Nevada Test Site : ネバダ核実験場

The Nevada National Security Site (N2S2 or NNSS), previously the Nevada Test Site (NTS), is a United States Department of Energy reservation located in southeastern Nye County, Nevada, about 65 miles (105 km) northwest of the city of Las Vegas. Formerly known as the Nevada Proving Grounds, the site was established on 11 January 1951 for the testing of nuclear devices, covering approximately 1,360 square miles (3,500 km2) of desert and mountainous terrain. Nuclear weapons testing at the Nevada Test Site began with a 1-kiloton-of-TNT (4.2 TJ) bomb dropped on Frenchman Flat on 27 January 1951. Many of the iconic images of the nuclear era come from the NTS. NNSS is operated by Mission Support and Test Services, LLC.

During the 1950s, the mushroom clouds from the 100 atmospheric tests could be seen for almost 100 mi (160 km). The city of Las Vegas experienced noticeable seismic effects, and the distant mushroom clouds, which could be seen from the downtown hotels, became tourist attractions. St. George, Utah, received the brunt of the fallout of above-ground nuclear testing in the Yucca Flats/Nevada Test Site. Winds routinely carried the fallout of these tests directly through St. George and southern Utah. Marked increases in cancers, such as leukemia, lymphoma, thyroid cancer, breast cancer, melanoma, bone cancer, brain tumors, and gastrointestinal tract cancers, were reported from the mid-1950s through 1980. A further 828 nuclear tests were carried out underground.

From 1986 through 1994, two years after the United States put a hold on full-scale nuclear weapons testing, 536 anti-nuclear protests were held at the Nevada Test Site involving 37,488 participants and 15,740 arrests, according to government records. Those arrested included the astronomer Carl Sagan, musician Kris Kristofferson, and the actors Martin Sheen, and Robert Blake.

The Nevada Test Site contains 28 areas, 1,100 buildings, 400 miles (640 km) of paved roads, 300 miles of unpaved roads, 10 heliports, and two airstrips.

Currently, the Management & Operating (M&O) Contractor is Mission Support and Test Services (MSTS). They manage and operate the NNSS for the NNSA. The Security Protective Force Contractor is SOC LLC as they provide the safeguards and security to the NNSS.

ネバダ核実験場は、アメリカ合衆国エネルギー省が管理している核実験場。アメリカ合衆国ネバダ州のネバダ砂漠にあり、ラスベガスの北西約105kmの地点である。2010年8月に正式名称は Nevada National Security Site (ネバダ国家安全保障施設)に変更されている。かつては大気圏内核実験、地下核実験が行われていたが、現在は臨界前核実験が行われている。

概要

1951年1月11日に、核実験の実験場として開設された。面積は約3,500平方キロメートル(日本の鳥取県全域に相当)あるが、ほとんどは砂漠と山岳地帯である。当地における初めての実験は1951年1月27日のことであり、1ktの核爆弾が投下されている。

1951年から1992年にかけて、928回の核実験が行われたことが公表されている。うち、828回は地下核実験である。アメリカが行った核実験のほとんどは当地で行われており、ここ以外の核実験は126回で主に太平洋核実験場、マーシャル諸島で実施された。大気圏内核実験は、部分的核実験禁止条約以前の1962年まで行われていた。地下核実験も包括的核実験禁止条約以前の1992年まで行われていた。

著名な実験としては1963年に行われたストラックス作戦があげられる。平和的核爆発の研究を目的としたこのセダン核実験においては、威力104ktの核爆弾が使用された。実験により、直径390m深さ100mの陥没口「セダン・クレーター」が形成された。

実験場の周囲において、大気圏内核実験により生成されたヨウ素131などの放射性同位体は広範囲に分散し、甲状腺ガンの増加をもたらしていると指摘する研究者もいるが、明確な因果関係は証明されていない。