White House : ホワイトハウス

The White House is the official residence and workplace of the President of the United States. It is located at 1600 Pennsylvania Avenue NW in Washington, D.C. and has been the residence of every U.S. President since John Adams in 1800. The term is often used as a metonym for the president and his advisers.

The residence was designed by Irish-born architect James Hoban in the neoclassical style. Construction took place between 1792 and 1800 using Aquia Creek sandstone painted white. When Thomas Jefferson moved into the house in 1801, he (with architect Benjamin Henry Latrobe) added low colonnades on each wing that concealed stables and storage. In 1814, during the War of 1812, the mansion was set ablaze by the British Army in the Burning of Washington, destroying the interior and charring much of the exterior. Reconstruction began almost immediately, and President James Monroe moved into the partially reconstructed Executive Residence in October 1817. Exterior construction continued with the addition of the semi-circular South portico in 1824 and the North portico in 1829.

Because of crowding within the executive mansion itself, President Theodore Roosevelt had all work offices relocated to the newly constructed West Wing in 1901. Eight years later in 1909, President William Howard Taft expanded the West Wing and created the first Oval Office, which was eventually moved as the section was expanded. In the main mansion, the third-floor attic was converted to living quarters in 1927 by augmenting the existing hip roof with long shed dormers. A newly constructed East Wing was used as a reception area for social events; Jefferson‘s colonnades connected the new wings. East Wing alterations were completed in 1946, creating additional office space. By 1948, the residence’s load-bearing exterior walls and internal wood beams were found to be close to failure. Under Harry S. Truman, the interior rooms were completely dismantled and a new internal load-bearing steel frame constructed inside the walls. Once this work was completed, the interior rooms were rebuilt.

The modern-day White House complex includes the Executive Residence, West Wing, East Wing, the Eisenhower Executive Office Building—the former State Department, which now houses offices for the President’s staff and the Vice President—and Blair House, a guest residence. The Executive Residence is made up of six stories—the Ground Floor, State Floor, Second Floor, and Third Floor, as well as a two-story basement. The property is a National Heritage Site owned by the National Park Service and is part of the President’s Park. In 2007, it was ranked second on the American Institute of Architects list of “America’s Favorite Architecture”.

ホワイトハウスは、次の2つの意味で使用されている。

  • アメリカ合衆国大統領が居住し、執務を行う官邸・公邸の建物。転じて、(日本語における「官邸」と同様に)そこで働くスタッフらを含めた政権の中枢を指す。
  • アメリカ合衆国大統領行政府の中の一部局である「ホワイトハウス・オフィス」(資料によっては「ホワイトハウス事務局」との日本語表記も)。

また、前者の内、特に主要な4つの建物であるエグゼクティヴ・レジデンス、ウエストウイング(西棟)、イーストウイング(東棟)、アイゼンハワー行政府ビル、そして4つの庭であるローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン、北庭、南庭を指して「ホワイトハウス・コンプレックス」と総称する。

概要

アメリカ合衆国の首都であるワシントンD.C.の中心部に所在し、その住所である「ペンシルベニア通り1600番地(1600 Pennsylvania Avenue)」はアメリカで最も有名な住所である。

