Mexican–American War : 米墨戦争

The Mexican–American War, also known as the Mexican War in the United States and in Mexico as the American intervention in Mexico, was an armed conflict between the United States of America and the United Mexican States (Mexico) from 1846 to 1848. It followed in the wake of the 1845 American annexation of the independent Republic of Texas, which Mexico still considered its northeastern province and a part of its territory after its de facto secession in the 1836 Texas Revolution a decade earlier.

Mexico obtained independence from the Kingdom of Spain and the Spanish Empire with the Treaty of Córdoba in 1821, and briefly experimented with monarchy, becoming a republic in 1824. It was characterized by considerable instability, leaving it ill-prepared for international conflict only two decades later, when war broke out in 1846. In the decades preceding the war, Native American raids in Mexico’s sparsely settled north prompted the Mexican government to sponsor migration from the United States to the Mexican province of Texas to create a buffer. However, the newly named “Texians” revolted against the Mexican government of President/dictator Antonio López de Santa Anna, who had usurped the Mexican Constitution of 1824, in the subsequent 1836 Texas Revolution, creating a republic not recognized by Mexico, which still claimed it as part of its national territory. In 1845, the Texan Republic agreed to an offer of annexation by the U.S. Congress and became the 28th state in the Union on December 29 that year.

In 1845, newly elected U.S. President James K. Polk made a proposition to the Mexican government to purchase the disputed lands between the Nueces River and the Rio Grande river further south. When that offer was rejected, President Polk moved U.S. troops commanded by Major General Zachary Taylor further south into the disputed territory. Mexican forces attacked an American Army outpost (“Thornton Affair”) in the occupied territory, killing 12 U.S. soldiers and capturing 52. These same Mexican troops later laid siege to an American fort along the Rio Grande. Polk cited this attack as an invasion of U.S. territory and requested that the Congress declare war.

U.S. forces quickly occupied the capital town of Santa Fe de Nuevo México along the upper Rio Grande and the Pacific coast territory province of Alta California (Upper California). They then invaded to the south into parts of central Mexico (modern-day northeastern Mexico and northwest Mexico). Meanwhile, the Pacific Squadron of the United States Navy conducted a blockade and took control of several garrisons on the Pacific coast farther south in lower Baja California Territory. The U.S. Army, under the command of Major General Winfield Scott, after several fierce battles of stiff resistance from the Mexican Army outside of the capital, Mexico City, eventually captured the city, having marched west from the port of Veracruz, where the Americans staged their first amphibious landing on the Gulf of Mexico coast.

The 1848 Treaty of Guadalupe Hidalgo, forced onto the remnant Mexican government, ended the war and specified its major consequence, the Mexican Cession of the northern territories of Alta California and Santa Fe de Nuevo México to the United States. The U.S. agreed to pay $15 million compensation for the physical damage of the war. In addition, the United States assumed $3.25 million of debt already owed earlier by the Mexican government to U.S. citizens. Mexico acknowledged the loss of their province, later the Republic of Texas (and now the State of Texas), and thereafter cited and acknowledged the Rio Grande as its future northern national border with the United States. Mexico had lost over one-third of its original territory from its 1821 independence.

The territorial expansion of the United States toward the Pacific coast had been the goal of Polk, the leader of the Democratic Party. At first, the war was highly controversial in the United States, with the Whig Party, anti-imperialists, and anti-slavery elements strongly opposing. Critics in the United States pointed to the heavy casualties suffered by U.S. forces compared to earlier American wars, and the conflict’s high monetary cost. The war intensified the debate over slavery in the United States, contributing to bitter debates that culminated in the American Civil War (1861–1865).

In Mexico, the war came in the middle of continued domestic political turmoil, which increased into chaos during the conflict. The military defeat and loss of territory was a disastrous blow, causing Mexico to enter “a period of self-examination… as its leaders sought to identify and address the reasons that had led to such a debacle.” In the immediate aftermath of the war, some prominent Mexicans wrote that the war had resulted in “the state of degradation and ruin” in Mexico, further claiming, for “the true origin of the war, it is sufficient to say that the insatiable ambition of the United States, favored by our weakness, caused it.” The shift in the Mexico-U.S. border left many Mexican citizens separated from their national government. For the indigenous peoples who had never accepted Spanish or Mexican rule, the change in border meant conflicts with a new outside power.

