D. B. Cooper : D.B.クーパー事件

D. B. Cooper is a media epithet popularly used to refer to an unidentified man who hijacked a Boeing 727 aircraft in the airspace between Portland, Oregon, and Seattle, Washington, on November 24, 1971. He extorted $200,000 in ransom (equivalent to $1,210,000 in 2017) and parachuted to an uncertain fate. Despite an extensive manhunt and protracted FBI investigation, the perpetrator has never been located or identified. It remains the only unsolved case of air piracy in commercial aviation history.

Available evidence and a preponderance of expert opinion suggested from the beginning that Cooper probably did not survive his high-risk jump, but his remains were never recovered. The FBI nevertheless maintained an active investigation for 45 years after the hijacking. Despite a case file that grew to over 60 volumes over that time period, no definitive conclusions have been reached regarding Cooper’s true identity or whereabouts if he survived the jump. The suspect purchased his airline ticket using the alias Dan Cooper, but because of a news media miscommunication he became known in popular lore as “D. B. Cooper”.

Numerous theories of widely varying plausibility have been proposed over the years by investigators, reporters, and amateur enthusiasts. A young boy discovered a small cache of ransom bills along the banks of the Columbia River in February 1980. The find triggered renewed interest but ultimately only deepened the mystery, and the great majority of the ransom remains unrecovered.

The FBI officially suspended active investigation of the case in July 2016, but the agency continues to request that any physical evidence that might emerge related to the parachutes or the ransom money be submitted for analysis.

D.B.クーパー事件とは、アメリカ合衆国で発生した、身代金を要求したハイジャック事件である。単独犯による事件であり、パラシュート降下による逃亡という大胆さなどから、アメリカ国内においてもっとも有名な未解決事件の一つとされる。

犯人は身代金を受け取った後、飛行中のボーイング727から、現金20万ドル(2012年時点の貨幣価値にして約1億円)を持ってパラシュートで脱出した。事件後も犯人は検挙されず、また身元も不明のままとなった。後に身代金の一部がコロンビア川で発見され、実際には犯人は死亡したともいわれているが、死体は発見されていない。

「D.B.クーパー」はFBIの手配の際、手違いで広められた犯人の名前であるが、犯人による自称「ダン・クーパー」もまた偽名であることは確実である。

概要

感謝祭前日であった1971年11月24日、経由地のオレゴン州ポートランドからノースウエスト航空11便(ボーイング727-100型、ワシントンD.C.発シアトル行き、機体記号:N467US)には、乗員6名と乗客36名が搭乗していたが、その1人が「ダン・クーパー」の偽名で搭乗していた犯人であった。

16時35分(現地時間)に離陸後、犯人は機内サービスの際に客室乗務員の女性に代金と一緒にメモを渡した。乗務員は、当初は自宅の電話番号のメモだと思ったが、犯人は「爆弾を持っている」と告げたため確認すると、爆弾を所持していることと身代金20万ドルとパラシュート4つを要求する脅迫状であった。また隣に座るように要求した。

そのため客室乗務員が操縦席に連絡したが、パイロットは疑わしいと思い、犯人の隣に座り本当に爆弾を持っているかを尋ねると、犯人は持っているブリーフケースを開け、そこには赤い管と導火線(ダイナマイト)が見えた。そのためパイロットは管制官にハイジャックされたと告げ、それに対し当局は犯人に従うように指示した。犯人の態度はいたって紳士的であったと言われている。

17時45分に旅客機はシアトル・タコマ国際空港に緊急着陸、身代金とパラシュートと引換えに、犯人は乗客全員と客室乗務員2名を解放した。19時45分にシアトルを離陸、犯人は機長に対しネバダ州リノに向かえと要求し、高度1万フィート(約3000m)に維持したうえでランディングギアを出し、フラップの角度を15度下げて飛行するように指示した。こうすることにより、空気抵抗が生じ、速度は時速320キロまで落ちていた事が判明している。

犯人は20時11分ごろに、ボーイング727の後部にあったエアステア(昇降用階段)を空中で開き、2個のパラシュートを抱えて現金と共に脱出した。その様子は追跡していた空軍のF-106戦闘機2機は視界がきかなかったため確認できなかったが、犯人はポートランドの北30マイル(約50キロメートル)にあるアリエルの郊外に降りたと思われていた。その後当局は18日間捜索を行ったが、犯人の行き先に関する手かがりはつかめなかった。

