海岸中部に位置するポルトガル領ゴア(現在はインドのゴア州)を交換地とした。 第一次日米交換船 日本からの交換船は、上海の外国租界やイギリスの植民地で当時は日本軍により占領されていた香港、枢軸国側のヴィシー政権についたフランス領インドシナのサイゴンで、同地を含む日本の勢力圏内に住み抑留されたイギリス人やアメリカ人などを乗せて交換地のロレンソマルケスへ向かった。 アメリカからの交換船は、ブラジルやメキシコ、ペルーやパナマなどの中南米の連合国(その多くは開戦後にアメリカからの圧力を受けて日本との国交を断絶した)に住み拘留された日本人も多数いたために、アメリカのニューヨークからブラジルのリオ・デ・ジャネイロを経由し、現地に集合していた中南米諸国に在住していた日本人を乗せて交換地のロレンソマルケスへ向かった。 ロレンソマルケスからは、グリップスホルムで運ばれてきた日本人のうち、主に北米方面の抑留者は浅間丸に、南米方面の抑留者はコンテ・ヴェルデに乗船した。コンテ・ヴェルデの運航は日本郵船の船長の指揮のもとイタリア人船員が担当した。日本料理が提供された浅間丸に対し、コンテ・ヴェルデでは提供されず乗客自らが日本料理を作った。 交換地:ポルトガル領東アフリカ 、ロレンソ・マルケス 日本(および日本を経由してタイ王国)への帰還者数:1468名(ニューヨークから1,066人。リオ・デ・ジャネイロから383人。他タイ人19人。総数については諸説あり) 日本側  ロレンソ・マルケス(1905年) 船名:浅間丸(16,975トン、日本郵船)、コンテ・ヴェルデ/Conte Verde(18,765トン、イタリア船) 運航日程: 1942年6月17日:横浜出港(浅間丸) 1942年6月28日:香港出港(浅間丸) 1942年6月28日:上海出港(コンテ・ヴェルデ号) 1942年7月4日:サイゴン出港(浅間丸) 1942年7月9日:昭南出港(横浜から来た浅間丸と、昭南で待機していたコンテ・ヴェルデ号が合流) 1942年7月22日:ロレンソ・マルケス入港 1942年7月24日:日本の同盟国であるドイツとイタリアの領事が、日本人に対する歓迎パーティーを開催 1942年7月26日:ロレンソ・マルケス出港(北アメリカ諸国からの帰還者は浅間丸へ、中南米諸国からの帰還者はコンテ・ヴェルデ号へ乗船) 1942年8月11日:昭南入港(タイ人19人はここで下船) 1942年8月9日:昭南出港 1942年8月20日:横浜帰港 アメリカ側 船名:グリップスホルム/Gripsholm(スウィーディシュ・アメリカン・ライン/Svenska Amerika Linien/Swedish American Line、17,944トン) 運航日程: 1942年6月18日:ニューヨーク出港Read More →

The Jamestown settlement in the Colony of Virginia was the first permanent English settlement in the Americas. It was located on the east bank of the Powhatan (James) River about 2.5 mi (4 km) southwest of the center of modern Williamsburg. William Kelso writes that Jamestown “is where the British Empire began”.Read More →

The Hull note, officially the Outline of Proposed Basis for Agreement Between the United States and Japan, was the final proposal delivered to the Empire of Japan by the United States before the attack on Pearl Harbor and the declaration of war between the two nations. The note was deliveredRead More →