Sam Giancana : サム・ジアンカーナ

Salvatore “Sam” Giancana (born Salvatore Giangana; June 15, 1908 – June 19, 1975), better known as Sam Giancana, was a Sicilian American mobster, notable for being boss of the criminal Chicago Outfit from 1957–1966. His nicknames were “Mooney”, “Momo”, “Sam the Cigar,” and “Sammy”.

Early Life

Giancana was born Salvatore Giangana, in The Patch on Chicago’s West Side, to Italian Sicilian immigrants from Partanna, in the province of Trapani. His father, Antonino (later simplified to Antonio) Giangana, owned a pushcart and later briefly owned an Italian ice shop, which was later firebombed by criminal rivals of his son.

Criminal Career

Sam Giancana joined the 42 Gang, a juvenile street crew working for political boss Joseph Esposito. (The name of the 42 Gang came from associating themselves with Ali Baba and the 40 Thieves. They thought they were one better, hence 42). Giancana soon developed a reputation for being an excellent getaway driver, a high earner, and a vicious killer. After Esposito’s murder, in which Giancana was allegedly involved, the 42 Gang was transformed into a de facto extension of the Chicago Outfit. The Outfit was initially wary of the 42ers, thinking they were too wild. However, Giancana’s reputation gained him the notice of Cosa Nostra bosses like Frank “The Enforcer” Nitti, Paul “The Waiter” Ricca, and Tony “Joe Batters” Accardo. He was arrested for the first time during 1925, for auto theft. He soon graduated to “triggerman”, and by the age of 20 had been the prime subject of three murder investigations, but was never tried for any of them. During the late 1930s, Giancana became the first 42er to join the Chicago Outfit. From the early 1940s through the 1950s, he controlled most of the illegal gambling, illegal liquor distribution, and numerous other political rackets in Louisiana through longtime friend H.A. (Hol) Killian. Killian controlled the majority of the liquor license issuance by his associations with longtime business associate Carlos Marcello from New Orleans.

TBC

サルヴァトーレ・”サム”・ジアンカーナ(1908年6月15日(記録では5月24日)-1975年6月19日)は、シカゴのマフィア集団シカゴ・アウトフィットのボス(1957年-1966年)。アル・カポネの部下として頭角を現し、やがてシカゴを牛耳るボスとなる。本名はサルヴァトーレ・ジアンガーナで、出生後にGiancanaと改姓した。 “モモ”、”モー”、”ムーニー”、”Sam the Cigar”、”Sam Flood”などの渾名があった。

ケネディ家と古くから深いつながりを持っており、ジョン・F・ケネディの当選の陰の功労者であることが明らかになっているだけでなく、暗殺の黒幕の一人とも言われている。

父アントニオ、母アントニアの長男としてシカゴのリトル・イタリーに生まれる。両親はシチリア島のカステルヴェトラーノ出身で、シカゴでは野菜や果物を売って生活をしていた。父親は病弱の姉レナを可愛がっており、サムは可愛がってもらえず、さらにアントニオは暴力で子供を押さえつけるタイプの親で虐待も受けたという。母親は1910年3月14日に流産により死亡。その後、アントニオは再婚をして子供を増していった。サムは腹違いの弟のチャックを可愛がったが、他の兄弟にはあまり興味が無かったようだ。

1933年9月23日にサムはアンジェリーヌ・デトルヴ(1954年4月10日に脳塞栓により死亡)と結婚する。その後3人の女の子の父親になるが、サムは子供に対する接し方をあまり知らないようで、彼の弟のチャックでさえも、彼が自分の子を抱きしめたところを見たことはないという。

サムは姉のレナが夫から暴力を受けているのを知ったとき、夫のトーニー・カンポを叩きのめしたこともあり、自分の気に入らない人間や敵には屈しないという人物であった。

ハリウッド女優のシャーリー・マクレーンを食事に誘ったが断られたため、暴力を振るったことがあるという。

略歴

1918年、10歳のとき学校へ行くのを止め、ギャングに入るようになった。この頃から家にも帰らなくなった。父親はサムの居場所など知らず生活に追われていた。10代後半でシカゴ・アウトフィットに入った頃は、組織の幹部のマレー・ハンフリーズの下で働いていた。ハンフリーズは彼の頭の良さには感心していたという。そのうち、車の運転技術が認められ、ジャック・マクガーンの運転手をやるようになる。こうして暗黒街の階段を登っていった。

アル・カポネ、フランク・ニッティがボスだった1940年代になるとサムは本格的にギャンブル事業に参加していく。シカゴ市内に200ヶ所、市外にも24ヵ所の賭博場を保有していた。当時アフリカ系アメリカ人の間で流行っていた「ポリシー(一般のナンバーズと同じ物)」などにも進出する。「黒人ポリシー王」のエディ・ジョーンズから事業を乗っ取り、その他の者には、政界や警察のコネを利用し彼らに圧力をかけて廃業に追い込み、事業を拡大していった。

1946年にはトニー・アッカルドの右腕に出世する。

1950年代になると全米で賭博場を持つほどビジネスを広げていった。この頃にはカルロス・マルセロとも取引をしていたという。ジアンカーナの仕事ぶりを見てマイヤー・ランスキーが金儲けの天才と言ったという。

1957年にジアンカーナはトニー・アッカルドの後を継いでシカゴ・アウトフィットのボスになった。この頃元ボスのポール・リッカとアッカルドはIRS(国税局)に目を付けられており、圧力をかけられていた。そのためアッカルドたちはジアンカーナに道を譲ったという。同年11月のアパラチン会議を境にFBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーが組織犯罪撲滅を本格化し、1959年にFBIがサム・ジアンカーナの本部に盗聴器を仕掛けたことでコミッションの存在がFBIや政府に明らかにされた。

