Roy Cohn : ロイ・コーン

Roy Marcus Cohn (February 20, 1927 – August 2, 1986) was an American attorney. During Senator Joseph McCarthy‘s investigations into Communist activity in the United States during the Second Red Scare, Cohn served as McCarthy‘s chief counsel and gained special prominence during the Army–McCarthy hearings.

Cohn was also known for being a U.S. Department of Justice prosecutor at the espionage trial of Julius and Ethel Rosenberg and later for representing President Donald J. Trump during his early business career. He was disbarred by the Appellate Division of the New York State Supreme Court for unethical conduct in 1986. He died less than two months later.

ロイ・マーカス・コーン(1927年2月20日 – 1986年8月2日)はアメリカ合衆国の検察官、のち弁護士(その後違法行為により法曹資格を剥奪される)。

マッカーシズムの時代に、赤狩りの急先鋒に立った。民主党員でありながら共和党出身の大統領の大半を支持し、「名前ばかりの民主党員」と呼ばれた。

プロフィール

生い立ち

ユダヤ系アメリカ人判事のアルバート・コーン(有力な民主党員)とドーラ・マーカス・コーンの息子としてニューヨーク市マンハッタンに生まれた。20歳でコロンビア大学ロースクールを卒える。

検察官時代

大学卒業後にマンハッタンの連邦地方検事局に勤務する。第二次世界大戦後の冷戦初期のこの時期に、検事として共産党関係の重要な事件を多く扱い、熱烈な反共主義者として有名になった。

商務省に勤務していた共産党員ウィリアム・レミントン(William Remington)が党籍に絡んで起した偽証事件や、悪名高いスミス法(Smith Act)に基づく共産党幹部11人の扇動罪での告訴、アルジャー・ヒス事件などを担当した。

ローゼンバーグ事件

中でも有名なのは、ソ連によるスパイ事件として有名な1951年のローゼンバーグ事件での働きである。被告人の弟のデイヴィッド・グリーングラス(David Greenglass)を反対尋問することで重要な証言を引き出し、ローゼンバーグ夫妻がソ連へのスパイ行為を行ったことを証明し(スパイ活動が完全に立証されたのは夫のみであるが、妻も夫がスパイ行為を行っていたことが立証されたのみならず、自らも関与していた疑いがある)、ローゼンバーグ夫妻はその後死刑となった。

なおグリーングラスの反対尋問は後年偽証だったことが判明したが、いずれにしてもローゼンバーグ夫妻の卑劣なスパイ行為を証明し、国益に貢献したたことで、コーンはこの時の働きを大きな誇りとしていた。

コーンの自伝によると、検事という立場でしかないのにも拘らず、影響力を行使してコーン家の旧い友人であるアーヴィング・カウフマン(Irving Kaufman)(後に第2連邦高等裁判所首席判事、大統領自由勲章)をローゼンバーグ事件の担当判事に任命させた。カウフマンが死刑判決を出したのも、コーンの助言に従ってのことだったという。

赤狩り(マッカーシズム

ローゼンバーグ事件での働きに注目したFBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーは、当時24歳のコーンを、後に上院政府活動委員会常設調査小委員会(Permanent Subcommittee on Investigations)の委員長となるジョセフ・マッカーシーに推薦した。コーンは検事としての経験が殆ど無いにもかかわらず、より経験が豊富であるが、それがゆえにマッカーシーがコントロールしにくいとみられていたロバート・ケネディなどの候補を下して、ただちにマッカーシーの主任顧問となった。

やがてコーンは、マッカーシーにとって都合のいいパートナーとなっただけでなく、赤狩りにおいてマッカーシーに次ぐ権力者となり、マッカーシーによって「共産主義シンパ」と名指しされた者の糾弾者だった。ユダヤ系であるコーンの存在は、マッカーシズム反ユダヤ主義的側面(赤狩りで審問を受けた人物はリベラルな政治志向を持つユダヤ人が多かった)を隠すために好都合だったという説もある。

その後マッカーシーとコーンは、上院政府活動委員会常設調査小委員会におけるその違法な糾弾を追及され失脚し、マッカーシーの主任顧問と大陪審の座から離れることとなった。

弁護士に転身

1954年のマッカーシー失脚後に弁護士に転身し、リチャード・ニクソンロナルド・レーガンといった共和党保守派で反共産主義者としても有名であった大統領と親交を結び、非公式の顧問ともなった。

また、不動産王として名を馳せたドナルド・トランプ(第45代大統領)といった富裕層の有名人のみならず、イタリア系アメリカ人マフィアのボスのジョン・ゴッティをも顧客に持ち、さらに悪名をとどろかせることになる。さらに、共和党系の政治コンサルタント、ロビイストとして悪名を轟かせていたロジャー・ストーンとも深い関係を持った。

法曹資格剥奪と死

1970年代以降、コーンは偽証や証人脅迫などの容疑で3回起訴されたが、いずれも無罪となった。しかし1980年代に、顧客の資産の横領や顧客の遺言の改竄強要といった非倫理的行為が弁護士会の追及を受け、法曹資格を剥奪され、その1ヶ月後にエイズによる併発症で死亡した。コーンは死ぬまで自分の病気は肝臓癌だと言い張っていた。

同性愛者

コーンは隠れた同性愛者でもあったが、表向きは自らがゲイであることを否定し、同性愛者の権利拡張に反対した。「同性愛者は教職に就くべきでない」と語ったこともある。証人や被告人に対しては、「同性愛者であることを暴露されたくなければ法廷で検察に有利な証言をせよ」と圧力を行使することもあった。

映画

ロイ・コーンの劇的な生涯は、1992年のテレビ映画『市民コーン(Citizen Cohn)』(ジェームズ・ウッズが演じた)や、トニー・クシュナー作の舞台『エンジェルス・イン・アメリカ』(ピューリッツアー賞受賞)などで取り上げられている。

なお、2003年にテレビ映画化された『エンジェルス・イン・アメリカ』(アル・パチーノが演じた)は、第56回エミー賞のミニシリーズ・テレビ映画部門で作品賞など11部門、第61回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ・テレビ映画作品賞など5部門を受賞した。