Son of Sam law : サムの息子法

A Son of Sam law is a US English term for any law designed to keep criminals from profiting from the publicity of their crimes, often by selling their stories to publishers.

Son of Sam laws are not intended to enable asset forfeiture, the seizing of assets acquired directly as a result of criminal activity. Where asset forfeiture looks to remove the profitability of crimes by taking away money and assets gained from the crime, Son of Sam laws are designed so that criminals are unable to take advantage of the notoriety of their crimes. Such laws often authorize the state to seize money earned from deals such as book/movie biographies and paid interviews and use it to compensate the criminal’s victims.

The term “Son of Sam” is derived from serial killer David Berkowitz, who used the name during his notorious murder spree in the mid-1970s New York. After his arrest in August 1977, Berkowitz’s intense presence in the media led to widespread speculation that he might sell his story to a writer or filmmaker. Although Berkowitz denied wanting any kind of deal, the New York State Legislature swiftly passed preemptive legal statutes anyway, the first such “Son of Sam law” in the U.S.

In certain cases, a Son of Sam law can be extended beyond the criminals themselves to include friends, neighbors, and family members of the lawbreaker who seek to profit by telling publishers and filmmakers of their relation to the criminal. In other cases, a person may not financially benefit from the sale of a story or any other mementos pertaining to the crime.

サムの息子法は、1977年にアメリカ合衆国ニューヨーク州で制定された法である。犯罪加害者が自らの犯罪物語を出版・販売して利益を得ることを阻止する目的で制定された。

概要

この法は、犯罪活動の結果として直接取得した金銭を押収することを意図している。犯罪者が自らの事件を商業的に利用して得た金銭を奪うことにより、犯罪の収益性を除去するため、また、犯罪者が自分の罪の悪評を活用できないように作られている。多くの場合、書籍出版や映画化などから得た収入は犯罪被害者への補償となる。この法が制定されたきっかけは、出版社が「サムの息子」ことデビッド・バーコウィッツに多額の報酬を提示して手記のオファーを出したことが問題視されたためである。以降、数多くの改定を重ねて、ニューヨーク州は2001年に再び採択した。同様の法律は他の多数の州で制定されている。

1978年の法は連邦最高裁で修正第1条に反すると違憲判決を受けた。そこで1992年に判決にそった改正を行っている。

犯罪者による罪のビジネス化を防ぐ目的と同時に被害者・遺族救済のための法である。被害者への補償に関する法では、州法のほかにアメリカ連邦法にVOCAがある。

日本でも同様の法を望む声が出ている。日本政府はサムの息子法をモデルとした法律の制定について「憲法の保障する表現の自由等の観点から、慎重な検討が必要」としており、弁護士の間でも賛否が分かれている。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.