Uncle Sam : アンクル・サム

Uncle Sam (initials U.S.) is a common national personification of the American government or the United States in general that, according to legend, came into use during the War of 1812 and was supposedly named for Samuel Wilson. The actual origin is by a legend. Since the early 19th century, Uncle Sam has been a popular symbol of the US government in American culture and a manifestation of patriotic emotion. While the figure of Uncle Sam represents specifically the government, Columbia represents the United States as a nation.

The first reference to Uncle Sam in formal literature (as distinct from newspapers) was in the 1816 allegorical book The Adventures of Uncle Sam, in Search After His Lost Honor by Frederick Augustus Fidfaddy, Esq. Other possible references date to the American Revolutionary War: an Uncle Sam is mentioned as early as 1775, in the original lyrics of “Yankee Doodle”, though it is not clear whether this reference is to Uncle Sam as a metaphor for the United States, or to an actual person named Sam. The lyrics as a whole celebrate the military efforts of the young nation in besieging the British at Boston. The 13th stanza is:

Old Uncle Sam come there to change
Some pancakes and some onions,
For ‘lasses cakes, to carry home
To give his wife and young ones.

アンクル・サムは、アメリカ合衆国を擬人化した架空の人物。アメリカ合衆国の象徴とされる。また、アメリカ人一般をさすこともある。United States(アメリカ合衆国)と頭文字が同じU・Sなためこう名付けられたとされる。日本語としてはサムおじさんとも呼ばれる。

通常、星条旗柄のシルクハット・紺のジャケットに赤い蝶ネクタイを締めたワイシャツ・紅白縦縞のズボン姿の、白い髭を生やした初老の白人、という印象で表される。なお、この“赤・白・青”の3色は星条旗にも使用されている色である。

今日、アメリカ合衆国を象徴するキャラクターとして、アンクル・サムが自由の女神像の次に有名であるといえる。なお、アメリカ合衆国を象徴する女性のキャラクターとして、コロンビアというキャラクターもある。

起源

アンクル・サムの起源ははっきりしていないが、一般的に言い伝えられている説は以下のようなものである。

米英戦争当時、アメリカ陸軍に納入している精肉業者にニューヨーク州トロイのサミュエル・ウィルソンという人物がおり、「アンクル・サム」と呼ばれて兵士から親しまれていた。ウィルソンは、納入する肉の樽に「U.S.(United States)」の焼印を押していたが、兵士達は「アンクル・サムの略だ」と冗談を言っていた。そこから、アメリカ合衆国を「アンクル・サム」と呼ぶようになった。

1961年9月15日にアメリカ合衆国議会は、「ニューヨーク州トロイのアンクル・サム・ウィルソンを、アメリカ合衆国のシンボル『アンクル・サム』の起源として称える決議」を採択している。また、ウィルソンの生誕地であるマサチューセッツ州アーリントンに、ウィルソンのモニュメントが立てられている。

米英戦争以前は、ブラザー・ジョナサンというキャラクターがアメリカ合衆国のシンボルだったが、南北戦争のころにアンクル・サムに取って代わられた。アンクル・サムが最初に政治漫画に使われたのはトーマス・ナストによって描かれたものとされる。南北戦争の後、アンクル・サムにはエイブラハム・リンカーンに似た髭がつけられるようになった。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.