Michael Flynn : マイケル・フリン

Michael Thomas Flynn (born December 1958) is a retired United States Army Lieutenant General who served in the U.S. Army for 33 years, from 1981 until 2014. In January 2017 he briefly served as National Security Advisor to U.S. President Donald Trump. In December 2017 he pleaded guilty to one count of lying to the FBI (a felony) about contacts he had with the Russian government during Trump‘s presidential transition.

Flynn’s military career included a key role in shaping U.S. counterterrorism strategy and dismantling insurgent networks in Afghanistan and Iraq, and he was given numerous combat arms, conventional, and special operations senior intelligence assignments. He was appointed by President Barack Obama as the eighteenth director of the Defense Intelligence Agency, serving from July 2012 until his forced retirement from the military in August 2014. The New York Times reported on May 18, 2018 that a longtime FBI/CIA informant had met Flynn at an intelligence seminar in Britain six months earlier and became alarmed by Flynn’s closeness to a Russian woman there; this concern prompted another individual to alert American authorities that Flynn may have been compromised by Russian intelligence.

After leaving the military, he established Flynn Intel Group, which has provided intelligence services for businesses and governments, including ones in Turkey.

Flynn briefly served as the National Security Advisor for President Donald Trump, from January 20 to February 13, 2017. He resigned after information surfaced that he had misled Vice President Mike Pence about the nature and content of his communications with the Russian ambassador to the U.S., Sergey Kislyak. Flynn’s tenure of just 24 days was the shortest in the office’s history.

On April 27, 2017, the Pentagon inspector general announced an investigation into whether Flynn had accepted money from foreign governments without the required approval. Flynn initially refused to hand over subpoenaed documents to the Senate Intelligence Committee, pleading the Fifth Amendment against self-incrimination, but a compromise with the committee was worked out. On December 1, 2017, Flynn appeared in federal court to formalize a deal with Special Counsel Robert Mueller to plead guilty to a single felony count of “willfully and knowingly” making “false, fictitious and fraudulent statements” to the FBI. He confirmed his intention to cooperate with the Special Counsel’s investigation.

マイケル・トーマス・フリン(1958年12月 – )は、アメリカの外交アドバイザー。元アメリカ陸軍中将、2012年から2014年まで国防情報局長官を務めた。2017年にトランプ大統領に国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命されたが、ロシア疑惑の発覚を受け辞任に追い込まれた。イラク戦争やアフガニスタン戦争に従軍している。

略歴

1958年、ロードアイランド州ミドルタウンで、銀行家のチャールズ・フランシス・フリンと不動産業のヘレン・フランシスの子として生まれる。 1981年にロードアイランド大学経営学部(Management science)で理学士を取得した。予備役将校訓練課程(ROTC)を修了している。1981年にアメリカ陸軍に入隊し、情報畑を歩む。フリンはイスラム教について「悪性のガンである」と発言し、アメリカのメディアから宗教差別であると非難された。2016年より大統領選挙に立候補していたドナルド・トランプの軍事顧問として雇われ、選挙戦でトランプ氏に助言する一方、世界中の顧客を相手にしたコンサルティング業も行っていた。顧客にはトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に強いつながりを持つ人物も含まれている。2016年7月にはネオコンのマイケル・リーディンと「The Field of Fight: How We Can Win the Global War Against Radical Islam and Its Allies」という本を出版し、イスラム過激派とイランや北朝鮮など反米反イスラエル国家への強硬姿勢を示した。

2016年10月11日に来日し、自民党本部で講演を行った。菅義偉官房長官などと会談を行っている。トランプの選挙勝利後、国防長官や大統領補佐官などに起用されることが検討されていると報道がされていたが、最終的には国家安全保障問題担当大統領補佐官に指名された[10]

2017年2月13日、トランプ政権の国家安全保障問題担当大統領補佐官を辞任した。補佐官に就任前のフリンがセルゲイ・キスリャク・ロシア連邦駐米大使とロシア制裁問題を話し合った疑惑は、許可を受けない民間人が外交交渉に介入することを禁じる法律であるローガン法(Logan Act)に抵触するおそれがあったと報道されている。

2017年11月、トルコのエルドアン大統領の政敵でアメリカに亡命中の穏健派イスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン師を拘束しトルコ政府に引き渡しトルコ国内に監獄島へ移送するという仕事を息子のフリン・ジュニアと共に報酬1500万ドルで受け、その打ち合わせを2016年アメリカ大統領選後の12月にトルコ政府の高級官僚らとニューヨーク市内で行っていた疑いでミュラー特別検察官が捜査を開始したと報じられた。

2017年11月、これまでトランプ側の弁護団と行なっていたロシア捜査に関する情報の共有を打ち切ったと報道。ロバート・ミュラー特別検察官は12月1日、トランプ大統領の最側近だったフリンの訴追を明らかにした。駐米ロシア大使との接触に関して連邦捜査局(FBI)に偽証したとしている。1日、ワシントンの裁判所で罪を認め、捜査に全面協力すると表明、司法取引に応じた。ロシア大使との接触はトランプ氏の政権移行チーム幹部から直接指示を受けたと説明した。訴追文書では接触を指示した幹部の氏名は明らかにされていないが、米メディアはトランプ氏の「側近中の側近」の娘婿ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問だと報じた。 フリンの声明などの要旨は次の通り:

  • 1、昨年12月、駐米ロシア大使と対ロシア制裁を協議したことについて連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をした。
  • 1、ロシア大使との接触に関して、政権移行チーム幹部から指示を受けていた。
  • 1、何カ月もの間、事実に反する糾弾に耐えるのは多大な苦痛だった。
  • 1、有罪を認め、ミュラー特別検察官に協力することに合意したのは、家族や国家を考えてのことだ。自身の行動について全責任を負う。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.