James K. Polk : ジェームズ・ポーク

James Knox Polk (November 2, 1795 – June 15, 1849) was an American politician who served as the 11th President of the United States (1845–1849). He previously was Speaker of the House of Representatives (1835–1839) and Governor of Tennessee (1839–1841). A protégé of Andrew Jackson, he was a member of the Democratic Party and an advocate of Jacksonian democracy. During Polk’s presidency, the United States expanded significantly with the annexation of the Republic of Texas, the Oregon Territory, and the Mexican Cession following the American victory in the Mexican–American War.

After building a successful law practice in Tennessee, Polk was elected to the state legislature (1823) and then to the United States House of Representatives in 1825, becoming a strong supporter of Jackson. After serving as chairman of the Ways and Means Committee, he became Speaker in 1835, the only president to have been Speaker. Polk left Congress to run for governor; he won in 1839, but lost in 1841 and 1843. He was a dark horse candidate for the Democratic nomination for president in 1844; he entered his party’s convention as a potential nominee for vice president, but emerged as a compromise to head the ticket when no presidential candidate could secure the necessary two-thirds majority. In the general election, Polk defeated Henry Clay of the rival Whig Party.

Polk is considered by many the most effective president of the pre–Civil War era, having met during his four-year term every major domestic and foreign policy goal he had set. After a negotiation fraught with risk of war, he reached a settlement with the United Kingdom over the disputed Oregon Country, the territory for the most part being divided along the 49th parallel. Polk achieved a sweeping victory in the Mexican–American War, which resulted in the cession by Mexico of nearly all the American Southwest. He secured a substantial reduction of tariff rates with the Walker tariff of 1846. The same year, he achieved his other major goal, re-establishment of the Independent Treasury system. True to his campaign pledge to serve only one term, Polk left office in 1849 and returned to Tennessee; he died in Nashville, most likely of cholera, three months after leaving the White House.

Scholars have ranked Polk favorably for his ability to promote and achieve the major items on his presidential agenda, but he has been criticized for leading the country into war against Mexico and for exacerbating sectional divides. A slaveholder for most of his adult life, he owned a plantation in Mississippi and bought slaves while President. A major legacy of Polk’s presidency is territorial expansion, as the United States reached the Pacific coast and became poised to be a world power.

ジェームズ・ノックス・ポーク(1795年11月2日 – 1849年6月15日)は、第11代アメリカ合衆国大統領。ノースカロライナ州メクレンバーグ郡に生まれ、後にテネシー州に移住、州知事、連邦下院議員を務める。1844年の大統領選でポークはダークホースの候補であった。彼はテキサス併合を公約とし、ホイッグ党のヘンリー・クレイを破って当選した。ポークは第二党システムの間におけるジャクソン流民主主義のリーダーであった。

ポークは最後の南北戦争以前における「強い」大統領であった。彼は外交政策での成功で有名である。イギリスとの戦争の可能性を唱え、オレゴン境界紛争を決着させた。メキシコがテキサス併合を拒絶したとき、ポークは国を米墨戦争へと導き、その勝利で領土を大きく広げることとなる。彼は1846年にウォーカー関税を成立させ、南部からの支持を得た。また、1913年まで続く国庫システムを確立している。

ポークは海軍士官学校とスミソニアン博物館の開設を監督し、ワシントン記念塔の起工式に立ち会い、アメリカ合衆国における最初の切手発行も監督した。

彼は大統領職を1期のみ務めると約束し、再出馬しなかった。任期終了の三ヶ月後に彼はコレラのため死去した。

歴史学者達は歴代アメリカ合衆国大統領のランキングにおいてポークをその課題達成能力から好意的に格付けしている。ポークは合衆国の「最も知られていないゆゆしい大統領」と呼ばれた。

生い立ち

ジェームズ・ポークは1795年11月2日にノースカロライナ州メクレンブルク郡、パインビルの農家(丸太小屋とも)でサミュエル・ポークおよびジェーン・ノックス夫妻の間に10人兄弟の長男として生まれた。父親のサミュエルは農民として成功し奴隷を所有、アイルランド系の測量士でもあった。母親のジェーンはスコットランドの宗教改革者ジョン・ノックスの兄弟の子孫であった。彼女はジェームズを父親のジェームズ・ノックスに因んで命名した。ノースカロライナに初期に入植したスコッツ=アイリッシュ系入植者の多くと同様に、ノックス家とポーク家は長老派教会を信仰していた。ジェーンは生涯を通して敬虔な長老派信者であったが、サミュエル(その父エゼキエル・ポークは理神論者であった)は独断的な長老派主義者を拒絶した。両親がジェームズを洗礼のため教会に連れて行ったとき、父のサミュエルはキリスト教への信仰を宣言するのを拒否したため、牧師はジェームズの洗礼を拒否した。1803年に一家の親戚の大半がダック川地域(現在のモーリー郡)に移住したが、ポーク一家は1806年までパインビルに留まった。一家はサミュエルが土地投機で成功し、郡判事になるなど繁栄し始めた。

