Woodrow Wilson : ウッドロウ・ウィルソン

Thomas Woodrow Wilson (December 28, 1856 – February 3, 1924) was an American statesman and academic who served as the 28th President of the United States from 1913 to 1921. A member of the Democratic Party, Wilson served as the President of Princeton University from 1902 to 1910, and as Governor of New Jersey from 1911 to 1913, before winning the 1912 presidential election. As president, he oversaw the passage of progressive legislative policies unparalleled until the New Deal in 1933. He also led the United States during World War I, establishing an activist foreign policy known as “Wilsonianism.” He was one of the three key leaders at the 1919 Paris Peace Conference, where he championed a new League of Nations, but he was unable to win Senate approval for U.S. participation in the League.

Born in Staunton, Virginia, to a slaveholding family, Wilson spent his early years in Augusta, Georgia, and Columbia, South Carolina. His father was a leading Southern Presbyterian and helped to found the Presbyterian Church in the United States. After earning a Ph.D. in political science from Johns Hopkins University, Wilson taught at various schools before taking a position at Princeton. In 1910, Democratic leaders recruited him to run for the position of Governor of New Jersey. Serving from 1911 to 1913, Wilson broke with party bosses and won the passage of several progressive reforms. Wilson’s success in New Jersey gave him a national reputation as a progressive reformer, and his Southern roots helped him win favor in that region. After several ballots, the 1912 Democratic National Convention selected Wilson as the party’s presidential nominee. Theodore Roosevelt‘s third-party candidacy split the Republican Party, which re-nominated incumbent President William Howard Taft. Wilson won the 1912 election with a plurality of the popular vote and a large majority in the Electoral College.

Upon taking office, Wilson called a special session of Congress, whose work culminated in the Revenue Act of 1913, introducing a federal income tax which provided revenue lost when tariffs were sharply lowered. He also presided over the passage of the Federal Reserve Act, which created a central banking system in the form of the Federal Reserve System. Other major elements of Wilson’s New Freedom agenda included Federal Trade Commission Act, the Clayton Antitrust Act, and the Adamson Act, all of which established new economic regulations enforced by the federal government. Wilson staffed his cabinet and administration with numerous Southern Democrats; they insisted on racial segregation at the Treasury Department and other federal offices. Upon the outbreak of World War I in 1914, Wilson maintained a policy of neutrality between the Allied Powers and the Central Powers. In the presidential election of 1916, Wilson defeated Republican Charles Evans Hughes by a narrow margin, and Democrats retained control of Congress. His moralistic policy in dealing with the Mexican Revolution involved military actions, but stopped short of war.

In early 1917, Germany resumed unrestricted submarine warfare against American merchant ships and in the Zimmermann Telegram, proposed that Mexico join a war against the U.S. In April, Wilson asked Congress to declare war in order to make “the world safe for democracy.” The United States provided food, raw materials, and loans—and in 1918 sent a newly raised army to France at the rate of 10,000 soldiers to Europe per day by mid-1918. Wilson focused on diplomacy and financial considerations, leaving military strategy to the generals, especially General John J. Pershing. On the home front, he raised income taxes, borrowing billions of dollars through the public’s purchase of Liberty Bonds, and initiated a draft. He promoted labor union cooperation, regulated agriculture and food production through the Lever Act, and took direct control of the nation’s railroad system. Wilson asked Congress for what became the Espionage Act of 1917 and the Sedition Act of 1918, suppressing anti-draft activists. The crackdown was intensified by his Attorney General A. Mitchell Palmer to include expulsion of non-citizen radicals during the First Red Scare of 1919–1920. Early in 1918, Wilson issued his principles for an end to the war, the Fourteen Points. Following the signing of an armistice in November 1918, he traveled to Paris, concluding the Treaty of Versailles. Wilson embarked on nationwide tour of the United States to campaign for ratification of the treaty and U.S. entrance into the League of Nations, but he suffered a severe stroke in October 1919. In his final year in office, Wilson secluded himself in the White House, disability having diminished his power and influence. The Treaty of Versailles was rejected by the Senate, and the U.S. remained outside of the League of Nations. Wilson retired from public office in 1921, and he died in 1924. Scholars and historians generally rank Wilson as one of the best U.S. presidents.