エグゼクティヴ・レジデンス
「メインハウス」などとも呼ばれ、大統領とその家族が暮らす公邸であるほか、外国首脳や議会関係者など要人との会談や、条約や重要法案の調印式、上級公職の任命会見、重要な記者会見、訪問者との会見、晩餐会やレセプション、その他の公的な行事が行われる場所でもある。レジデンスからは「コロナード」と呼ばれる渡り廊下が東西に伸びてそれぞれウエストウイングやイーストウイングに連結している。コロナード自体も、中に事務室が入居する大規模な連結棟である。
ウエストウイング
「オーバルオフィス」と呼ばれる大統領執務室をはじめ、閣議室、国家安全保障会議室のほか、副大統領、首席補佐官、大統領補佐官、報道官、法律顧問、上級顧問などの上級スタッフのオフィスなどが入る、アメリカ政府の中枢。地下には世界に展開するアメリカ軍や関係機関と最高レベルの情報連携をしているシチュエーションルームがある。
イーストウイング
ファーストレディ、そのスタッフのオフィス、及びホワイトハウス社会事業担当官のオフィスが入る。また、地下はバンカーと呼ばれる核シェルター機能を備えた大統領危機管理センターとなっている。2001年の9/11テロの際、ハイジャック機が首都に接近との報を受けたチェイニー副大統領ライス国家安全保障担当大統領補佐官を始めとするホワイトハウス・スタッフは、直ちにここに避難した。
ローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン、ノース・ローン、サウス・ローン
天気のよい日にはイベントが開催されることもある。レジデンスとウエストウイングに囲まれた一画は「ローズ・ガーデン」、レジデンスとイーストウイングに囲まれた一画は「ジャクリーン・ケネディ・ガーデン」と呼ばれ、ここで重要な法案や条約の調印式が行われることも多い。サウスローンのさらに南には「ザ・エリプス(The Ellipse、楕円)」と呼ばれる、文字通り楕円形の広大な庭が広がっている。観光客がコンスティテューション通りから柵越しに見ることができるホワイトハウスは、この「ザ・エリプス」越しの景観である。
アイゼンハワー行政府ビル
「行政府旧館(Old Executive Office Building)」とも呼ばれ、ウエストウイングから小道を挟んだ西側にある。副大統領オフィスがここにある他、国家安全保障会議事務局、行政管理予算局が入る等、事務スタッフが詰めている。

なお、ホワイトハウスと、これに隣接するラファイエット公園、ザ・エリプス、及びホワイトハウス見学者オフィスは、便宜上、大統領公園という国立公園に指定されており、その土地と建物は国立公園局が管理している。

歴史

建設と設計
大統領府であるホワイトハウス建設が開始されたのは初代大統領のジョージ・ワシントンのときで、1792年10月13日に礎石が置かれて着工したが、公式の定礎式は挙行されなかった。
1790年、ワシントンD.C.(コロンビア特別区)の設置と区画が決定され、フィラデルフィアに変わる新首都建設が始まると、ワシントンは大統領府のデザインをコンペで募集し、九件の最終候補の中からアイルランド出身の建築家、ジェームズ・ホーバンの案を採用した。基礎部分は当時の黒人奴隷、石細工は主にスコットランド人が工事を担っていた。着工から8年後の1800年11月に完成したが、初代大統領のワシントンはすでに大統領職を辞していたばかりか前年に亡くなっており、完成した姿を目にする事はなかった。そのため、最初にこの大統領官邸に入居したのは2代目大統領のジョン・アダムズからとなったのである。以後も大統領府はここに置かれ、200年経った現在でも首都ワシントンと共にアメリカの政治の中枢となっている。
 戦争による焼失
1814年8月、大統領官邸は米英戦争の「ブラーデンスバーグの戦い」での敗北により、イギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが灰燼に帰してしまった。第4代大統領ジェームズ・マディソンは設計者のジェームズ・ホーバンを監督に任じ、焼け残った外壁を使って焼失前とほぼ変わらない官邸を再建、1817年に完成した。このとき、焼けこげた外壁を白く塗装したことから官邸は現在のように「ホワイトハウス」と呼ばれるようになった・現在でも焼けこげた壁の一部は保存されており、トルーマンバルコニーでこれを見ることができる。
 現在の形へ
1902年には、第26代大統領セオドア・ルーズベルトがウエストウイングを増築、それまで二階部分に入っていたスタッフのオフィスをここに移した。そして空いた二階を居住空間に全面改装したほか、一階部分にも若干の改修が施された。これを期にホワイトハウスは公式に「ワシントン・ホワイトハウス」 (White House – Washington) と命名された。
1942年には、第二次世界大戦中に第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが地下に防空壕を備えたイーストウイングを増築した。この防空壕は現在、大統領危機管理センターになっており、2001年の9.11テロ事件のさいにも閣僚が避難している。
1948年、第33代トルーマン大統領は、レジデンス二階の「イエローオーバルルーム」の外側にバルコニーを設置しようとした。ところがこの時行われた強度検査で老朽化による構造強度の劣化が判明したため、全面的な解体改修工事が行われることになった。工事は再び石積みの外壁のみを残して内部を基礎部分を含めて全て創り直すという大がかりなもので、5年の月日をかけた一大プロジェクトであった。そのため、ペンシルベニア通りを隔てて北側に位置する大統領の賓客用宿泊施設(迎賓館)ブレアハウス (Blair House) を仮の大統領府として一時的に機能させることになった。それから5年が経った1952年に工事は無事完了、「トルーマン・バルコニー」が新設された。これにより、多くの人が目にしている現在の姿が完成したのである。