米墨戦争は、1846年から1848年の間にアメリカ合衆国とメキシコ合衆国(墨西哥)の間で戦われた戦争。アメリカ・メキシコ戦争とも呼ばれる。

アメリカ合衆国ではメキシコ戦争として知られている。メキシコでは、アメリカ合衆国のメキシコ侵略(U.S. American Invasion of Mexico)、米国の対メキシコ戦争(United States War Against Mexico)、北部の侵略戦争(War of Northern Aggression)として知られている(なお最後の名称は、アメリカ南部では南北戦争を指すことが多い)。

背景

米墨戦争はテキサスの所属をめぐっての、米国とメキシコとの衝突に起因する。

スペインから独立革命を経て独立したメキシコは、第1次メキシコ帝国と共和国の時代を通じて、メキシコ北部の領地一帯を保持していた。しかし16世紀から続くネイティブアメリカンの群発する反乱は継続しており、また1803年のルイジアナ買収によって西部への開拓を開始しやすくなった多くのアメリカ人が、メキシコ領北部に流入していた。しかし、長期戦になった独立革命で弱体化したメキシコには、北方の領地を統治する余裕が人的・金銭的になかった。

テキサス共和国

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナによる中央集権体制(メキシコ共和国)は、メキシコ各地での反発を招き、各地で独立の機運が発生した。1836年、多くのアメリカ人不法移民に占領され、テキサス共和国がメキシコからの独立を宣言すると、1839年にフランス、1840年にオランダとイギリス、1841年にベルギーがテキサス共和国を承認した。1845年にテキサス共和国はアメリカに併合されたが、メキシコ政府はアメリカ合衆国のテキサス併合はもちろん、テキサス共和国の独立さえ未承認であった(ベラスコ条約締結の経緯が不公正なものであるとして認めていなかった)。

アメリカはこの地域での英国の野心を断ち切るために、太平洋岸のカリフォルニアに自国の港を持ちたかった。このためテキサス併合と同じ年、テイラー米大統領はジョン・スライデルを全権とした交渉団を送り、メキシコ領カリフォルニアおよびニューメキシコを購入したいと申し出た。しかし当時メキシコ国内は混乱が続いており、例えば1846年の1年間だけで大統領は4回、戦争大臣は6回、財務大臣にいたっては16回の交代が行われ、交渉団を迎え入れたホセ・ホアキン・デ・エレーラ大統領は反逆罪で訴えられ追放されるなど、交渉どころではなかった。また、メキシコ世論も買収申し出に猛反発した。そして、マリアノ・パレーデス・アリリャガ大統領のもと、より国家主義的色合いの強い政府が成立したのを見届け、交渉団は引き揚げた。

勃発

テキサスを併合したアメリカは、メキシコとの国境をリオグランデ川(Rio Grande)以北としていた。一方メキシコは同様にリオグランデ川の北側を流れるヌエセス川(Nueces River)以南としており、両国の主張には相違があった。時のアメリカ大統領ジェームズ・ポークは、アメリカの主張するテキサス州の土地を確保するよう軍に命じた。これを受けたザカリー・テイラー将軍の率いる軍隊は、ヌエセス川を南に超えて、メキシコの非難にもかかわらずブラウン砦(Fort Brown)を築いた。1846年4月24日にメキシコの騎兵隊がアメリカの分遣隊を捕らえたことから戦闘状態となった。パロアルト(Palo Alto)およびレサカ・デ・ラ・パルマ(Resaca De La Palma)での国境衝突および戦闘の後に、連邦議会は5月13日に宣戦を布告。南部出身者と民主党がそれを支持した。一方北部出身者とホイッグ党員は一般に、戦争の宣言に反対した。メキシコは5月23日に宣戦を布告した。

