John Tyler : ジョン・タイラー

John Tyler (March 29, 1790 – January 18, 1862) was the tenth President of the United States, serving from 1841 to 1845 after briefly being the tenth Vice President (1841); he was elected to the latter office on the 1840 Whig ticket with President William Henry Harrison. Tyler ascended to the presidency after Harrison‘s death in April 1841, only a month after the start of the new administration. He was a supporter of states’ rights, and as president he adopted nationalist policies only when they did not infringe on the powers of the states. His unexpected rise to the presidency, with the resulting threat to the presidential ambitions of Henry Clay and other politicians, left him estranged from both major political parties.

Tyler, born to a prominent Virginia family, became a national figure at a time of political upheaval. In the 1820s the nation’s only political party, the Democratic-Republicans, split into factions. He was initially a Democrat, but opposed Andrew Jackson during the Nullification Crisis, seeing his actions as infringing upon states’ rights, and criticized his expansion of executive power during the Bank War. This led him to ally with the Whig Party. Tyler served as a Virginia state legislator, governor, U.S. representative, and U.S. senator. He was put on the 1840 presidential ticket to attract states’ rights Southerners to a Whig coalition to defeat Martin Van Buren‘s re-election bid.

With the death of President Harrison, Tyler became the first vice president to succeed to the presidency without election. After Harrison‘s one-month term, Tyler served longer than any president in U.S. history not elected to the office. To forestall constitutional uncertainty, Tyler immediately took the oath of office, moved into the White House, and assumed full presidential powers, a precedent that governed future successions and was codified in the Twenty-fifth Amendment. A strict constructionist, Tyler found much of the Whig platform unconstitutional, and vetoed several of his party’s bills. Believing that the president should set policy rather than Congress, he sought to bypass the Whig establishment, most notably Kentucky Senator Henry Clay. Most of Tyler’s Cabinet resigned soon into his term, and the Whigs, dubbing him His Accidency, expelled him from the party. Tyler was the first president to see his veto of legislation overridden by Congress. Although he faced a stalemate on domestic policy, he had several foreign-policy achievements, including the Webster–Ashburton Treaty with Britain and the Treaty of Wanghia with Qing China.

The Republic of Texas separated from Mexico in 1836; Tyler, a firm believer in manifest destiny, saw its annexation as providing an economic advantage to the United States, and worked diligently to make it happen. He initially sought election to a full term as president, but after failing to gain the support of either Whigs or Democrats, he withdrew in support of Democrat James K. Polk, who favored annexation. Polk won the election, and Tyler signed a bill to annex Texas three days before leaving office. Under Polk, the process was completed. After the American Civil War began in 1861, Tyler won election to the Confederate House of Representatives shortly before his death. Although some have praised Tyler’s political resolve, his presidency is generally held in low regard by historians. He is considered an obscure president, with little presence in American cultural memory.

ジョン・タイラー(1790年3月29日 – 1862年1月18日)は、アメリカ合衆国の第14代副大統領および第10代大統領。彼は独立宣言署名後に生まれた二人目の大統領、および大統領の死に際して副大統領から昇格した最初の大統領である。また、所属政党を持たなかった2人の大統領のうち1人(のちのもう1人は17代アンドリュー・ジョンソン大統領初代大統領ジョージ・ワシントンも無党派を標榜したが実質的には連邦党政権であった)である。

生い立ち

ジョン・タイラー・ジュニアは1790年3月29日にバージニア州チャールズシティ郡(ウィリアム・ヘンリー・ハリソンが生まれたのと同じ郡)で、ジョン・タイラー(1747年 – 1813年)およびメアリー・アーミステッド夫妻の息子として生まれる。

タイラーは地域の指導層になるようにと、7人の兄弟と共に上流階級の教育を受けて育った。彼は合衆国憲法が厳密に解釈されることになっていたと信じながら育ち、伝えられるところによれば、この信念を決して失わなかったという。

父親はトーマス・ジェファーソンと友人関係にあり、1,000エーカー以上のタバコ畑と何十名もの奴隷を所有し、リッチモンドの巡回裁判所に判事として勤務した。彼は州権を支持し、その権力を維持した。

タイラーが7歳のときに母親は心臓発作で死去した。12歳になるとタイラーはウィリアム・アンド・メアリー大学の予備門に入学し、3年後には同大学に進学。1807年に17歳で大学を卒業した。

初期の経歴

彼は下院議員職後に知事(1825年 – 1827年)として父親の後を継いだ。

大統領職

ジョン・タイラーは、大統領選挙からわずか一か月後に肺炎で死去したウィリアム・ハリソンから大統領職を継承した。なお、この継承は公式には1967年発効の合衆国憲法修正25条まで厳密に認められなかった。「偶然内閣」、「継承内閣」と揶揄されたが、その反発から独断専行し議会と対立。1期4年の間に9回の拒否権を発動した。更に、副大統領就任の際に支持してくれた所属のホイッグ党の政策に従わず、時の党首ヘンリー・クレイらと激しく対立。大統領就任から2か月ほどで党から除名された。これにより彼は「政党を持たざる男」として知られることとなった。タイラーは元民主党員で南部州権論者の信奉者であり、北部を基盤にするホイッグ党の急進的な政策とはしばしば対立していた。ホイッグ党はその後、「タイラー降ろし」の圧力をかけ、閣僚6名中5人を辞職させた。

