Charles Manson : チャールズ・マンソン

Charles Milles Manson (né Maddox, November 12, 1934 – November 19, 2017) was an American criminal and cult leader. In the late 1960s, he formed what became known as the Manson Family, a quasi-commune in California. Manson’s followers committed a series of nine murders at four locations in July and August 1969. In 1971 he was convicted of first-degree murder and conspiracy to commit murder for the deaths of seven people, all of which were carried out at his instruction by members of the group. Manson was also convicted of first-degree murder for two other deaths.

At the time the Family began to form, Manson was an unemployed ex-convict who had spent half of his life in correctional institutions for a variety of offenses. Before the murders, he was a singer-songwriter on the fringe of the Los Angeles music industry, chiefly through a chance association with Dennis Wilson, drummer and founding member of the Beach Boys. Manson believed in what he called “Helter Skelter”, a term he took from the Beatles’ song of the same name to describe an impending apocalyptic race war. He believed the murders would help precipitate that war. From the beginning of his notoriety, a pop culture arose around him in which he ultimately became an emblem of insanity, violence and the macabre. After Manson was charged with the crimes of which he was later convicted, recordings of songs written and performed by him were released commercially, starting with Lie: The Love and Terror Cult (1970). Various musicians have covered some of his songs.

Manson was originally sentenced to death, but his sentence was commuted to life with the possibility of parole after California invalidated the state’s death penalty statute in 1972. He served out his life sentence at California State Prison in Corcoran and died at age 83 on November 19, 2017.

チャールズ・ミルズ・マンソン(1934年11月12日 – 2017年11月19日)は、アメリカのカルト指導者であり犯罪者。1960年代末から1970年代の初めにかけて、カリフォルニア州にて「ファミリー(マンソン・ファミリー)」の名で知られる疑似生活共同体を率いて集団生活をしていた。

人物概要

女優のシャロン・テート、ラビアンカ夫妻(Leno and Rosemary LaBianca)を、自身の信者を教唆して殺害させたことで、共謀罪を宣告された。共謀という目的の促進のため、彼の仲間の共謀者たちが犯した犯罪により、メンバーそれぞれが共謀罪として有罪となり、マンソンは連帯責任の規則で殺人の罪による有罪判決を受けた。

ファミリーができあがり始めた当時のマンソンは、さまざまな犯罪行為のために矯正施設で人生の半分を過ごした。ザ・ビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンと交流があり、殺人事件の前はロスアンゼルスでシンガーソングライターをしていた。犯罪の嫌疑を受けたのち、マンソンによって書かれた曲がガンズ・アンド・ローゼズ、マリリン・マンソンを含むアーティストたちが、数十年にわたって彼の歌をカバーしている。マリリン・マンソンのリードボーカリスト、ブライアン・ヒュー・ワーナーは、「マンソン」を「悪の象徴」としてその名を用いている。

カリフォルニア州の最高裁判所にて、1972年にマンソンに対する死刑が決定したが、死刑制度が一時的に廃止されたことで、マンソンは自動的に終身刑に減刑された。カリフォルニア州では、最高刑として死刑が復興したが、コーコラン刑務所(California State Prison)に服役中のマンソンには何ら影響を及ぼすことはなかった。

2014年11月、9年前からマンソンと交流を続けてきた26歳の女性が、自分はチャールズ・マンソンの妻だとCNNのインタビューに答えており、獄中結婚の手続きに入ったことが報じられたが、女性がマンソンの遺体をガラス張りのショーケースに納めてロサンゼルスで陳列し、大儲けしようと企んでいたことが発覚し、婚約は解消された。

経歴

売春婦をしていた16歳の家出少女であるキャスリーン・マドックスと、カール・スコットという男の間に生まれる。母親から育児放棄されたため、数か月の間、戸籍もない名無しの赤ん坊として過ごしていた期間もあったが、生を受けてから数か月後には「チャールズ」と名付けられ、その当時に母が気まぐれで結婚していた男性の姓である「マンソン」を貰い受ける。

