Chris Christie : クリス・クリスティ

Christopher James Christie (born September 6, 1962) is an American politician, former federal prosecutor, and political commentator who served as the 55th Governor of New Jersey from 2010 to 2018. During his governorship, he chaired the Opioid and Drug Abuse Commission in 2017. Christie became an ABC News contributor in 2018 after leaving office.

Christie was born in Newark and raised in Livingston. He volunteered for Thomas Kean’s gubernatorial campaign at age 15. After graduating in 1984 from the University of Delaware, he earned a J.D. at Seton Hall. He practiced law from 1987 to 2002. He was elected county freeholder (legislator) for Morris County, serving from 1995 to 1998. By 2002, he had campaigned for Presidents George H. W. Bush and George W. Bush; the latter appointed him U.S. Attorney for New Jersey, a position he held from 2002 to 2008.

Christie won the 2009 Republican primary for Governor of New Jersey, defeating the incumbent Jon Corzine in the general election. During his first term, he was credited with cutting spending, capping property tax growth, and was praised for his response to and recovery efforts after Hurricane Sandy, and was re-elected by a wide margin in 2013. After the start of his second term as governor, Christie’s standing was damaged by the Fort Lee lane closure scandal. Since then, he has ranked among the least popular governors in the United States; for example, a September 2016 poll found that he was the third least popular governor in the country, with an approval rating of 29%. By June 2017, he was found to have an approval rating of 15%, the lowest recorded for any New Jersey governor. As of July 2017, his disapproval rating of 69% was the highest of all governors in the nation.

Christie chaired the Republican Governors Association for the 2014 election cycle. On June 30, 2015, he announced his candidacy for the Republican nomination in the 2016 presidential election. He suspended his candidacy on February 10, 2016, and soon after endorsed Donald Trump, who named him head of his transition planning team. Christie was strongly considered to be Trump’s running mate but was not chosen. Soon after the election, Christie was replaced on the transition team by Mike Pence, as were three of Christie’s associates. He chaired the Opioid and Drug Abuse Commission in 2017 after being appointed by Trump.

クリストファー・ジェームズ・“クリス”・クリスティ(1962年9月6日 – )は、アメリカ合衆国の政治家、元弁護士。2010年からニュージャージー州知事を2期8年務めた。アイルランド系とイタリア系の子孫。2002年から2008年まではニュージャージー地区の連邦地区検事を務めていた。

生い立ち

ニュージャージー州ニューアークにてドイツ系とスコットランド系の血を引く、アイルランド出身で公認会計士の父ウィルバー・ジェームズ(ビル)・クリスティとイタリアのシチリア島出身の母ソンドラ・ A・(グラッソ)クリスティの次男とて生まれる。兄はトッド・クリスティ、妹はドーン・クリスティ・クラーク。1967年のニューアーク暴動の直後に、両親は子供のより良い機会の為に暴動が起きたニューアークからリビングストンに移動した為、彼はリビングストン育つ。リビングストン高等学校では14歳の時、学級委員と高等学校の野球チームでキャッチャーをしていた。またその当時、ニュージャージー州知事に立候補していた共和党のトーマス・ケイン議員が学校に来た時、彼は政治に関心を寄せてケイン議員の運動に志願して一緒に働いた。1980年に高等学校を卒業。デラウェア大学ではB.A.の学位を取得し、デラウェア大学を1984年に卒業した。シートン・ホール大学にも進みJ.D.の学位を取得。

2012年アメリカ大統領選挙

ニュージャージー州知事就任後は大胆な歳出削減で注目を浴びる存在となり、2011年1月3日に世論調査会社ゾグビー社が発表した2012年の大統領選挙に関する共和党支持者を対象にした世論調査で27%の支持を獲得、それまで優位とされてきたミット・ロムニー(17%)、サラ・ペイリン(16%)、マイク・ハッカビー(14%)などの有力候補者を引き離してトップの支持を得た。また、現職の民主党バラク・オバマに勝ちうる唯一の候補とされた。

一方で、まだ州知事就任1年で経験が浅いこと、共和党の弱い北東部の地盤であること、その体型を問題視する声があることなど、予備選を本当に勝ちぬけるか未知数であったため、2012年の大統領選挙には立候補しなかった。しかしながら、連邦下院多数党院内総務エリック・カンター、インディアナ州知事マイク・ペンス、ルイジアナ州知事ボビー・ジンダル、連邦上院議員マルコ・ルビオなどと共に将来の共和党を背負うリーダー候補の一角であると目された。

結局、クリスティは2012年アメリカ大統領選挙の出馬を見送り、ミット・ロムニーの支持を表明した。2012年8月に行われた党大会では基調演説を行い、党内において次の有力候補であることをアピールした。

ハリケーン・サンディの対応

ハリケーン・サンディ発災時は、オバマの対応を絶賛した。党派を超えて危機に協力したこの対応によってクリスティの支持が広がった一方(事実、2013年の州知事選の支持率はハリケーン・サンディ発災以降上昇し、クリスティ再選の可能性を濃厚にさせた)、結果的に重要な局面でロムニーの足を引っ張ったとする意見も根強く、その評価は割れている。

何れにせよ2013年の一年間でクリスティの存在は全米に知れ渡るものとなり、2016年アメリカ合衆国大統領選挙の候補者としてクリスティを意識した報道がなされるようになった。

当時党内中道層の支持が厚く、保守派に人気のあるルビオと並んで共和党のフロントランナーの扱いをする向きが多かったが、保守派への浸透と体型への懸念は依然として付きまとった。

元々若い頃のクリスティーは痩せていて、10代の学生の頃は地元の高校のベースボールのキャッチャー選手として活躍していた。しかし結婚した後、政治の仕事に関わるようになるにつれて太り始め、現在の肥満体型になっていった。肥満体型による体重と健康を気にして、2013年2月に胃のバンディング手術を始めたことを同年5月に明らかにした。胃のバンディング手術の効果により、2014年には約38.25kg減量した。

報復渋滞疑惑 Fort Lee lane closure scandal

2013年9月、ニュージャージー州とニューヨーク市を結ぶジョージ・ワシントン・ブリッジの一部車線が4日間閉鎖され、大渋滞が発生した。2014年1月になって、この渋滞はクリスティが政敵への報復として意図的に発生させたものだったとする疑惑が浮上した。(フォートリー道路閉鎖)

2016年大統領選挙

2015年6月30日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬を表明したが、2016年2月10日、撤退を表明。2月26日に実業家ドナルド・トランプへの支持を表明した。5月9日、ドナルド・トランプ候補の政権移行準備チーム責任者に就任した。しかし11月11日、政権移行チーム副責任者に降格となる。ドナルド・トランプの食生活や大統領選挙の失敗について数か月に渡り言及したため、2016年12月末に政権移行チームから解雇され、トランプ政権の閣僚任命から締め出された。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.