1960年代に入り、かつて大統領選に協力したはずのジョン・F・ケネディ政権がマフィアに対する締め付けを強めた頃からは、世界規模のビジネスを進めるためメキシコで生活するようになる。それでもカルロ・ガンビーノサント・トラフィカンテカルロス・マルセロジョニー・ロッセーリたちとは連絡を取っており、ランスキーとは会議をしたりしていたという。しかし、世間には「引退したギャングの亡命生活」といわれていた。この頃ドミニカに賭博場を作ろうという計画があった。しかし関係を持っていた政治家の権力が落ちたため計画は失敗した。もし作っていたら莫大な利益を手にしていたという。

1965年5月に司法省は文書破棄罪でジアンカーナを告発する。ジアンカーナは証言を拒否したため、法廷侮辱罪でクック郡刑務所に拘禁された。その後、メキシコから国外退去処分を受ける。さらに胆嚢疾患を患うなど健康状態も良くなかった。

1966年にはサム・バッタグリアにボスの座を譲り、シカゴに再び居を構える。この当時ジアンカーナがシカゴに帰ってきたことを良く思わないマフィアは多くいた。過去にジアンカーナが好き放題にやったことでFBIからの取り締まりが厳しくなり、投獄された大物もいたからである。

暗殺

上院情報特別委員会に出頭するはずだったが、1975年6月19日にジアンカーナは自宅の地下室で暗殺された。後頭部を銃撃されており、さらに口の周りに6発弾丸が打ち込まれていた。マフィアの内部事情に詳しいものによれば、ジアンカーナの殺され方は典型的な「口封じ」を意味するマフィアスタイルの処刑方法であったとされる。

ジアンカーナの死については彼が儲けを組織の他のメンバーに分け与えるのを拒否したからだという意見や、権力を取り戻そうと計画したためコミッションの怒りを買ったとか、他にもCIAがケネディ暗殺事件の情報が漏れるのを恐れたために暗殺したという話もある。

その後も、チャールズ・”チャッキー”・ニコレッティ(Charles “Chuckie” Nicoletti)やジョージ・デ・モーレンシルト(George de Mohrenschildt)といったケネディ大統領暗殺事件に関わったとされる人物がアメリカ下院特別委員会による証人喚問が決定した直後に殺害されるという事件があった。

サムの弟のチャックは1969年5月にジアンカーナという名字を正式に改名する手続きをした。彼はこの名字のせいでずいぶん苦労したという。

ジアンカーナの長女のアントワネットは「マフィア・プリンセス」という自伝を出している。

ニューヨークマフィアとの関係

フランク・コステロとは仲がよく、共同でビジネスをしたりもした。サムはコステロのことを格好も良く、頭もキレると尊敬していた。

ニューヨークでアルバート・アナスタシアが暗殺された後、ガンビーノ一家と強いつながりを結び、ヨーロッパにおける麻薬密輸などのパイプを強化した。

ニューヨーク五大ファミリーのボスの一人のジョゼフ・ボナンノとはアリゾナ州の支配権をめぐって対立していたため仲が悪かった。

CIA

ジアンカーナはマフィアとCIAはコインの裏と表だと言っていたことがある。国が国民に知られたら困るようなきたない仕事(殺しや武器の横流し)はマフィアに頼む、と仲間に言っていた。さらにマフィアとCIAが協力したことは1度だけではなく何度もあるという。またジアンカーナは、CIAの依頼を受けてキューバのフィデル・カストロ首相の暗殺計画にも加わっていた。カストロ暗殺計画を引き受けた3人のボスの一人。

ケネディ家との関係

実業家で投資家でもあったジョセフ・P・ケネディとは禁酒法時代から関係があり、違法酒を扱っていたケネディコステロとの仲が険悪になったとき、間をとりもったと言っている。

ジョセフ・P・ケネディの息子のジョン・F・ケネディの愛人のジュディス・キャンベル(元々はフランク・シナトラの友人)は、ジアンカーナの情婦でもあり、キャンベルを通じてケネディは票集めの資金を彼のもとに運んでいたといわれている。キャンベルに「俺がいなかったらお前のボーイフレンドはホワイトハウスに進めなかっただろう」とケネディが大統領になった後に言った。ケネディ暗殺後に公開された資料によると、ホワイトハウスでの彼女との通話記録は70回を数え、2人っきりの食事が20回はあったという。

大統領選挙予備選ではケネディは選挙不正を行う過程でマフィアに対して借りを作ったため、ジアンカーナなどマフィアのボスたちは「ケネディが大統領になれば、アメリカを裏から操れる」という野望を持っていた。ジアンカーナは大統領選でもケネディの不正に手を貸した。イリノイ州の票を開票する保安官を買収してケネディを勝たせたという事実が明らかになっている。

その後大統領になったジョン・F・ケネディが、弟で司法長官のロバート・ケネディとともにマフィア封じ込め政策を展開するなど、「マフィアを裏切った」ときは相当落ち込んでいたが、しだいにそれは怒りに変わり、友人に「ジョセフ・P・ケネディは史上最大の悪党の一人だ」と言っていた。これらの事を受け、「ケネディ暗殺の黒幕」と言われることも多い。

弟のチャック他の著書によると、サムはチャックに、「ケネディを殺したのはマフィアとCIAだ」と言ったことがある。そのときの話によれば、「(ケネディと大統領戦で争った)リチャード・ニクソンリンドン・ジョンソンも知っていたし、ダラス警察の幹部も関わっていた」と話していたというが、真実か否かは実証されていない上に、「自らの容疑をそらすための発言」と言われることもある。

Leave a Reply