5歳の頃に、母親とその兄(マンソンの伯父に当たる人物)がガソリンスタンドを襲撃した事によって逮捕され、懲役5年の実刑判決を言い渡されたため、祖父母の家に引き取られ育てられた。しかしその後、親戚を転々とし、最終的に孤児院に入れられた。孤児院を脱走して母に再会するが見放される。このような複雑な出自のため社会に適応できず、9歳の時犯罪に手を染めて以降1967年に釈放されるまでに人生の大半を刑務所で過ごした。

出所後は、家出した少女を集めて「ファミリー」として集団生活を始める。彼自身の風貌が当時の流行だったヒッピーと重なったこともあり、LSDを用いて少女達を洗脳し男性を誘惑させ信者にさせた。マンソンは『聖書』を独自に解釈し、女性は罪人であると信じ込んでいた。数件の残忍な殺人事件を計画し、ファミリーのメンバーに実行を命じた。マンソンを象徴する有名な事件として、1969年8月9日、ロマン・ポランスキーの妻で当時妊娠8ヶ月だった女優のシャロン・テートら5人の無差別殺害がある。

マンソンは自ら殺害を実行することはなく、テート・ラ・ビアンカ殺害事件に関しても実行犯は3人の女性信者で全員が終身刑となり現在も服役中であるが、たびたび仮釈放申請が出され、そのたびにマスコミの関心を集めている。マンソン自身にも1971年4月19日に死刑判決が下された。しかし続く1972年2月にカリフォルニア州では死刑制度が一時的に廃止されたため、これにより自動的に終身刑に減刑された。後年同州の死刑制度は復活したが、マンソンには影響が及ばず、カリフォルニア州刑務所で服役していた。

2007年の仮釈放に通算11回目の申請を行ったが、「依然として他者に理不尽な危険を及ぼしており、接触する人間に危害を加える恐れがある」として却下された。また、2012年には通算12回目の仮釈放の申請を行ったが却下されている。次回の申請は15年後の2027年である。

2017年1月1日、胃腸出血の為、カリフォルニア州の刑務所からベーカーズフィールドのマーシー病院に緊急入院した。ある情報筋はロサンゼルス・タイムズにマンソンは重病であると語った。彼は1月6日までに刑務所に戻ったが、受けた治療の内容は開示されず、11月19日にカリフォルニア州ベーカーズフィールドの病院にて死去した。

サブカルチャーとの関連

マンソンの裁判と有罪判決以来、マンソンの名とそのイメージはアメリカン・ポップ・カルチャーにおける汚点として広く知れ渡った。そのイメージは多くの音楽家や芸術家によって用いられ、マリリン・マンソンは悪のシンボルとしてその名を用いた。

成功することはなかったがマンソン自身は音楽家であり、いくつもの歌を作っている。殺人事件が明るみに出る以前、彼はザ・ビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンを始めとする著名な音楽家と友人関係にあった。マンソンによれば、ビートルズの楽曲『ヘルター・スケルター』は、マンソンの画策した同名の黙示、人種間の戦争(Race war)、殺人を引き起こすことを想定した曲であるという(Helter Skelter、原義は「螺旋状の滑り台」)。彼に関連するロックと、大衆文化による悪名を得た当初から、マンソンは狂気、暴力、そして恐怖の象徴となった。最終的に、この単語はマンソン裁判の担当検事で、後に作家となったヴィンセント・バグリオーシ(Vincent Bugliosi)が書いたマンソンの殺人についての著書『ヘルター・スケルター(Helter Skelter (book))』の題名に使われた。これは1976年に『ヘルター・スケルター』(Helter Skelter)としてテレビ映画化され、スティーヴ・レイルズバックがマンソンを演じている。

備考

  • Jonathan Barnbrookが作成した欧文書体、「MASON」はチャールズ・マンソンに由来する。
  • FBI捜査官ロバート・K・レスラーは、服役中のマンソンと対談を行ったことがある。一時期、隣の監房に心理学者のティモシー・リアリーがおり、アドバイスをしたことがある。
  • マンソンを狂信していた女性信者3人のうち1人でシャロン・テート殺害事件の実行犯スーザン・アトキンス(Susan Atkins)は、2009年9月24日に獄死した。
  • 実子でミュージシャンのマシュー・ロバーツは、生まれてすぐ養子に出され、父を知らずに育った。後に自身の手で調べて父のことを知り、悩んだ末に雑誌に告白した。

Leave a Reply