トーマス・ウッドロウ・ウィルソン(1856年12月28日 – 1924年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、政治学者であり、第28代アメリカ合衆国大統領である。アンドリュー・ジャクソンの次にホワイトハウスで連続2期を務めた2人目の民主党大統領である。

概要

進歩主義運動の指導者として1902年から10年までプリンストン大学の総長を務め、1911年から13年までニュージャージー州知事を務めた。1912年の大統領選挙では共和党はセオドア・ルーズベルトウィリアム・ハワード・タフトの支持に分裂し、結果として民主党候補であったウィルソンが大統領に当選した。名誉学位ではなく、実際の学問上の業績によって取得した博士号を持つ唯一の大統領である。

1885年にブリンマー大学で歴史学および政治学を教えた後、1886年にはジョンズ・ホプキンス大学から政治学の博士号 (Ph.D.) を受ける。1888年にコネチカット州のウェズリアン大学に勤め、1890年にプリンストン大学の法律学と政治経済学の教授に就任、1902年6月9日に満場一致でプリンストンの学長に選ばれた。1910年から翌年までアメリカ政治学会の会長であった。

1887年に執筆した論文『行政の研究』(The Study of Administration )において、政治行政分断論を提起し、実務的に政治(政党政治)と行政の分離(政治行政二分論)を唱え、猟官制の抑制と近代的官僚制の再導入を提唱するとともに、研究領域的に政治学から行政学を分離した。ウィルソンの行政学に関する論文はこれ1つだけであるが、これによって、フランク・グッドナウと並んでアメリカにおける行政学の創始者として位置づけられている。

合衆国大統領としては、当初の中立姿勢を放棄して「戦争を終わらせるための戦争」として第一次世界大戦への参戦を決断し、大戦末期にはウラジーミル・レーニンの「平和に関する布告」に対抗して「十四か条の平和原則」を発表、新世界秩序を掲げてパリ講和会議を主宰、国際連盟の創設に尽力した。その功績により、ノーベル平和賞を受賞している。敬虔な長老派教会の信者であったウィルソンは、教訓主義の深い感覚をインターナショナリズムに取り入れた。それは現在「ウィルソン主義」と呼ばれる。ウィルソン主義は、アメリカ合衆国が民主主義を標榜し国内外の政治体制の変革を追求することを使命と見なすことであり、今日も議論されるアメリカの外交政策の指針となった。ただし、ここまでの成果は慈善家のクリーブランド・ドッジの協力なしには得られなかった。

生い立ち

ウィルソンは1856年12月28日に牧師であったジョゼフ・ラグルズ・ウィルソン(1822年 – 1903年)博士とジェシー・ジャネット・ウッドロウ(1826年 – 1888年)の4人の子供の3番目、長男としてバージニア州スタントンで生まれる。祖先はスコットランド人およびスコッチ=アイリッシュであった。父方の祖父母は1807年に北アイルランドのティロン州ストラベーンから移住した。祖父と父は敬虔なキリスト教牧師であり、特に父は合衆国長老教会の創設者の一人である。

母親はペイズリー出身のトーマス・ウッドロウ博士と、グラスゴー出身のマリオン・ウィリアムソンの娘で、カーライルで生まれた。母方の祖父母の白壁の家は、北アイルランドの観光名所となった。

ウィルソンの父親はオハイオ州スチューベンビル出身で、そこでは祖父が『ウェスタン・ヘラルド・アンド・ガゼット』紙を発行していた。同紙は関税支持および反奴隷制の立場にあった。ウィルソンの両親は1851年に南に移動し、連合国を支持した。父親は奴隷制を擁護し、奴隷を所有、彼らのための日曜学校を開いた。父親の教会では傷ついた南軍の兵士の手当もした。彼はまた牧師として短期間南軍に従軍した。ウィルソンの最も初期の記憶は、エイブラハム・リンカーンが大統領に選ばれ、戦争が始まったことであった。ウィルソンはロバート・E・リーの横に立って彼の顔を見上げたことをいつまでも忘れなかった。

