German nuclear weapon project : ドイツの原子爆弾開発

The German nuclear weapon project (German: Uranprojekt; informally known as the Uranverein; English: Uranium Society or Uranium Club) was a scientific effort led by Germany to develop and produce nuclear weapons during World War II. The first effort started in April 1939, just months after the discovery of nuclear fission in December 1938, but ended only months later due to the German invasion of Poland, after many notable physicists were drafted into the Wehrmacht.

A second effort began under the administrative purview of the Wehrmacht’s Heereswaffenamt on 1 September 1939, the day of the invasion of Poland. The program eventually expanded into three main efforts: the Uranmaschine (nuclear reactor), uranium and heavy water production, and uranium isotope separation. Eventually it was assessed that nuclear fission would not contribute significantly to ending the war, and in January 1942, the Heereswaffenamt turned the program over to the Reich Research Council (Reichsforschungsrat) while continuing to fund the program. The program was split up among nine major institutes where the directors dominated the research and set their own objectives. Subsequently, the number of scientists working on applied nuclear fission began to diminish, with many applying their talents to more pressing war-time demands.

The most influential people in the Uranverein were Kurt Diebner, Abraham Esau, Walther Gerlach, and Erich Schumann; Schumann was one of the most powerful and influential physicists in Germany. Diebner, throughout the life of the nuclear weapon project, had more control over nuclear fission research than did Walther Bothe, Klaus Clusius, Otto Hahn, Paul Harteck, or Werner Heisenberg. Abraham Esau was appointed as Hermann Göring’s plenipotentiary for nuclear physics research in December 1942; Walther Gerlach succeeded him in December 1943.

Politicization of the German academia under the National Socialist regime had driven many physicists, engineers, and mathematicians out of Germany as early as 1933. Those of Jewish heritage who did not leave were quickly purged from German institutions, further thinning the ranks of academia. The politicization of the universities, along with the demands for manpower by the German armed forces (many scientists and technical personnel were conscripted, despite possessing useful skills), substantially reduced the number of able German physicists.

At the end of the war, the Allied powers competed to obtain surviving components of the nuclear industry (personnel, facilities, and materiel), as they did with the pioneering V-2 SRBM missile program.

ドイツの原子爆弾開発では、第二次世界大戦中にナチス政権下のドイツで行われた原子爆弾の開発計画と、第二次世界大戦後の状況に関する記述を行う。

背景

1938年1月に、ドイツの科学者オットー・ハーンとフリッツ・シュトラスマンの論文により、ウラニウムの核分裂反応が発見された。彼らは、ウラン235の原子核に中性子を衝突させて分裂させることに成功した。

ナチス・ドイツ政権下で、1939年9月末からドイツ国防軍兵器局のもとに原爆開発のための実験が試みられるようになった。当時、ユダヤ人系の学者は追放、または亡命してしまっていたため、残っていたドイツ人学者によって開発が進められた。

第二次世界大戦中の原子爆弾開発

1939年頃、ドイツ国防軍は、ドイツと占領地区全域から物理学者を一人残らず招集した。フォン・ヴァイツゼッカー、ヴェルナー・ハイゼンベルク、ヴァルター・ボーテ、ローベルト・デペル(独: Robert Döpel)、ハンス・ガイガー、クラウス・クルティス(独: Klaus Clusius)など、非ユダヤ人のドイツ人物理学者が招集されて、第一回研究会議で、原爆製造の可能性について討論した。

ドイツでは、日本やアメリカ合衆国以上に、核分裂の理論は完成していた。濃縮ウランの連鎖反応を利用することが通常の方法であったが、ウラン235の分離法についての技術開発が困難であった。そこで、技術的に困難であった濃縮ウランではなく、自然界に存在する天然ウランを利用した連鎖反応の大胆な理論の可能性を検討した。

通常、ウラン235の核分裂により発生した中性子はウラン238の原子核に飲み込まれてしまうが、中性子を減速すれば、容易に飲み込まれなくなる。そして、ウラン235の核分裂も減速した中性子の方が起こりやすいという性質を利用した。すなわち、天然ウランの中にわずか0.7パーセントしか含まれないウラン235の核分裂によって発生した中性子のスピードを重水によって減速して、天然ウランに99.3パーセント含まれるウラン238に飲み込ませないようにして、残りの0.7パーセントのウラン235に減速した中性子を集中させて、確実に連鎖反応を起こさせるという理論であった。

ハイゼンベルクらは、この理論では原子炉の製造は可能でも、爆撃機に搭載できるような小型軽量な原子爆弾の開発は不可能だと見ていた。

1940年春、ナチス・ドイツは科学者達の要請によってノルウェー作戦を実行した。これにより、ヴェモルクにある世界最大の重水製造工場であるノルスク・ハイドロ電気化学工場を占領することができた。これによって、中性子減速材の重水を取得することが可能になった。

