Postcolonialism : ポストコロニアル理論

Postcolonialism or postcolonial studies is the academic study of the cultural legacy of colonialism and imperialism, focusing on the human consequences of the control and exploitation of colonized people and their lands.

The name postcolonialism is modelled on postmodernism, with which it shares certain concepts and methods, and may be thought of as a reaction to or departure from colonialism in the same way postmodernism is a reaction to modernism. The ambiguous term colonialism may refer either to a system of government or to an ideology or world view underlying that system — in general postcolonialism represents an ideological response to colonialist thought, rather than simply describing a system that comes after colonialism. The term postcolonial studies may be preferred for this reason.

Postcolonialism encompasses a wide variety of approaches, and theoreticians may not always agree on a common set of definitions. On a simple level, it may seek through anthropological study to build a better understanding of colonial life from the point of view of the colonized people, based on the assumption that the colonial rulers are unreliable narrators.

On a deeper level, postcolonialism examines the social and political power relationships that sustain colonialism and neocolonialism, including the social, political and cultural narratives surrounding the coloniser and the colonised. This approach may overlap with contemporary history and critical theory, and may also draw examples from history, political science, philosophy, sociology, anthropology, and human geography.

Sub-disciplines of postcolonial studies examine the effects of colonial rule on the practice of feminism, anarchism, literature and Christian thought.

ポストコロニアル理論ポストコロニアリズムポストコロニアル批評ともよばれる)は、狭義には文芸批評の理論である。植民地主義や帝国主義に関わる文化、歴史などを広範囲に取り扱い、批評、評論していくが、多岐にわたる方法論や問題意識の集合体であり、一つの運動ではない。略称はポスコロ

20世紀後半、第二次世界大戦後、世界が脱植民地化時代に突入すると、それまで植民地だった地域は次々に独立を果たしたが、こうした旧植民地に残る様々な課題を把握するために始まった文化研究がポストコロニアリズムである。ポストコロニアリズムの旗手エドワード・サイードが著した『オリエンタリズム』(1978年)の視点がポストコロニアル理論を確立した。

例えば、ヨーロッパで書かれた小説に、アジア・アフリカなど植民地の国々がどのように描かれているか、あるいは旧植民地の国々の文学ではどのように旧宗主国が描かれているか、旧植民地の文化がいかに抑圧されてきたかといった視点で研究する。一般に、旧植民地と旧宗主国またはその他の国との関係性に着目し、西欧中心史観への疑問を投げかけ、旧植民地文化の再評価のみならず、西欧の文化を問い直す視座を提供する。日本の場合、ヨーロッパとの関係、アジアの植民地との関係においても考察の対象になる。

今日では、西欧世界の他者理解を批判するためのみならず、自国の他者理解にも通じる視点をもった、文学および思想の分析、メディアに対する分析、さらにフェミニズムからの分析などが行われている。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.