War on drugs : 麻薬戦争

War on Drugs is an American term usually applied to the U.S. federal government’s campaign of prohibition of drugs, military aid, and military intervention, with the stated aim being to reduce the illegal drug trade. The initiative includes a set of drug policies that are intended to discourage the production, distribution, and consumption of psychoactive drugs that the participating governments and the UN have made illegal. The term was popularized by the media shortly after a press conference given on June 18, 1971, by President Richard Nixon—the day after publication of a special message from President Nixon to the Congress on Drug Abuse Prevention and Control—during which he declared drug abuse “public enemy number one”. That message to the Congress included text about devoting more federal resources to the “prevention of new addicts, and the rehabilitation of those who are addicted”, but that part did not receive the same public attention as the term “war on drugs”. However, two years prior to this, Nixon had formally declared a “war on drugs” that would be directed toward eradication, interdiction, and incarceration. Today, the Drug Policy Alliance, which advocates for an end to the War on Drugs, estimates that the United States spends $51 billion annually on these initiatives.

On May 13, 2009, Gil Kerlikowske—the Director of the Office of National Drug Control Policy (ONDCP)—signaled that the Obama administration did not plan to significantly alter drug enforcement policy, but also that the administration would not use the term “War on Drugs”, because Kerlikowske considers the term to be “counter-productive”. ONDCP’s view is that “drug addiction is a disease that can be successfully prevented and treated… making drugs more available will make it harder to keep our communities healthy and safe”. One of the alternatives that Kerlikowske has showcased is the drug policy of Sweden, which seeks to balance public health concerns with opposition to drug legalization. The prevalence rates for cocaine use in Sweden are barely one-fifth of those in Spain, the biggest consumer of the drug.

In June 2011, the Global Commission on Drug Policy released a critical report on the War on Drugs, declaring: “The global war on drugs has failed, with devastating consequences for individuals and societies around the world. Fifty years after the initiation of the UN Single Convention on Narcotic Drugs, and years after President Nixon launched the US government’s war on drugs, fundamental reforms in national and global drug control policies are urgently needed.” The report was criticized by organizations that oppose a general legalization of drugs.

薬物戦争とは、日本では麻薬戦争とも呼ばれ、参加国の協力の下に違法薬物の取引を削減することを目的として行われた、アメリカ合衆国連邦政府による国外での軍事支援および軍事介入を表す用語である。麻薬戦争の取り組みは、違法な向精神薬の生産、流通、消費の阻止を目的とする、一連のアメリカ合衆国の薬物政策を含む。この用語は、1971年6月17日にアメリカ大統領リチャード・ニクソンによって初めて用いられた。

2009年5月13日、アメリカ国家薬物取締政策局局長ギル・ケルリコースキーは、薬物における実施政策を大きく変更する計画はないが、バラク・オバマ政権が「逆効果だ」と主張する「薬物戦争」という用語を使わないと伝えた。

2011年6月、薬物政策国際委員会は薬物戦争に関する批判的な報告書を公表し、「世界規模の薬物との戦争は、世界中の人々と社会に対して悲惨な結果をもたらし失敗に終わった。「国連麻薬に関する単一条約」が始動し、数年後にはニクソン大統領がアメリカ政府による薬物との戦争を開始したが、50年が経ち、国家および国際的な薬物規制政策における抜本的な改革が早急に必要である」と宣言した。この報告書は薬物の合法化に反対する団体により批判された。

前史

阿片戦争はアヘン取り締まりが原因で起きている。

1950年代からビルマ族と他の少数民族との内戦が続くミャンマーでは、旧ビルマ共産党を含む多くの反政府勢力が資金源として麻薬ビジネスに関わっていた。

1961年に「国連麻薬に関する単一条約」が採択された。

歴史

1967年には、ビルマ・ラオス・タイ国境付近で、クン・サ率いる「モンタイ軍」(MTA)と(ビルマ・シャン州およびタイ北部に存在していた)中国国民党残党による密輸キャラバンと、旧ラオス王国軍との間で戦闘が発生している(1967年阿片戦争)。この戦争の結果、国共内戦後にタイに侵入していた中国国民党残党はタイ王国軍によって武装解除と強制退去をさせられ、クン・サはのちにビルマ政府に逮捕されてMTAのメンバーが半減するなど一時的に大打撃を受けた。(黄金の三日月地帯、黄金の三角地帯)