アドルフ・ヒトラー総統を始め、ナチス・ドイツ指導者層からは研究はほとんど理解されず、教育科学省からの資金の援助もなかった。

しかし、アルベルト・シュペーア軍需大臣は、フリードリヒ・フロム大将が「新兵器が開発されない限り、ドイツが戦争に勝つ見込みがない」と言った言葉に共鳴した。そして、科学者らを集めて、ナチスの政府高官たちに最初の講演を開いた。その時、ハイゼンベルクが原子核破壊とウランとサイクロトロン開発に関して報告した。

アメリカが核開発で政府からの資金提供が豊富であることを述べ、ドイツでは教育科学省の理解が乏しく資金と資材が不足している上に、科学者が軍に招集されて不足している状況を訴え、アメリカの核開発がドイツより先行している事実を述べた。

講演後に、シュペーアがハイゼンベルクに原子爆弾の開発は何年後に可能かと質問した。ハイゼンベルクの答えは、原爆製造の理論には何の障害もなく、生産技術への援助があれば、2年以内に可能であると答えた。

6月23日、シュペーアはヒトラー総統に報告したが、「ユダヤ的物理学」として、ヒトラーは関心を示さなかった。

1943年2月23日、ノルスク・ハイドロの重水工場が、6人のノルウェー人の決死隊により爆破されてしまい、重水が入手困難になった。また、戦況の切迫から6週間以内に実践に使用できる兵器以外の研究をヒトラーが許さなかったため、シュペーアは第二次世界大戦中に製造が間に合わないと予想された原子爆弾の開発中止を決定した。

ドイツは、原子爆弾の開発には多大な資材と予算を浪費する為に、連合国側によって原爆が作られる可能性は余り高くないと判断していた。100名に満たない科学者と技術者が原子炉の開発を始めた。戦争終結まで、1,000万ドルの予算を消費した。

1944年11月15日、連合軍のバッシュ中佐が指揮するアルソス・ミッションは、原子爆弾開発の重要人物フォン・ヴァイツゼッカー博士を捕らえて、原爆開発の全貌を知るために、シュトラスブルクに侵攻した。シュトラスブルク病院の一角にあった原子物理研究所を発見し、数名の物理学者を捕虜にした。

部隊の一員オランダの物理学者サミュエル・ゴーズミット博士らが、ヴァイゼッカーの研究室でドイツの原子爆弾開発計画の貴重な資料を発見した。それにより、ヒトラーは1942年に原爆の可能性について報告を受けていたが、1944年後半には原子力開発はまだ実験段階にあり、原爆製造の考えを放棄していたという事実が知らされた。連合軍は、これまでアメリカの原子爆弾開発を政治的に、軍事的に、道徳的に正当化し、原爆製造と投下計画に駆り立てていたドイツの原爆の脅威が幻影であることを知った。

ドイツ原子爆弾開発の妨害活動 : ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作

フレッシュマン作戦

1942年11月19日にイギリスのMI6部長スチュワート・メンジーズが主導した作戦。善意のドイツ人科学者と名乗るものからの小包で送られた情報(オスロレポート)によりドイツの原子爆弾研究がかなり進んでいることがわかり、また当時の状況からその信憑性もかなり高かったため、それを阻止すべくノルスク・ハイドロの破壊を計画した(ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作)。作戦は地形的に空軍による爆撃が困難なためグライダー搭乗員による襲撃隊を送り、地上攻撃で破壊を予定した。しかし天候不良や不運が重なり全滅し、失敗した。

ガンナーサイド作戦

1943年2月16日から28日にかけてイギリスの特殊作戦執行部(SOE)ノルウェー担当部長ジャック・ウィルソン大佐が主導した作戦。ノルウェー軍に所属する秘密工作員のみで編成され小規模な潜入班を現地に送った。彼らはノルスク・ハイドロ電気化学工場へ侵入し目標である重水精製装置と重水タンクの爆破に成功する。しかし2年はかかると思われた復旧が4月までに終わり重水の生産が再開された。再びイギリスは1944年2月19日に、生産された重水を乗せた連絡船ハイドロ号を爆破し湖水に沈めてドイツの原子爆弾開発を完全に阻止した。この一連の作戦は『テレマークの要塞』として映画化されている。

第二次世界大戦後の状況

第二次世界大戦後のドイツは、原子爆弾・水素爆弾などの核爆弾を含む核兵器を保有していない。

1960年代の核保有検討

2010年10月3日放映のNHKスペシャル「核を求めた日本」では、日本の元外務事務次官村田良平(2010年3月死去)の証言をもとに、核拡散防止条約調印後の1969年に、日本の外務省高官が西ドイツ外務省の関係者(当時、分析課長の岡崎久彦、国際資料室の鈴木孝、調査課長の村田良平と政策企画部長のエゴン・バール、参事官のペア・フィッシャーとクラウス・ブレヒ)らを箱根に招いて、核保有の可能性を探る会合を持っていた事実を明らかにした。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.