アメリカの宣戦布告後、アメリカ軍はロサンゼルスを含むカリフォルニアのいくつかの都市を占領した。「モンテレーの戦い」は1846年の9月に起こった。1847年2月22日、「ブエナ・ビスタの戦い」でテイラー将軍がアントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ将軍配下のメキシコ軍を破り、アルタ・カリフォルニアとニューメキシコの占領を確実なものにした。ウィンフィールド・スコット将軍配下のアメリカ軍は、海上からベラクルス(大西洋岸)を攻略、引き続きセロゴルド(メキシコ中部)と進撃し、メキシコの中心部チャプルテペック城(メキシコシティ)も攻め落とした。(進撃は3月9日に始められた)

終結

1847年1月13日に調印されたカフエンガ条約で、カリフォルニアでの戦いを終了した(カリフォルニア征服)。1848年2月2日に調印されたグアダルーペ・イダルゴ条約は戦争を終結させて、アメリカにカリフォルニア、ネバダ、ユタと、アリゾナ、ニューメキシコ、ワイオミング、コロラドの大半にテキサスと同様の管理権を与えた。アメリカはこれに対し1825万ドル(現金1500万ドルと債務放棄325万ドル)を支払った。

このメキシコ割譲により、メキシコは国土の 1/3 を失った。これによる国民の不満もあり、1864年8月22日には政権が交代し、また中央集権国家のメキシコ合衆国に戻った。不毛の砂漠地帯だったこれらの土地ではあったが、その1年後(1849年)カリフォルニア州サクラメントでゴールドラッシュが起こり、さらに後の20世紀前半には、テキサス州に無尽蔵といわれた油田が発見されて石油ブームが起こることになる。

戦闘員

アメリカ軍はこの戦争で約13,000名の死者を出したが、このうち戦死したのは約1,700名で、その他のほとんどは黄熱などの疾病による犠牲者であった。なお、メキシコ軍の死傷者は25,000名程と見られている。

この戦争は、米墨両国の銃火器の差が顕著で、それが戦闘の帰趨に大きな影響をもたらしたと言われている。アメリカ軍が最新の国産ライフル銃を使用したのに対して、メキシコ軍はナポレオン戦争で使用された一世代前のイギリス製小銃を装備していた。

この戦争で特筆すべき点のひとつとして聖パトリック大隊(サン・パトリシオス)の存在がある。メキシコを支持してアメリカ軍籍を放棄した約500名の元アメリカ兵によって構成され、その多くはアイルランド生まれ(アイルランド系移民)であった。この元アメリカ兵たちの多くは「チュルブスコの戦い」の結果、アメリカ軍に降伏し捕虜となったが、スコット将軍は彼等を脱走兵として処断、メキシコシティ陥落時に一斉処刑した。この事件については歴史家の間でも意見の対立が有る。すなわち、彼等聖パトリック大隊員を捕虜だったとする意見と、逆に反逆者あるいは脱走兵だったと主張する意見が対立している。前者を採った場合、スコット将軍の処刑は捕虜虐殺となり、重大な戦争犯罪にあたる。一方、後者を採用した場合、将軍の行為は正当で違法性は無いものとなる。なお、メキシコにおいて聖パトリック大隊は英雄であり、各地に多くの記念碑がある。

また、スティーブン・W・カーニー将軍とカリフォルニアへの行軍を共にしたモルモン大隊は、ソルトレイクシティのモルモン教徒で構成された、アメリカ軍の歴史の中で唯一の「宗教の」部隊として知られる。彼らはユタ州へのモルモン教徒の移住を助けるために組織された。

アメリカ退役軍人協会からのデータによれば、米墨戦争に従軍した最後の生き残りオーエン・トマス・エドガー(Owen Thomas Edgar)は、1929年9月3日に98歳で死去した。

関連作品

ボードゲーム

  • Richard H.Berg 【Rough & Ready】,Strategy & Tactics No.212,Decision Games
  • Halls of MONTEZUMA,GMT Games

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.