Julius and Ethel Rosenberg : ローゼンバーグ事件

Julius and Ethel Rosenberg were United States citizens who spied for the Soviet Union and were tried, convicted, and executed by the federal government of the United States. They provided top-secret information about radar, sonar, and jet propulsion engines to the USSR and were accused of transmitting nuclear weapon designs to the Soviet Union; at that time the United States was the only country in the world with nuclear weapons.

Other convicted co-conspirators were imprisoned, including Ethel’s brother, David Greenglass, who supplied documents from Los Alamos to Julius and who served 10 years of a 15-year sentence; Harry Gold, who identified Greenglass and served 15 years in federal prison as the courier for Greenglass. Klaus Fuchs, a German scientist working in Los Alamos and handled by Gold, provided vastly more important information to the Soviets. He was convicted in Great Britain and served nine years and four months in prison.

For decades, the Rosenbergs’ sons Michael and Robert Meeropol and many other defenders maintained that Julius and Ethel were innocent of spying on their country and victims of Cold War paranoia. After the fall of the Soviet Union, much information concerning them was declassified, including a trove of decoded Soviet cables, code-named VENONA, which detailed Julius’s role as a courier and recruiter for the Soviets and Ethel’s role as an accessory. Their sons’ current position is that Julius was legally guilty of the conspiracy charge, though not of atomic spying, while Ethel was only generally aware of his activities. The children say that their father did not deserve the death penalty and that their mother was wrongly convicted. They continue to campaign for Ethel to be posthumously and legally exonerated.

In 2014, five historians who had published works based on the Rosenberg case wrote that Soviet documents show that Ethel Rosenberg “hid money and espionage paraphernalia for Julius, served as an intermediary for communications with his Soviet intelligence contacts, provided her personal evaluation of individuals Julius considered recruiting, and was present at meetings with his sources”. They also demonstrate that Julius reported to the KGB that Ethel persuaded Ruth Greenglass to travel to New Mexico to recruit David as a spy. There is a consensus among historians that Julius and Ethel Rosenberg were guilty, but their trial was marred by clear judicial and legal improprieties and they should not have been executed. Distilling this consensus, Harvard law professor Alan Dershowitz wrote that the Rosenbergs were “guilty – and framed”.

ローゼンバーグ事件は、ドイツ出身の核科学者のクラウス・フックスがスパイ容疑で逮捕されたのが発端となって、冷戦下の1950年にアメリカで発覚した、ソビエト連邦によるスパイ事件。

当時は容共的な左翼メディアを中心に「冤罪である」としてアメリカ政府に対する批判に使われていたが、ヴェノナ文書でローゼンバーグ夫妻が実際にスパイ活動をおこなっていたことが明らかになった。

概要

逮捕

第二次世界大戦後の冷戦中の1950年に、アメリカのユダヤ人夫妻ジュリアス・ローゼンバーグとエセル・グリーングラス・ローゼンバーグは、エセルの実弟で第二次世界大戦中はロスアラモスの原爆工場に勤務していたソ連のスパイ・デイヴィッド・グリーングラスから原爆製造などの機密情報を受け取り、それをソ連に提供した容疑でFBIに逮捕された。

死刑判決

逮捕当時、公式に「証拠」とされるものはグリーングラスの自白のみだった。ローゼンバーグ夫妻は裁判で無実を主張したが、1951年4月5日に死刑判決を受けた。アメリカ政府は「この死刑判決が重すぎる」とする「ガーディアン」紙などの世界のメディアによって厳しく批判されたほか夫妻に同情した左翼を中心とした支援者によって、西側諸国を中心とした助命運動が行われた。

ローゼンバーグ夫妻の冤罪を訴えた著名人には、ジャン=ポール・サルトル、ジャン・コクトー、アルベルト・アインシュタイン、ロバート・オッペンハイマー、ハロルド・ユーリー、ネルソン・オルグレン、ベルトルト・ブレヒト、ダシール・ハメット、フリーダ・カーロ、ディエゴ・リベラ、パブロ・ピカソ、フリッツ・ラングなどの他に、ピウス12世もいたが、これらの多くが共産主義者やそのシンパ、または普段より容共的かつ左翼的な言動を行っている者であった。

刑の執行

司法側からは「供述すれば死刑にはしない」との取引誘導もあったが、ローゼンバーグ夫妻は供述を拒否し続け、最終的に死刑が執行された。なお、司法長官室と刑務所間のホットラインが死刑執行まで繋がっており、この状況が刻々と報道されて全世界が注目し、興奮に沸いたが、ローゼンバーグ夫妻は1953年6月19日夜、ニューヨーク州シンシン刑務所にて同じ電気椅子にて、最初に夫ジュリアスが午後7時6分に、そして次に妻エセルが午後7時16分に、それぞれ処刑された。建国後初のスパイ容疑による民間人の処刑であった。