また、大統領選挙に前後してロード・アイランド州で選挙人制度に不満を持つ改革派の不満が爆発し、同年州議会を無視して州民代表会議を招集してトーマス・ドアを知事に選出した、いわゆるドアの反乱が起こった。同州は1841年までには白人男子普通選挙制度を持たない唯一の州となっており、ドアらは白人男子普通選挙制を唱えて武装蜂起したが、反乱が頂点に達した翌1842年4月にタイラーは鎮圧に加勢するための連邦軍派兵を決定、反乱は鎮圧された。1843年には穏健改革派によって新州憲法が制定された。

在任中のおそらくもっとも著名な功績は在任末期の1845年3月1日のテキサス(当時のテキサス共和国)の併合承認である。これにより同年12月29日テキサスはアメリカ合衆国の一部となった。南部の強力な奴隷州の併合が、後の南北戦争の遠因となった。また1821年に併合されていたフロリダは1845年3月3日に州に昇格した。

内閣

大統領

  • ジョン・タイラー (1841 – 1845)

副大統領

  • 不在

国務長官

  • ダニエル・ウェブスター (1841 – 1843)
  • エイベル・アップシャー (1843 – 1844)
  • ジョン・カルフーン (1844 – 1845)

財務長官

  • トマス・ユーイング (1841)
  • ウォルター・フォワード (1841 – 1843)
  • ジョン・カンフィールド・スペンサー (1843 – 1844)
  • ジョージ・ビブ (1844 – 1845)

陸軍長官

  • ジョン・ベル (1841)
  • ジョン・カンフィールド・スペンサー (1841 – 1843)
  • ジェイムズ・マディソン・ポーター (1843 – 1844)
  • ウィリアム・ウィルキンス (1844 – 1845)

司法長官

  • ジョン・クリッテンデン (1841)
  • ヒュー・スウィントン・レグリー (1841 – 1843)
  • ジョン・ネルソン (1843 – 1845)

郵政長官

  • フランシス・グレンジャー (1841)
  • チャールズ・アンダーソン・ウィックリフ (1841 – 1845)

海軍長官

  • ジョージ・バジャー (1841)
  • エイベル・アップシャー (1841 – 1843)
  • デイヴィッド・ヘンショウ (1843 – 1844)
  • トマス・ギルマー (1844)
  • ジョン・ヤング・メイソン (1844 – 1845)

結婚と家族

ジョンは、1813年3月29日にレティティア・クリスチャンと結婚した。彼らは8人の子供をもうけた: 歴代大統領の中で一番子供が多い。

  • メアリー・タイラー (Mary Tyler, 1815年4月15日 – 1847年6月17日)
  • ロバート・タイラー (Robert Tyler, 1816年9月9日 – 1877年12月3日) 彼の妻エリザベス・プリシラ・クーパーはファーストレディを務めた。
  • ジョン・タイラー (John Tyler, 1819年4月17日 – 1896年1月26日)
  • レティティア・クリスチャン・タイラー (Letitia Christian Tyler, 1821年5月11日 – 1907年12月28日)
  • エリザベス・タイラー (Elizabeth Tyler, 1823年7月11日 – 1850年6月1日)
  • アン・コンテッセ・タイラー (Anne Contesse Tyler, 1825年4月5日 – 1825年7月)
  • アリス・タイラー (Alice Tyler, 1827年3月23日 – 1854年6月8日)
  • タッツウェル・タイラー (Tazewell Tyler, 1830年12月6日 – 1874年1月8日)

レティティアはファーストレディを務めたが、1842年9月10日に死去した。ジョンは二年間独身で過ごした。彼の義理の娘エリザベス・プリシラ・クーパーはこの期間の間ファーストレディを務めた。その後、ジョンは1844年6月26日にジュリア・ガーディナーと再婚した。彼は在職中に結婚した初めての大統領だった。彼らは7人の子供をもうけた。

  • デヴィッド・ガーディナー・タイラー (David Gardiner Tyler, 1846年7月12日 – 1927年9月5日)
  • ジョン・アレグサンダー・タイラー (John Alexander Tyler, 1848年4月7日 – 1883年9月1日)
  • ジュリア・ガーディナー・タイラー (Julia Gardiner Tyler, 1849年12月25日 – 1871年5月8日)
  • ラクラン・タイラー (Lachlan Tyler, 1851年12月2日 – 1902年1月26日)
  • ライアン・ガーディナー・タイラー (Lyon Gardiner Tyler, 1853年8月24日 – 1935年2月12日)
  • ロバート・フィッツワルター・タイラー (Robert Fitzwalter Tyler, 1856年3月12日 – 1927年12月31日)
  • パール・タイラー (Pearl Tyler, 1860年6月20日 – 1947年6月30日)

大統領職後

1861年2月、タイラーはワシントン講和会議の議長を務めるため再び公的生活に入る。会議は内戦を回避するための妥協が求められた。一方モンゴメリー会議ではアメリカ連合国憲法が採択された。上院が彼の提案を拒絶すると、タイラーはバージニア州の即時脱退を促した。

1861年のアメリカ連合国臨時議会に参加した後、彼は南部連邦の下院議員に選任されたが、就任前に気管支炎で死去した。アメリカ南部連邦をアメリカ合衆国と見なさない場合、彼は外国で死去した唯一の大統領経験者であるかもしれない。彼の最後の言葉は”I am going. Perhaps it is best.”「私は死ぬ。たぶんそれが一番良いだろう。」であった。タイラーはヴァージニア州リッチモンドのハリウッド墓地に埋葬された。

テキサス州タイラーは彼に因んで命名された。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.