エグゼクティヴ・レジデンスの施設

諸元

  • 床面積:約5万5000 ft2 (5100 m2)
  • 部屋数:134室
  • 洗面所:35ヵ所
  • 階数:地上3階地下3階
  • 扉:412枚
  • 窓:147ヵ所
  • 暖炉:28ヵ所
  • 階段:8ヵ所
  • エレベーター:3基
  • シェフ:5人

地階 グラウンドフロア(Ground Floor)

センターホール(地階 1
中央ホール。レジデンス地階の中心を東西に貫く幅約5m、全長約49mのホールで形状は廊下。天井はアーチ状になっている。ホールの東端はイーストウイングの来訪者ロビーに通じ、西端にはウエストウィング柱廊の一部を成すパームルーム (Palm Room) につながる。
ディプロマティック レセプションルーム(地階 2
外交官応接室。南庭からの入り口で、信任状捧呈式に臨む各国大使の到着口として使用される。フランクリン・ルーズベルト大統領は、この部屋の暖炉の前から「炉辺雑談 (Fireside chats)」と呼ばれる定期的なラジオ談話を行った。
マップルーム(地階 3
第28代ウィルソン大統領第30代クーリッジ大統領の頃は、ビリヤード台が置かれた娯楽室だったが、第二次世界大戦中、フランクリン・ルーズベルト大統領はこれを戦況報告室として使用し、各戦線の状況を表示させる地図を掲示させていたことからマップルームと呼ばれるようになった。現在は大統領やファーストレディの個人的なミーティングに使用されている。
チャイナルーム(地階 4
ここでのチャイナとは中国ではなく磁器の食器のことで、外国元首とのディナーに使われる高級磁器の食器を保管しているホワイトハウスの食器室である。ウィルソン大統領のイーディス夫人が歴代大統領の磁器食器のコレクションを展示したことからチャイナルームと呼ばれるようになった。全体に赤い色調が特徴的なこの部屋には、歴代大統領時代の磁器が年代順に展示されている。
バーメイルルーム(地階 5
1956年、マーガレット・トンプソン・ビドル夫人が残したバーメイル(金めっきした銀)のコレクションを展示したことからこう呼ばれるようになった。また黄色を基調とした装飾から「ゴールデンルーム 』と呼ばれることもある。エレノア・ルーズベルトジャクリーン・ケネディ、レディーバード・ジョンソン、パトリシア・ニクソン、ナンシー・レーガンの各ファーストレディの肖像画が展示されている。現在は式典などで女性の控え室として使用されている。
キッチン(地階 6
厨房。大統領と家族の食事のほか、ホワイトハウス公式晩餐会の料理も調理しており、常勤料理人5名(うちパティシエ1名)と約20名のパートタイムのスタッフが働いている。軽食からフルコースのディナーまで作り、ディナー140人分、オードブルなら1000名分以上を提供することができる。
ホワイトハウス キューレーターズ オフィス(地階 7
ホワイトハウス学芸員室。第35代ケネディ大統領ジャクリーン夫人が、1961年ホワイトハウスを歴史博物館とすることを訴えたことで設置された。ホワイトハウス学芸員は、ホワイトハウスが所蔵する1万4000件以上の歴史的価値のある調度品や美術品を管理・修復している。
ライブラリー(地階 8
書斎。元々洗濯部屋として使われていたこの部屋は、セオドア・ルーズベルト大統領による改修でポーカールームに改装され、さらにフランクリン・ルーズベルト大統領のときに書斎に改装された。第39代カーター大統領は、フランクリン・ルーズベルトの「炉辺雑談」にならって、毎週のラジオ談話をこの部屋から行った。
クリニック(地階 9
医務室。大統領とその家族やホワイトハウス職員のための診療所で、医療設備を完備した診察室と検査室からなる。
ドクターズオフィス(地階 10
常勤医師オフィス。

