The Pentagon : ペンタゴン

The Pentagon is the headquarters of the United States Department of Defense, located in Arlington County, Virginia, across the Potomac River from Washington, D.C. As a symbol of the U.S. military, The Pentagon is often used metonymically to refer to the U.S. Department of Defense.

The Pentagon was designed by American architect George Bergstrom (1876–1955), and built by general contractor John McShain of Philadelphia. Ground was broken for construction on September 11, 1941, and the building was dedicated on January 15, 1943. General Brehon Somervell provided the major motivating power behind the project; Colonel Leslie Groves was responsible for overseeing the project for the U.S. Army.

The Pentagon is one of the world’s largest office buildings, with about 6,500,000 sq ft (600,000 m2), of which 3,700,000 sq ft (340,000 m2) are used as offices. Approximately 23,000 military and civilian employees and about 3,000 non-defense support personnel work in the Pentagon. It has five sides, five floors above ground, two basement levels, and five ring corridors per floor with a total of 17.5 mi (28.2 km) of corridors. The Pentagon includes a five-acre (20,000 m2) central plaza, which is shaped like a pentagon and informally known as “ground zero,” a nickname originating during the Cold War on the presumption that it would be targeted by the Soviet Union at the outbreak of nuclear war.

On September 11, 2001, exactly 60 years after the building’s construction began, American Airlines Flight 77 was hijacked and flown into the western side of the building, killing 189 people (59 victims and the five perpetrators on board the airliner, as well as 125 victims in the building), according to the official report. It was the first significant foreign attack on Washington’s governmental facilities since the city was burned by the British during the War of 1812.

ペンタゴンとは、 アメリカ国防総省の本庁舎、または国防総省そのもののことである。

建物の形状から、古代ギリシャ語の πεντάγωνονを語源とする五角形を表す英語で「ペンタゴン」と呼ばれる。5階建てで、各床に環状の廊下がある。この構造により、世界最大のオフィスビルでありながら一番遠いところにも10分以内でたどり着くことができるとされている。所在地はワシントンD.C.郊外のバージニア州のアーリントン。約23,000名の軍人、軍属及び民間の従業員、約3,000名のペンタゴンの国防以外の援助要員を収容する。

1941年9月11日に建設が始まり1943年1月15日に完成。建設開始のちょうど60年後の2001年9月11日、テロリストにハイジャックされた民間航空機が衝突し、一部が崩壊・炎上した。その後、元の石材と同じものを使用して迅速な復旧がなされた。

建設

ペンタゴン建設以前、前身である陸軍省の建物はナショナル・モールの側にあり、それは第一次世界大戦中に建てられたものであった。1941年9月11日より、レズリー・グローヴス(後にマンハッタン計画も指揮)率いる陸軍工兵隊により建設が開始された。必要とされる砂利などは62万トン以上に及んだが、ポトマック川からの浚渫などにより確保された。なお鉄筋は戦時中だったこともあり、多くは使用されていない。完成は1943年1月15日のことである。建設が急がれたためか、後の改装工事の際には建設時に埋まったダンプカーが発見されている。

諸口

  • 総費用:8300万ドル(2015年のレートに換算すると13億3000万ドル=約1596億円)
  • 敷地に関する費用:224万5000ドル
  • 駐車場面積:約27万m2
  • アクセス道路延長48km
  • 高架及び橋梁35か所
  • 建物建設費:4960万ドル
  • 中庭の面積:約2万m2
  • 体積:218万1000m3
  • 一辺の長さ281m
  • 廊下の総延長約28km
  • 執務スペース面積:34万4280m2(倉庫・売店を含む)
  • 基礎杭:41492本
  • 使用したコンクリート:約33万m3
  • 階段:131か所
  • エスカレーター:19基
  • エレベーター:13基
  • 窓:7754枚
  • ガラス面積28733m2
  • トイレ:284か所
  • 電話線の総延長:約16万Km

逸話

  • 世界最大、かつ世界でも珍しい五角形型のビルとして落成したペンタゴンであったが、その広さゆえかしばしば自分の行き先を見失ってしまう(迷ってしまう)者が出たという逸話がある。真偽のほどは定かでないとされるが、後に合衆国大統領となるドワイト・D・アイゼンハワー将軍も、陸軍参謀総長に就任した直後、他の将官たちとの会食を終えて自らのオフィスに戻ろうとした際に迷ってしまったという逸話がある。
  • 2007年5月27日付のワシントン・ポスト紙(電子版)によると、米国防総省の建物が五角形になっているのは、次のような経緯があったとされる。
「1941年に陸軍省庁舎の新築計画が持ち上がり、建設用地としてワシントンのアーリントン国立墓地近くの農業試験場が選定された。その地形が歪な五角形をしていたため、庁舎も五角形の設計になった。ところが、アーリントン国立墓地の景観を損ねるとの意見が大きくなり、用地を南へ1マイル半の場所に移すことにした。その場所は正方形であったが、太平洋戦争に突入し、急を要したため、元の五角形の設計のまま建設することになった。」

Leave a Reply