Monroe Doctrine : モンロー主義

The Monroe Doctrine was a United States policy of opposing European colonialism in the Americas beginning in 1823. It stated that further efforts by European nations to take control of any independent state in North or South America would be viewed as “the manifestation of an unfriendly disposition toward the United States.” At the same time, the doctrine noted that the U.S. would recognize and not interfere with existing European colonies nor meddle in the internal concerns of European countries. The Doctrine was issued on December 2, 1823 at a time when nearly all Latin American colonies of Spain and Portugal had achieved, or were at the point of gaining, independence from the Portuguese and Spanish Empires.

President James Monroe first stated the doctrine during his seventh annual State of the Union Address to Congress. The term “Monroe Doctrine” itself was coined in 1850. By the end of the 19th century, Monroe’s declaration was seen as a defining moment in the foreign policy of the United States and one of its longest-standing tenets. It would be invoked by many U.S. statesmen and several U.S. presidents, including Ulysses S. Grant, Theodore Roosevelt, John F. Kennedy, and Ronald Reagan. The intent and impact of the Monroe Doctrine persisted with only small variations for more than a century. Its stated objective was to free the newly independent colonies of Latin America from European intervention and avoid situations which could make the New World a battleground for the Old World powers, so that the U.S. could exert its own influence undisturbed. The doctrine asserted that the New World and the Old World were to remain distinctly separate spheres of influence, for they were composed of entirely separate and independent nations.

After 1898, Latin American lawyers and intellectuals reinterpreted the Monroe doctrine in terms of multilateralism and non-intervention. In 1933, under President Franklin D. Roosevelt, the U.S. went along with the new reinterpretation, especially in terms of the Organization of American States.

The U.S. government feared the victorious European powers that emerged from the Congress of Vienna (1814–1815) would revive the monarchical government. France had already agreed to restore the Spanish Monarchy in exchange for Cuba. As the revolutionary Napoleonic Wars (1803–1815) ended, Prussia, Austria, and Russia formed the Holy Alliance to defend monarchism. In particular, the Holy Alliance authorized military incursions to re-establish Bourbon rule over Spain and its colonies, which were establishing their independence.

Great Britain shared the general objective of the Monroe Doctrine, albeit from an opposite standpoint and ultimate aim, and even wanted to declare a joint statement to keep other European powers from further colonizing the New World. The British Foreign Secretary George Canning wanted to keep the other European powers out of the New World fearing that its trade with the New World would be harmed if the other European powers further colonized it. In fact, for many years after the Monroe Doctrine took effect, Britain, through the Royal Navy, was the sole nation enforcing it; the U.S. lacking sufficient naval capability. Allowing Spain to re-establish control of its former colonies would have cut Great Britain off from its profitable trade with the region. For that reason, Canning proposed to the U.S. that they mutually declare and enforce a policy of separating the New World from the Old. The U.S. resisted a joint statement because of the recent memory of the War of 1812, leading to the Monroe administration’s unilateral statement.

However, the immediate provocation was the Russian Ukase of 1821 asserting rights to the Pacific Northwest and forbidding non-Russian ships from approaching the coast.

モンロー主義は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指す。第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で行った7番目の年次教書演説で発表した。モンロー宣言と訳されることもあるが、実際に何らかの宣言があったわけではないので、モンロー教書と訳されることも多い。この教書で示された外交姿勢がその後のアメリカ外交の基本方針となった。原案はアメリカ合衆国国務長官ジョン・クィンシー・アダムズが起草した。

年次教書の概要

モンロー主義のきっかけとなった年次教書は、1823年12月2日に議会へ送られた。内容の大意は次のとおり。

  • ヨーロッパ諸国の紛争に干渉しない。
  • 南北アメリカに現存する植民地や属領を承認し、干渉しない。
  • 南北アメリカの植民地化を、これ以上望まない。
  • 現在、独立に向けた動きがある旧スペイン領に対して干渉することは、アメリカの平和に対する脅威とみなす。