一階 ステートフロア(State Floor)

クロスホール(一階 1
横断ホール。形状は廊下。
ブルールーム(一階 2
レッドルーム(一階 3
グリーンルーム(一階 4
イーストルームに隣接する食堂として設計され、壁が緑色であることからグリーンルームと呼ばれている。第3代ジェファーソン大統領は食堂として使用していたが、それ以降は多目的に使用されている。マディソン大統領はここを執務室とし、閣議もここで行った。第5代モンロー大統領は、トランプを楽しむためのカードールームとして使用した。グリーンルームの目的と装飾が現在のものに定着するのはセオドア・ルーズベルトのときからである。
イーストルーム(一階 5
ホワイトハウス創設当時より「公式謁見室」として使用されており、現在でも大統領の特に重要な記者会見、条約や重要法案の署名式典、晩餐会やレセプションなど、大がかりな行事はこのイーストルームで行われる。暗殺された第16代リンカーン大統領ケネディ大統領の遺体が教会での葬儀や連邦議会での正式安置に先立って、一時的にこの部屋に置かれたこともある。ジョージ・ワシントンの全身肖像画がある部屋としても有名。
ステートダイニングルーム(一階 6
“大食堂”。国賓を迎えた際の公式晩餐会はここで行われる。
ファミリーダイニングルーム(Family Dining Room、夕食会の間、一階 7
ファミリー(家族)という名称は、ステート(国家)との対比でつけられており、実際には国賓のための大規模な公式晩餐会以外の、小規模な公式・非公式の夕食会に使用される。大統領の家族が日常使用する家族用のダイニングは二階にある。
エントランスホール(一階 8
正面玄関ホール。
サウスポーティコウ(一階 9
南ポーチ。

二階

セントラルホール(二階 1
中央広間。形状は廊下。
イエローオーバルルーム(二階 2
応接間。「オーバル」の名から大統領執務室だと思われる事があるが、執務室ではない。本来の「オーバルルーム」があるのはウエストウイングつまり官邸。両方とも「オーバル」(楕円形)なのが混同される原因になっている。
リビングルーム(二階 3
居間。
トリーティールーム(二階 4
条約調印の間。主に書斎として使用。
リンカーンベッドルーム(二階 5
寝室。
リンカーンシッティングルーム(二階 6
寝室兼居間。
マスターベッドルーム(二階 7
主寝室。
マスタードレッシングルーム(二階 8
主更衣室。
ウエストシッティングホール(二階 9
「西の居間」。寝室兼居間にもなるホール。
イーストシッティングホール(二階 10
「東の居間」。寝室兼居間にもなるホール。
クイーンズベッドルーム(二階 11
寝室。
クイーンズシッティングルーム(二階 12
寝室兼居間。
イーストベッドルーム(二階 13
東寝室。
ウエストベッドルーム(二階 14
西寝室。
プライベートダイニングルーム(二階 15
大統領一家のための食堂。
ファミリーキッチン(二階 16
大統領一家の台所。
ビューティーサロン(二階 17
美容室・理容室。
トルーマンバルコニー(二階 18
1952年に新設された区域。名前は設置させたトルーマン大統領にちなむ。

三階 サードフロア(Third Floor)

