William F. Marquat : ウィリアム・マーカット

William Frederic Marquat (March 17, 1894 – May 29, 1960) was a major general in the US Army. Prior to his service in the military, Marquat was a reporter for The Seattle Times. Prior to the Japanese invasion of 1941, Marquat served with the Office of the Military Advisor to the Commonwealth Government of the Philippines, as the chief engineering advisor.

Early life

Marquat was born on March 17, 1894, in St. Louis, Missouri to William and Sara (Layden) Marquat. He died on May 29, 1960, at 3:00 am at Walter Reed Hospital.

Marquat library

The Marquat Library was formed, in 1969, at Fort Gordon, Georgia, at the US Army Civil Affairs School. The library was moved, in 1973 when the school moved to Fort Bragg, North Carolina.

Military career

  • World War I — Coast Artillery Office
  • World War II
  • Post World War II
    • Chair of the Allied Council for Japan
    • 1945–1952—Head of the Economics and Science Section General Headquarters for the Supreme Allied Powers – Tokyo, Japan
    • 1952–1955—Chief of Civil Affairs and Military Government
    • 1955—retires

AWARDS AND CITATIONS (Listed from the Military Times Hall of Valor): Distinguished Service Cross – for actions during World War II 2 – Army Distinguished Service Medals – for actions during World War II 1 – Army Distinguished Service Media – for actions during the Cold War Silver Star – for actions during the Korean War Citation: The President of the United States of America, authorized by Act of Congress, July 9, 1918, takes pleasure in presenting a Bronze Oak Leaf Cluster in lieu of a Second Award of the Silver Star to Major General William Frederic Marquat (ASN: 0-6533), United States Army, for conspicuous gallantry and intrepidity in action against the enemy while serving as Anti-Aircraft Officer for the United Nations Command in Korea during the period 29 September to 4 October 1950. Following the restoration of the capital of the Republic of Korea to its President and before the Seoul area was free of enemy activity, General Marquat, completely disregarding his own safety, toured the region by vehicle to obtain first-hand information vital to planning effective anti-aircraft installations necessary to forestall surprise enemy air attacks. Later, in anticipation of increased enemy air activity, General Marquat traveled over terrain harassed by sniper fire and endangered by land mines to inspect anti-aircraft installations. His personal concern for his troops, aggressive actions in ground surveillance, and presence in the forward areas inspired his units to a high degree of efficiency and contributed materially to the United Nations effort in Korea. General Marquat’s inspirational courage and his unfaltering devotion to duty as a leader upholds the highest traditions of the military service.

ウィリアム・フレデリック・マーカット(1894年3月17日 – 1960年5月29日)は、アメリカ陸軍の軍人。ダグラス・マッカーサーの側近グループ「バターン・ボーイズ」の一人として、連合国軍占領下の日本でGHQ経済科学局長を務めた。

生涯

1894年にセントルイスで生まれ、シアトルの私立学校に入学する。卒業後はシアトル・タイムズの記者となり、1916年に中尉に任官して海岸砲兵隊所属の州兵となり、第一次世界大戦時には大尉となっていた。戦後はアメリカ陸軍に入隊し、1933年にアメリカ陸軍指揮幕僚大学に入学した後、1938年にダグラス・マッカーサーの幕僚となりフィリピンに赴任した。

太平洋戦争が勃発すると、マーカットは「フィリピンの戦い」で防空指揮官を務めた。彼はマッカーサーのフィリピン脱出に同行して側近グループ「バターン・ボーイズ」の一人になり、マッカーサーが退役するまでの間重用された。フィリピン脱出後の1943年1月に少将に昇進し、その後は第14防空軍司令官に任命され、ニューギニア島、ビスマルク諸島を転戦し、フィリピン奪回作戦に参加した。

1945年に日本が降伏すると対日理事会のアメリカ代表に任命されるが、4月22日にジョージ・アチソンと交代し、マッカーサーに従いGHQの一員として日本に赴任する。同年12月に経済科学局長に任命され、財閥解体などの経済政策を主導した。1951年にマッカーサーハリー・S・トルーマンと対立してGHQ最高司令官を解任されると、「バターン・ボーイズ」たちはマッカーサーに従いアメリカに帰国するが、マーカットは1952年4月28日にサンフランシスコ平和条約が発効してGHQの占領が終了するまで日本に残り、「バターン・ボーイズ」の中では最も長く日本に滞在した。

アメリカに帰国後は陸軍省民政部長を務め、1955年に退役した。1960年にウォルター・リード陸軍医療センターで死去し、遺体はアーリントン国立墓地に埋葬された。

人物

  • 「マーカットが経済科学局長時代に接収した日本軍の軍需物資や宝石類などを隠匿し、日本の戦後復興や反共工作のために運用した」という俗説が存在し、M資金と関連付けて言及されることが多い。
  • 野球好きであり、GHQ経済科学局長時代には米国野球協会日本支部長も務め、戦後日本の野球振興に関与した。また、池田勇人大蔵大臣ら日本側の要人と面会する際、マーカットの機嫌がよくない時には日本側から予め面会のアポをとった通訳のキャピー原田中尉がさりげなくマーカットに野球の話を振り、場を温めておくという段取りがあったという。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.