Economic policy of the Bill Clinton administration : クリントノミクス

The economic policies of Bill Clinton, referred to by some as Clintonomics (a portmanteau of “Clinton” and “economics”), encapsulates the economic policies of United States President Bill Clinton that were implemented during his presidency, which lasted from January 1993–January 2001.

President Clinton oversaw a very robust economy during his tenure. The U.S. had strong economic growth (around 4% annually) and record job creation (22.7 million). He raised taxes on higher income taxpayers early in his first term and cut defense spending, which contributed to a rise in revenue and decline in spending relative to the size of the economy. These factors helped bring the federal budget into surplus from fiscal years 1998–2001, the only surplus years after 1969. Debt held by the public, a primary measure of the national debt, fell relative to GDP throughout his two terms, from 47.8% in 1993 to 31.4% in 2001.

Clinton signed NAFTA into law along with many other free trade agreements. He also enacted significant welfare reform. His deregulation of finance (both tacit and overt through the Gramm-Leach-Bliley Act) has been criticized as a contributing factor to the Great Recession.

クリントノミクスは、1993年に「アメリカの変革」を訴え当選した民主党のビル・クリントン大統領が掲げたマクロ経済政策。政府の産業協力拡大、財政赤字削減が大きな柱であった。

政権交代に伴う経済政策の変換

1980年代、共和党のロナルド・レーガン大統領は「小さな政府」を標榜し、軍事支出を増加させ、減税と規制緩和を柱とした供給サイドに立ったマクロ経済政策(レーガノミクス)を打ち出した。これに対し、1993年に発足した民主党のクリントン政権は、レーガノミクスを否定し、政府が民間の経済活動に積極的に関わり、雇用の創出、経済競争力の強化を目指すという比較的「大きな政府」を目指した。

競争力強化の方策として、道路などインフラ整備の公共事業への投資拡大、それを呼び水にした民間投資の奨励、労働力の質の向上、技術開発力の強化などが挙げられる。民間の経済活動への政府の介入に慎重だった共和党政権に対して、クリントン政権は政府の産業協力を鮮明にしたことで、自由競争が建て前のアメリカ経済政策は大きく方向転換した。

次世代自動車開発に政府が補助金を出したり、軍が蓄積してきたハイテク技術を投入する方針を示すなど、クリントン政権は民間企業の支援策を次々に打ち出している。日米自動車交渉で、アメリカ政府が日本側に購入拡大を執拗に迫ったのも、民間企業支援をセールスポイントにしたクリントン政権の特色を浮き彫りにしている。

クリントノミクスのもう1つの柱である財政赤字の削減では、国防費支出の削減と本格的な増税を打ち出し、1994年から4年間で総額5,000億ドルの財政赤字削減を目指した。しかし、歳出削減の目玉といわれた医療保険改革は、1994年の中間選挙で民主党が敗北したことで暗礁に乗り上げた。

クリントン政権下で、1996年に最低賃金が引き上げられた。この際に失業率の上昇はみられず、低所得者層の給料が増加する結果となった。最近の研究では、最低賃金の上昇は労働者の離職・転職率を減少させ、会社の労働生産性を向上させることがわかっている。最低賃金引き上げは、労働生産性増加すなわち会社の収益増という形で賃金上昇によるビジネスコストの上昇を埋め合わせる。

クリントン政権下で企業業績は回復、株価も上昇し、先進国では高い経済成長率を維持していた。

さらに、双子の赤字と呼ばれ30年近く続いていた連邦政府の財政赤字は1998年に解消され、2001年まで黒字が続いた。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.