ウィルソンの父は、1861年にアメリカ合衆国長老教会から分裂した南長老教会の創設者の一人であった。彼は南長老教会の初代の常任牧師であり、1865年から1898年まで書記を務め、1879年には長老教会総会議長を務めた。ウィルソン自身は14歳まで父親が牧師を務めたジョージア州オーガスタで成長した。父は彼に牧師を継がせようとしたが、ウィリアム・グラッドストンに私淑して政治家を志した。ウィルソンは自らを「神の子」と信じていたふしがあり、政治への道を召命と見なしたことで、後にジークムント・フロイトの精神分析対象となった。

ウィルソンは識字障害のため、9歳まで文字が読めず、11歳まで文章を書くことができなかった。しかしそれを克服するため、速記を独学で覚えた。彼は決断と自己規律を通して学業を修め、自宅で父の指導の下で学んだ後、オーガスタの小さな学校に通った。レコンストラクションの間はサウスカロライナ州の州都コロンビアで暮らし、父は同地でコロンビア神学校の教授を務めた。

ウィルソンは1873年にノースカロライナのデイヴィッドソン大学で学び、1年後にプリンストン大学へ編入し1879年に卒業した。彼はファイ・カッパ・サイのメンバーだった。2年目からは政治哲学と歴史に関する書籍を数多く読んだ。ウィルソンが公的生活に入るインスピレーションとなったのはイギリス人の議会スケッチ作家、ヘンリー・ルーシーであった。彼はアメリカン・ホィッグ・クリオソフィック・ソサエティの活動家であり、リベラル・ディベーティング・ソサエティを結成した。

1879年、ウィルソンはバージニア大学で1年間法律を学んだ。卒業はしなかったものの、バージニア・グリー・クラブおよびジェファーソン・リタリティ・アンド・ディベーティング・ソサエティの活動に深く関わり、会長を務めた。しかしながら体調不良のため大学を辞めることにし、ウィルミントンの自宅に戻り、そこで法律の勉強を続けた。

ニュージャージー州知事から大統領へ

ウィルソンは同時代の政治的問題に対する公的コメントにより全国的な評判を得、政治的に重要な立場となった。1910年には民主党のニュージャージー州知事候補に指名されてこれを受諾、秋の選挙に勝利して学者出身知事となった。 1912年の大統領選で民主党は大統領候補にウィルソンを指名した。ウィルソンは大統領選で「ニュー・フリーダム」をスローガンに掲げ、共和党のウィリアム・タフトセオドア・ルーズベルトは互いに対立し、共和党は内部分裂。結果、ウィルソンは大統領選に勝利した。

大統領職

ウィルソンはニュー・フリーダムと呼ばれる進歩主義的国内改革を実行し、企業独占を支えた高率の関税を引き下げるなど、改革の意志を鮮明にした。一方、外交では共和党政権時代の棍棒外交ドル外交を批判し、「宣教師外交」を主張したが実態は何も変わらず、中南米諸国から反発を招いた。ウィルソン政権下でハイチが保護国となり、ドミニカも軍政下に置かれた。また、メキシコ革命の際はアメリカ軍を派遣してベラクルスを武力占領し、革命に干渉した。

任期1期目でウィルソンは連邦準備法連邦取引法クレイトン法農業信用法、および1913年歳入法に基づく初めての連邦の累進所得税が議会通過するように民主党を説得した。ウィルソンはその政権に多くの南部人を起用し、彼らによる多くの連邦機関における隔離の拡大を許容した。

第一次世界大戦に対しては、アメリカ合衆国を中立の立場に保ち、それは 1916年の再選に寄与し、彼の再選に向けたキャンペーンのスローガンは「彼は私たちを戦争に巻き込みませんでした」であった。しかし実際にはアメリカから連合軍側への物資・武器の提供や多額の戦費の貸付が行われ、中立国の義務を果たしてはいない状況であり、それに対抗したドイツによる無制限潜水艦作戦によって発生したルシタニア号沈没事件による国民の反独感情や極東における日本の台頭を懸念する世論によって参戦への圧力は増大し、「ツィンメルマン電報」の暴露から1ヶ月後、アメリカは1917年4月6日にドイツへ宣戦布告した。開戦に際し、ウィルソンは国内統制を強化し、愛国団体を通じてナショナリズムを煽り、労働運動や反戦運動などを弾圧した。

