Social conservatism : 社会保守主義

Social conservatism is the belief that society is built upon a fragile network of relationships which need to be upheld through duty, traditional values and established institutions. This can include moral issues. Social conservatism is generally skeptical of social change, and believes in maintaining the status quo concerning social issues such as family life, sexual relations and patriotism.

Social conservatism encompasses a range of what may be thought of as reactionary positions on social issues. It developed as a reaction to what was perceived as dangerous tendencies within the liberal movements toward political radicalism and a wholesale rejection of “traditional values”. In North America, since the mid to late 20th century, social conservatism arose as a response to federal action on social issues—such as LGBT rights and abortion—which members perceived as a threat to conservative values. Similar to national conservatives, some social-conservatives also oppose increases in immigration.

社会保守主義とは、政治的あるいは道徳的イデオロギーの一つ。

このイデオロギーは伝統的価値あるいは行動を奨励ないしは命令し、社会秩序を強化するという政府の役割を肯定する。そうするのは、それらの価値や行動が人々を文明化させ、礼儀正しくさせ続けるものであると信じてのことである。

伝統的道徳性の通義は、しばしば社会保守主義の内部でグループごとに異なり、社会保守主義者たちの間で普遍的とみなされるような政策や立場はまったく存在しない。同時に、社会保守主義者たちの少なくとも大多数が支持する多くの原理が存在する。

社会保守主義という用語の第二の意味は、北欧諸国と大陸ヨーロッパで発展した。これらの国や地域では、社会保守主義とは現代ヨーロッパの福祉国家を支持する自由保守主義のことを指す。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.