William Henry Harrison : ウィリアム・ハリソン

William Henry Harrison Sr. (February 9, 1773 – April 4, 1841) was an American military officer, a principal contributor in the War of 1812, and the ninth president of the United States (1841). He was the last president born before the American Revolution, and died of pneumonia just 31 days into his term, thereby serving the shortest tenure in United States presidential history. He was the first president to die in office, and his death sparked a brief constitutional crisis. Its resolution left unsettled Constitutional questions as to the presidential line of succession until the passage of the Twenty-fifth Amendment to the United States Constitution in 1967. Harrison was a son of Founding Father Benjamin Harrison V and the paternal grandfather of Benjamin Harrison, the 23rd United States President (1889–1893).

Before election as president, Harrison served as the first congressional delegate from the Northwest Territory and the first Governor of Indiana Territory. He gained national fame for leading U.S. forces against Native Americans at the Battle of Tippecanoe in 1811, where he earned the nickname “Old Tippecanoe”. He was promoted to major general in the subsequent War of 1812, and served in the Battle of the Thames the following year. This battle resulted in the death of Tecumseh and the dissolution of the Native American coalition which Tecumseh had led.

After the war, Harrison moved to Ohio, where he was elected to the United States House of Representatives. In 1824, the state legislature elected him to the United States Senate. He served a truncated term after being appointed as Minister Plenipotentiary to Gran Colombia in May 1828. In Santa Fe de Bogotá, he spoke with president Simón Bolívar, urging Bolívar to guide his nation toward American-style democracy. Harrison returned to private life on his farm in Ohio until he was nominated for the presidency as one of several Whig Party candidates in the election of 1836. He received more votes than any other Whig, but was defeated by Democrat Martin Van Buren, and returned again to his farm.

Van Buren soon became a major target of criticism from the Whigs following the Panic of 1837. Seeking to run a non-controversial and less ideological war hero who could defeat Van Buren based on popularity, a unified Whig Party nominated Harrison over party founder Henry Clay and fellow general Winfield Scott. John Tyler of Virginia was selected as his running mate, and Harrison and Tyler defeated Van Buren in the 1840 election. At the time, he was the oldest president ever elected. However, Harrison died of pneumonia in April 1841, at the age of 68, a month after taking office. Tyler then assumed the presidency, setting a major precedent. Due to the short length of Harrison’s presidency, scholars and historians often forgo listing him in rankings of U.S. presidents.

ウィリアム・ヘンリー・ハリソン (1773年2月9日 – 1841年4月4日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家で、第9代アメリカ合衆国大統領である。1811年のティピカヌーの戦いでの勝利で名声を獲得したため、「ティピカヌー」あるいは「オールド・ティピカヌー」の愛称で呼ばれた。

他の多くの初期の大統領と同様に、バージニアのプランテーション所有者だった。当時としては高齢の68歳で大統領に就任したものの、在任期間わずか1ヶ月で死去した。また、アメリカ独立宣言の前に生まれた(つまり生まれながらの合衆国市民でない)最後の大統領であった。

生涯

生い立ちと軍歴

1773年2月9日にバージニア州チャールズシティ郡のバークレー・プランテーションで生まれた。ベンジャミン・ハリソンとエリザベス・バセット夫妻の7人の子供の末子で、3番目の息子だった。一家はバークレー・プランテーションでも著名な政治家一家で、父親は大陸会議で独立宣言へ署名を行い、1781年から84年までバージニア州知事を務めた。兄のカーター・バセット・ハリソンはバージニア州選出下院議員だった。

1787年、ハリソンは14歳でハンプデン=シドニー・カレッジに入学した。彼は1790年まで同校で学び、ラテン語に精通し、基礎的なフランス語を習得した。学校で宗教復興の動きが起こり、父親は彼を退学させた。その後サウサンプトン郡の学校で短期間学び、そこで奴隷制度反対のクエーカーメソジストに関わるようになったといわれる。

奴隷制度を支持していた父親は腹を立て、ハリソンをフィラデルフィアに移させた。フィラデルフィアでハリソンはロバート・モリスの家に下宿した(そこで得られる医学的訓練のためだったといわれる)。1790年にペンシルベニア大学に入学、ベンジャミン・ラッシュ博士の下で内科を学んだ。ハリソンが彼の伝記作家に説明したように、彼は勉学を楽しんではいなかった。フィラデルフィアに着いて間もない1791年に父親が学費も残さずに死去したため、ハリソンはモリスの元に置き去りにされた格好になった。

18歳の時、ハリソンは陸軍に入隊しオハイオ州に派遣された。ハリソンは白人の西部侵略に反発するインディアン部族連合軍を撃破。米英戦争でもイギリスとショーニー族の連合軍に勝利し、この活躍で白人社会で一躍国民的英雄となった。

政界進出

その後、ハリソンは政治家に転じた。民主共和党に所属して下院議員(オハイオ州第1選挙区選出)や上院議員(オハイオ州選出)などを務めた後、ホイッグ党に所属して1836年のアメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、この時は民主党のマーティン・ヴァン・ビューレンに敗れた。1840年の大統領選挙で再びホイッグ党から出馬し、現職候補のヴァン・ビューレンを破って当選した。

当時のアメリカ大統領選挙は現在と異なり、候補者が選挙活動をすることを潔しとしない風潮があった。しかしハリソンはこの慣例を破り、派手なパレードや華麗なパーティーを大々的に開き、政治的発言は一切禁じた上で、自身の「戦争の英雄」というイメージを有権者に浸透させることに成功した。

大統領就任と死去

ハリソンが大統領就任宣誓を行なった1841年3月4日は非常に寒く風の強い日だった。ハリソンはコートを着用せず、ほぼ二時間近いアメリカ史上で最長の就任演説を行った。

3月26日、ハリソンは風邪を引いて体調を崩し、やがて肺炎を発症して4月4日に死去した。しばしば「ハリソンは就任演説で風邪を引いて死去した」と語られるが、ハリソンが風邪を引いたのは実際には就任演説から3週間以上も後のことであり、風邪を引いた直接の原因を就任演説だとするのは医学的に正しくないとの指摘がある。

ハリソンは在職中に死去した初の大統領であり、また歴代で在任期間最短(31日)の大統領である。ハリソンの死去に伴い副大統領のジョン・タイラーが大統領に昇格した。

家族

ウィリアムの息子ジョン・スコット・ハリソンも1853年から1857年までオハイオ州選出下院議員であった。ウィリアムの孫、ベンジャミン・ハリソンは1889年に第23代大統領に就任した。長子をベンジャミンと命名するのはハリソン家の伝統だった。ウィリアムとベンジャミンは唯一の祖父と孫で大統領に就任した例である。

内閣

大統領

  • ウィリアム・ヘンリー・ハリソン (1841)

副大統領

国務長官

  • ダニエル・ウェブスター (1841)

財務長官

  • トマス・ユーイング (1841)

陸軍長官

  • ジョン・ベル (1841)

司法長官

  • ジョン・クリッテンデン (1841)

郵政長官

  • フランシス・グレンジャー (1841)

海軍長官

  • ジョージ・バジャー (1841)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.