センターホール
中央ホール。
ミュージックルーム
音楽室。
ゲームルーム
娯楽室。
ワークアウトルーム
トレーニングジム。
サンルーム

その他

  • テニスコート
  • ボウリング場
  • 映画館
  • ジョギング専用路
  • プール

スタッフ・職員・観光客などを含めた一日の来訪者は、平均で5000人にもなる。

逸話

  • 国旗を掲揚する慣習は、日照から、日の入りまでと言うのが、国際的規定である。星条旗に強い愛着を抱くアメリカ合衆国国民の多くは、ホワイトハウスにおいての国旗に関する慣習は、広く認識されており、夜間に国旗を掲げたままにしておくことは、良好な慣習ではないと考えている。リチャード・ニクソンは、1970年9月4日に発令したアメリカ合衆国大統領告示第4000号において、「今後、ホワイトハウスには、悪天候等の不可避な条件がない限り、アメリカ合衆国国旗は、常時、掲揚する」大統領告示を正式に表明した。実際、夜間掲揚が始まると、4000号告示のことを知らない人物から、「ホワイトハウスは国旗の掲げ方も知らないのか」と言った電話が入ることもあったという。
  • 以前はその内部見学ツアーが有名で、必見の観光名所となっていた。隣接する「見学センター」において、簡略的な事務手続きを行うことにより基本的には誰でも、そして事情の許す限りいつでも、構内を見学することが可能である。アメリカ合衆国大統領側近、及び、ファーストレディ、そして、幸運であれば、アメリカ合衆国大統領と出会う機会に恵まれる場合も存在すると言う。現在、10人以上の団体となり、六ヶ月前まで予約で、アメリカ合衆国連邦議会議員の経由により、バック・グラウンド・チェックに同意する必要がある。
  • 中国語では「白宮」、戦前の大日本帝国では「白亜館」と表記された。
  • 外壁は純白だと思われがちであるが、実際には「クリーム・ホワイト」という黄味がかった白である。純白であると、太陽光線の作用により褪色して色調が変化するが、クリーム・ホワイトの外壁の場合、色調が変化する心配がない。また、感光式のカメラでは、純白の塗装面を晴天下でカラー撮影すると、レンズに空の色が入り込み青色変色する現象が誘発されるが、クリーム・ホワイトの場合それを予防する効果がある。
  • 構内は全館禁煙。ビル・クリントン政権時代、当時、ファーストレディであったヒラリー・クリントンにより導入された。
  • 敷地構内には菜園が存在する。2009年、第44代アメリカ大統領バラク・オバマ夫人であるミシェル・オバマの提案により、オーガニック野菜を栽培する為、菜園が創設された。それ以前には、エレノア・ルーズヴェルトアメリカ合衆国大統領夫人による「勝利農園」と呼称される農園が営まれた例が存在する。
  • 「ホワイトハウス・ハニー・エール」と呼称されるビール醸造所が存在する。製造されるビールは、「ライト」と「ダーク」の二種類。蜂蜜風味である。2012年9月、ビール愛好家による情報公開請求により、ホワイトハウス・ハニー・エールにおいて製造されるビールのレシピは、公開された。
  • ファーストファミリーの私的な経費は全て自己負担である。各々の飲食費やドライクリーニング代だけに限らず、大統領就任式やホリデーシーズンのパーティーの飲食費、パーティーの装飾費用、パーティーで働くスタッフの人件費も含まれるため、ジョン・F・ケネディ以降、ジョージ・H・W・ブッシュを除くほぼ全てのファーストファミリーの懸案は飲食費の倹約であった。
  • グロバー・クリープランド大統領は現役大統領で唯一ホワイトハウスで結婚式をあげた大統領である。

警備

  • ホワイトハウスそのものにアメリカ合衆国シークレットサービスや合衆国議会警察、ワシントンD.C.首都警察のSWATにより、厳重な警備が敷かれている。レジデンスの屋上には、狙撃銃と双眼鏡を携帯する特別要員が、24時間態勢で、ホワイトハウス周囲の警備に当たっており、法令上、彼らには、アメリカ合衆国大統領やアメリカ合衆国大統領府に重大な脅威になると判断し得る侵入者が存在する場合、その人物を一存で狙撃可能である権限が付与されている。ただし、それではいかにも物騒なので、通常彼達は地上からは見えない物陰などに隠れ、周囲の観光客等に可能な限り不要な心配をさせない様に配慮されている。レジデンスの屋上で人影が動くのを見かけたら、それは、要員の交代や移動と考えて良いであろう。更に、上空からの攻撃への警備として、スティンガーミサイルも装備されていると言われる。スペックに関する詳細は、すべて公表されてはいない。
  • ホワイトハウスは、過去において幾度が銃撃を受けており、2011年11月11日には、付近に駐車していた車内より大統領一家の住居棟に向けてライフル弾が発射され、実際に命中する事件が発生している。こうした銃撃に対処するため2017年には、発砲音を探知する音響センサーと三角法を利用した新たな警備システムの導入試験が行われている。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.