捜査当局が「ダニエル・B・クーパー」という名の男性を被疑者として一時拘束したが、犯人の名乗り自体が偽名である事が判明した。しかし、「D.B.クーパー」が被疑者であるかの誤解を報道機関に与え、世間一般に後者の名が広まった。ほとんど指紋を残さないなど、その完全犯罪ぶりにD.B.クーパー人気は社会現象になり、事件のあった日は「ダン・クーパー・デイ」として記念日的扱いを受けた。FBIに悪戯で「俺がD.B.クーパーだ」と名乗りだす者が続出したり、ホームパーティーにスーツを着用、札束を身につけたクーパーの仮装で登場した者も現れたほどであった。

D.B.クーパーの行方

D.B.クーパーがどうなったか、もしくは素性については諸説ある。

逃亡説
1972年に「パラシュートによってハイジャックした旅客機から逃走しようとした事件(模倣犯)」が3件発生した。最終的にはいずれも検挙されたが、D.B.クーパーだけは足取りがつかめなかったため、完全に逃げ切ったというもの。
死亡説
事件から8年が経過した1980年2月13日、ワシントン州バンクーバー郊外のコロンビア川畔で、ピクニックに来ていた家族によってD.B.クーパーによって奪われたとみられる5,800ドル(20ドル紙幣の束であったという)が発見された。そのため、「コロンビア川に落ちて溺死した」、もしくは「冬の夜の寒さで凍死した」などと噂された。また、D.B.クーパーが使用したパラシュート2つのうち、1つは空中では展開しない地上訓練用のダミーであったため、「パラシュートが開かずに墜落死した」という説もあった。
逃亡後死亡した説
2011年8月2日付の「ロサンゼルス・タイムズ」など複数のメディアによると、FBIの特別捜査官が「約10年前に老衰で死亡した男性の正体がD.B.クーパーである」という証言を入手。死亡した男性の指紋、DNAと事件当時機内に残された指紋、遺留物に付着したDNAの鑑定が行われている。この結果、同一人物であると判明した場合、犯人は犯行後に約30年間逃げ延びた後、逮捕されずに死んだことになる。
リチャード・マッコイ説
1991年に出版された書籍『D. B. Cooper: The Real McCoy』では、「1972年に同様のハイジャックを起こしたリチャード・マッコイが犯人ではないか」という説が主張された。マッコイは勲章も受けたベトナム帰還兵で、当時はユタ州兵にヘリコプター操縦士として勤務しており、また熱心なスカイダイバーとしても知られていた。このようにD.B.クーパーの犯人像に重なったばかりか、人相も似顔絵と酷似していた。マッコイは身代金を奪取してパラシュートで降下したが間もなくして逮捕され、後に脱獄するものの、潜伏先を突き止めたFBIとの銃撃戦の末に射殺された。
その他
2000年、ある女性が、1995年に死んだ夫につき「夫が死ぬ間際に、D.B.クーパーであったと告白した」とする記事が「U.S. News and World Report」に掲載された。同記事は「夫の筆跡と、犯人メモの筆跡がよく似ていること」などを根拠にしている。

この事件を扱った映画やドラマ

プリズン・ブレイク
ドラマ『プリズン・ブレイク』シーズン1 の登場人物である「チャールズ・ウェストモアランドが、実はD.B.クーパーである」と、他の囚人から噂される描写がある。チャールズは犯行後、着地の際に足を負傷して、金を土に埋めた後、自動車の運転で人をはねて逮捕されている。
NUMBERS
ドラマ『NUMB3RS』のシーズン6、10話には処分の為に輸送される古札を狙った連邦準備銀行強盗団を制圧した際、D.B.クーパーが盗んだとされる紙幣が紛れていた話が有る。D.B.クーパーが複数犯で、主犯格は仲間に殺されていて残った1人も多発性骨髄腫で余命4カ月、ほとんどの金は主犯格が虐殺したベトナム・ヌバク村の復興に送られたことになっている。
映画「ハイジャック・コネクション/クーパーの大仕事」
1981年の映画『ハイジャック・コネクション/クーパーの大仕事』(原題:The Pursuit of D. B. Cooper)では、冒頭でD.B.クーパー事件を元にしたハイジャック事件が描かれる。物語のほとんどは保険調査員(クーパーの軍隊時代の元上官)がクーパーを追跡するフィクション。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.