背景と狙い

19世紀前半、ラテンアメリカ各地で独立運動が起こった。19世紀初頭のナポレオン戦争(特に半島戦争)は、スペインのアメリカ植民地に対する支配力を弱め、中南米諸国は次々に独立へと動き出していった。これに対しスペイン本国は、中南米植民地での独立運動を鎮圧しようとした。しかし、ナポレオン失脚後のヨーロッパは自由主義、ナショナリズムを敵視する保守反動的なウィーン体制下にあったため、この体制を主導していたオーストリアの政治家メッテルニヒは、独立運動への干渉を図った。また、独立運動を支持する姿勢をみせていたイギリス(おもに自由党)の狙いは、ラテンアメリカに工業製品を輸出し、農産物や資源を輸入して経済力を高めることであった。こうした動きを牽制するため、モンローが年次教書において、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸の相互不干渉を示すに至ったのである。

南北アメリカは将来ヨーロッパ諸国に植民地化されず、主権国家としてヨーロッパの干渉を受けるべきでない旨を宣言した。それはさらにヨーロッパの戦争と、ヨーロッパ勢力と植民地間の戦争に対してアメリカ合衆国は中立を保つが、植民地の新設あるいはアメリカ大陸の独立国家に対するいかなる干渉もアメリカ合衆国への敵対行為とみなすという意図を述べたものであった。

合衆国にとって、もう一つの大きな懸念材料は、アラスカ(当時はロシア領)からロシアが太平洋沿いに南下政策を図ることであった。そのため、この教書はロシアのアメリカ大陸進出に対する牽制という狙いも含んでいた。

いわば、この宣言は欧州に対するアメリカ合衆国による「アメリカ大陸縄張り宣言」でもある。それに沿って1830年にインディアン移住法を定め、国家として先住民掃討を進め、また米墨戦争で領土を割譲させるなど、アメリカ大陸内での勢力拡大を推し進めた。「1833年、イギリスがフォークランド諸島を占領したが、特に措置を講じておらず、このときにモンロー主義は放棄されたと見ることができる。イギリス資本の進出が背景にあると見られる。」とする意見もあるが、アメリカ合衆国はそれ以前からフォークランド諸島を領有するアルゼンチンの勢力とはフォークランド諸島寄港問題で対立しており、アメリカ合衆国はフォークランド諸島については不干渉の立場をとっていた。よって、モンロー主義の放棄は「フロンティア消滅宣言」後の1898年の米西戦争ハワイ併合と考えるのが妥当である。「モンロー主義の放棄」とは「アメリカ合衆国の縄張りはアメリカ大陸に限らない」ということである。そこで、先住民掃討完了を意味する「フロンティア消滅宣言」のあった1890年頃から太平洋進出を進め始め、1898年の米西戦争ハワイ併合が続く。その後さらに米比戦争、中南米各国に介入する棍棒外交へと続いていく。

冷戦下でのモンロー主義

1958年に、アメリカ合衆国の極右的な半秘密組織としてロバート・ヘンリー・ウィンボーン・ウェルチ・ジュニアを中心にジョン・バーチ・ソサエティが設立され、対外援助廃止やNATO脱退、国連反対など孤立主義的な運動を展開した。

異論のある者はすべて国際共産主義者の手先と攻撃し、大統領ドワイト・D・アイゼンハワーハリー・S・トルーマン中央情報局長官アレン・ウェルシュ・ダレスらも非難の対象になった。

その他

モンロー主義は、アメリカ合衆国の孤立主義政策の代名詞とされ、日本でも行政施策等、特定団体が行う他と協調しない独自の行為を「○○モンロー主義」と称することが多い。代表的なものにアジア・モンロー主義、市営モンロー主義などがある。

モンロー主義を中南米国家の自立を認めるという理想主義と理解し、その後の太平洋進出や棍棒外交など中南米各国への介入を行うアメリカ合衆国の行動への変質が論じられることがある。しかしモンロー主義の時代は「アメリカ先住民掃討」の時代であり、理想主義の時代とは言い難い。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.