ポークは1818年にノースカロライナ大学を卒業、弁護士になり政界に入った。

政治経歴

ポークは下院議員(1825年 – 1839年)、下院議長(1835年 – 1839年)およびテネシー州知事(1839年 – 1841年)を務めた。

指名と選挙

党推薦のマーティン・ヴァン・ビューレンテキサス併合に対する反対を表明し、彼を大統領候補として承諾しがたい南部出身者およびアンドリュー・ジャクソン元大統領の人気を失った後、民主党は、党全国大会の第九回投票でダークホース、ポークを指名した。

手紙で指名のことを伝えられて、ポークは返答を書いた。

「衆目の的である大統領候補というものは求めるべきものではないし断るべきものでもない。私はそれを求めたことがない。また、指名が支持者の賛成投票によって与えられたものであるなら、私はそれを自由に断ることもできない。」
“It has been well observed that the office of President of the United States should neither be sought nor declined. I have never sought it, nor should I feel at liberty to decline it, if conferred upon me by the voluntary suffrages of my fellow citizens.”

しかしながら、ベテラン政治家のポークは、小さな知名度のまま1844年の大統領選挙戦に入った。彼の相対的な知名度をホイッグ党は「ジェームズ・K・ポークとは誰?」と攻撃した。

結局、ポークのキャンペーン政策は成果をあげた。1844年11月5日にポークはホイッグ党候補ヘンリー・クレイを破った。その選挙で選挙人団の投票クレイの105に対して170を彼は勝ち取った。一般投票はもっと接近しており、ポークが獲得した130万余票のうちの39,000票あまりの差に過ぎなかった。

大統領職

一期のみを務めるという決心の元に、ポークは彼の選挙公約を満たすために速やかに行動した。ちょうど4年で彼は、テキサス共和国の合併、イギリスとのオレゴン境界論争の解決、独立した財務システムの再建、メキシコからカリフォルニア、ニューメキシコ、アリゾナ、ネバダ、ユタ、コロラドの一部分およびワイオミングの領域の獲得を成し遂げた。旧メキシコの土地は、米墨戦争後のグアダルーペ・イダルゴ条約の結果として獲得した。

ポークの多大な政治的業績は彼の健康に悪影響を及ぼした。彼は4年の在任中、37日しか休暇を取らなかった。大統領就任時は精力的であったが、その職で疲れ果てポークは53歳のときにホワイトハウスを去った。彼は離職後四ヶ月に満たない内にテネシー州ナッシュビルの新居「ポーク・プレイス」で死去した。

ポークの妻サラ・チルドレス・ポークは訪問客をしばしば受け入れながら、42年間をそこで過ごした。南北戦争中にポーク夫人は、自宅に南軍および北軍指導者の両方を歓迎した。「ポーク・プレイス」は巡礼目的地になり、中立の土地として尊重された。ポーク夫人が1891年8月14日に他界した時、彼女は、彼女を過去への貴重なリンクと見なした国家によって哀悼された。

小柄な夫のために、Hail to the Chiefを大統領入場の際の音楽として制作し、今日まで採用されている。

内閣

大統領

  • ジェームズ・ポーク (1845 – 1849)

副大統領

  • ジョージ・ダラス (1845 – 1849)

国務長官

財務長官

  • ロバート・ウォーカー (1845 – 1849)

陸軍長官

  • ウィリアム・マーシー (1845 – 1849)

司法長官

  • ジョン・ヤング・メイソン (1845 – 1846)
  • ネイサン・クリフォード (1846 – 1848)
  • アイザック・トウシー (1848 – 1849)

郵政長官

  • ケイヴ・ジョンソン (1845 – 1849)

海軍長官

  • ジョージ・バンクロフト (1845 – 1846)
  • ジョン・ヤング・メイソン (1846 – 1849)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.