真実解明

冷戦が崩壊する1990年代前半までは、この事件は「マッカーシズム反ユダヤ主義を背景にしたでっち上げである」として、容共的な左翼思想を持つ作家や学者などの「文化人」や、同じく左翼的なマスコミによって批判され、また「冷戦下のアメリカにおける人権蹂躙の象徴」として取り上げられてきた。

しかし、その一方で、西側に亡命したソ連国家保安委員会(KGB)のエージェント達から育成訓練の課程で「ローゼンバーグ夫妻の功績」が語られていたことを証言する者もおり、諜報組織の世界では夫妻がソ連のエージェントだったことは常識となっており、そこから来る情報から夫妻の立場は完全に潔白だとは言いがたい状況となっていた。

東西冷戦終結とソ連崩壊後に、1995年まで行われていた旧ソ連の暗号を解読するベノナ計画に対する機密が解除された事で、それまでのアメリカ内部のスパイと旧ソ連の連絡の内容の一部が公開され、ローゼンバーグ夫妻が実際にソ連のスパイであり、アメリカの軍事機密をソ連側に渡していたことが明らかになった。

事件後

ベノナ計画機密解除

上記のように、長年の間多くの反米もしくは左翼思想を持つ作家や学者などの「文化人」や、同じく左翼的なマスコミにの間では、この事件そのものが「でっち上げである」とされ続けていた。しかし、冷戦崩壊後の1995年にベノナ計画についての機密が解除されたことにより、裁判では明らかにされなかった証拠も明らかになり、夫婦共にソ連のスパイであったことが判明している。

妻エセルについては、弟夫婦をソビエトのスパイ組織に夫と共に勧誘している記述が存在するも、国家機密をソ連の工作員に手渡す行動を明確に示唆する記載はなく(だが、夫の行為を知っていたのは明らかである)、死刑となった罪状そのものには関与していなかった可能性も残っている。これに対して、エセルの弟のデイヴィッド・グリーングラスは、「自分の妻を庇うために法廷で偽証して、姉のエセルの罪を重くした」ことを2001年に告白した。なお、グリーングラスを通してジュリアスがソ連に伝えた情報の質については、より中枢に近い立場にいたフックスと比較するとかなり劣ったものであり、他にも複数いたソ連のエージェントの中では際だったものではなかった。

また、この事件の担当検事のロイ・コーンは、「判事への法廷外での働きかけを駆使し、なかば強引に夫妻の死刑判決を勝ち取った」ことを後に自伝で述べている。このように、妻エセルの有罪判決に対する疑問点が残る他、裁判自体には数多くの問題や誤りもあったものの、いずれにしても裁判から45年以上たった後に夫婦が実際にソ連のスパイであったことが証明された。

フルシチョフ回顧録

さらに、冷戦時にソ連の指導者だったニキータ・フルシチョフが失脚後に書いた回想録の中には、「ヨシフ・スターリンがローゼンバーグ夫妻の名前を挙げて『情報が役に立った』と述べていた」という記述がある。

回想記は、息子のセルゲイ・フルシチョフによって西側に持ち出され、1971年にアメリカのタイム・ライフ社により出版されたが、ローゼンバーグ夫妻に言及した部分は、フルシチョフ本人の政治的配慮により回想記からは削除され、この部分が公開されたのは冷戦終結直前の1989年になってからである。

一族のその後

  • マイケル・ミアロポール
    長男。経済学教授。娘(夫妻の孫)のアイヴィ・ミアロポールは映画監督。2004年に、ローゼンバーグ事件を扱ったドキュメンタリー映画「Heir to an Execution」をサンダンス映画祭に出品し話題となった。
  • ロバート・ミアロポール
    次男。弁護士となる。のち、獄に繋がれた左翼活動家の子供たちのためにローゼンバーグ児童基金を設立。

文献

夫妻が獄中から幼い2人の息子たちに送った書簡は『愛は死をこえて』の題名で日本語訳されベストセラーとなり、当時ソ連やそれを支援する者のプロパガンダとして機能することになった。なお、擁護する立場の評伝にレオン・クルチコフスキー『エセルとジュリアス ローゼンバーグ事件、最後の六時間』(中本信幸訳 未來社、1985年、ISBN 4624700503)。