1971年2月21日には、ウィーンにて、先の条約によって規制した以外の薬物の乱用を抑止するために、「向精神薬に関する条約」が採択された。

薬物戦争の用語は、1971年6月17日にアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンによって初めて用いられた。当時、ビルマ式社会主義体制においてアメリカ合衆国とは軍事協定を何ら結んでいなかったビルマ連邦に対しても、麻薬を資金源とするビルマ共産党やクン・サら軍閥が存在していた事から「対麻薬計画」として限定的な装備や教育の提供が行なわれていた。

ロナルド・レーガンが軍事援助と引き換えにコカ撲滅作戦を展開し、時の大統領ハイメ・パス・サモラをして「この国を支配するのはアメリカ大使館だ」とまで言わせたボリビアでは、人々の生活に欠かせないコカを排除することへの反発から、反米のエボ・モラレスが大統領になった。麻薬単一条約からも脱退していたが、国内消費に限り容認させる留保付きで復帰。

ジョージ・H・W・ブッシュ政権下では、1989年12月に麻薬取引にかかわったマヌエル・ノリエガを捕まえる名目でパナマ侵攻をおこした。同年、コロンビアでは、メデジン・カルテルとカリ・カルテルを壊滅するため、政府を支援している(麻薬カルテル戦争プラン・コロンビア)。

ジョージ・W・ブッシュ政権下では「メリダ・イニシアティブ」を実施して支援を開始し、2006年12月にメキシコのフェリペ・カルデロン大統領は就任直後から大規模な麻薬密輸組織掃討作戦に乗り出したが、治安当局への報復攻撃などにより4年間で死者が3万196人に達した。2009年にはメキシコでは、ヘロイン、マリファナ、コカインの個人所持が合法化されることになる。(メキシコ麻薬戦争)

2009年5月13日、アメリカ国家薬物取締政策局Office of National Drug Control Policy)局長ギル・ケルリコースキーは、薬物における実施政策を大きく変更する計画はないが、バラク・オバマ政権が「逆効果だ」と主張する「薬物戦争」という用語を使わないと伝えた。

2011年6月、薬物政策国際委員会は薬物戦争に関する批判的な報告書を公表し、「世界規模の薬物との戦争は、世界中の人々と社会に対して悲惨な結果をもたらし失敗に終わった。「国連麻薬に関する単一条約」が始動し、数年後にはニクソン大統領がアメリカ合衆国連邦政府による薬物との戦争を開始したが、50年が経ち、国家および国際的な薬物規制政策における抜本的な改革が早急に必要である」と宣言した。この報告書は薬物の合法化に反対する団体により批判された。

2012年の第67回国連総会では、メキシコ、コロンビア、グアテマラといったラテンアメリカ諸国の大統領は、薬物の流通を制限するという証拠は乏しく、暴力につながるこうした政策の変更を提案した。メキシコでは、カルデロンの任期中6年間に、薬物に関連した暴力により死者は6万人を上回り、コロンビアでは撲滅運動にかかわらず依然としてコカインの世界最大の生産地の1つである。

2013年の国連の薬物乱用防止デーにおいて、法の支配は一部の手段でしかなく、罰することが解決策ではないという研究が進んでおり、健康への負担や囚役者を減らすという目標に沿って、人権や公衆衛生、また科学に基づく予防と治療の手段が必要とされ、このために2014年には高度な見直しを開始することに言及し、加盟国にはあらゆる手段を考慮し、開かれた議論を行うことを強く推奨している。

2016年には、国連薬物特別総会(UNGASS:UN General Assembly Special Session on Drugs)2016が開催される予定である。国連総会は2016年4月19日から21日に、ニューヨークにて開催される。以前の総会は1998年に開催され、加盟国には非現実的な「薬物のない世界」という目標が課された。近年では、当のアメリカの一部の州において大麻が非犯罪化されているだけでなく、ラテンアメリカ諸国でもポルトガルは完全に薬物を非犯罪化し、他の諸国も制限を緩めているところがある。

フィリピンでは、ロドリゴ・ドゥテルテが麻薬戦争を起こす。(フィリピン麻薬戦争)

関連作品

映画

  • デルタフォース2(1990年)
  • 今そこにある危機(1994年)
  • トラフィック (映画)(2000年)
  • ブルドッグ(2003年)
  • 野蛮なやつら/SAVAGES(2012年)
  • エンド・オブ・ウォッチ(2012年)
  • 悪の法則(2013年)
  • サボタージュ(2014年)
  • ボーダーライン(2015年)

ノンフィクション

  • ビルマ・アヘン王国潜入記 – 高野秀行

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.