1917年にウィルソンは南北戦争以来初の徴兵を実施し、自由公債を発行して何十億ドルもの戦費を調達、戦時産業局を設置し、労働組合の成長を促進、リーバー法(戦後廃止)を通して農業と食糧生産を監督、鉄道の監督を引き継ぎ、最初の連邦政府による麻薬取締法を制定し、反戦運動を抑圧した。彼は1917年から1918年にかけて国を覆った反ドイツ感情の波を奨励しなかったが、その動きを止めることもしなかった。

第一次世界大戦末期の1918年1月8日に、ウィルソンは「十四か条の平和原則」を発表した。疲弊したドイツ帝国は降伏し休戦協定の締結へと至った。ウィルソンは英仏に「平和原則」を講和の前提とするように求めた。

パリ講和会議

第一次世界大戦休戦後、和平会談に出席するため1918年12月4日、パリへ出発した。ウィルソンは在職中にヨーロッパへ外遊した最初の大統領である。ウィルソンは「平和原則」で示した公正な態度のため、連合国国民のみならず、旧中央同盟国国民からの期待も集めていた。イギリスやフランスでも「正義なる人ウィルソン」と讃えられ、熱狂的な歓迎を受けた。ウィルソンはジョルジュ・クレマンソー仏首相、デビッド・ロイド・ジョージ英首相とともに講和会議の三巨頭として主要な案件に携わり、戦後秩序の決定者の一人となった。しかし十四か条の平和原則がそれまで大戦中に英仏伊日など主要国が結んだ協定や条約を無効にし、アメリカの要求に従って最初から決めるように求める内容であったため会議参加国の反発を招き、特にドイツへの苛酷な賠償を求めるフランスのクレマンソーとの対立は根深く、一時は会議決裂すら危惧される情勢であった。また、国際連盟建設について意欲的であり、講和会議小委員会の一つである国際連盟委員会委員長にはウィルソンが自ら就任している。

この委員会で日本全権の牧野伸顕らは、国際連盟憲章に人種差別の禁止を盛り込むという人種的差別撤廃提案を提案した。ウィルソンの側近で代表団の一員であったエドワード・ハウス名誉大佐は日本側から草案を見せられた際に、ウィルソンも賛成するだろうと述べており、翌日にはウィルソンは大統領提案として人種差別撤廃を提案すると日本側に伝達している。しかしイギリス連邦、特にオーストラリアの反発は強く、またアメリカ上院もこの提案が内政干渉にあたり、この提案が通れば条約を批准しないと猛反発した。採決においては11対5で賛成多数だったにもかかわらず、「全会一致でない」「本件のような重大な問題についてはこれまでも全会一致、少なくとも反対者ゼロの状態で採決されてきた」として議長権限により否決とした。一方で、日本が要求したドイツが持っていた山東半島の権益を日本に引き渡すという山東問題においては、日本が連盟不参加をほのめかす強硬措置を執ったため、不本意ではありながらも、親中華民国派が多いアメリカ全権団内部からの反発をまねきながらも、日本に山東半島の権益を引き渡すことに合意している。

ウィルソンはこの件にもあるように、国際連盟成立のために様々な譲歩を余儀なくされ、期待を寄せていた人々からの失望を買った。また山東問題の譲歩などで、アメリカ全権団内からの支持も失った。それでもヴェルサイユ条約をはじめとする各講和条約が成立し、国際連盟も成立する運びとなった。しかしアメリカ上院は、加盟国が侵略を受けた際、アメリカを含む国際連盟理事会が問題解決に義務を負うという国際連盟規約10条が、モンロー主義を掲げるアメリカの中立主義に抵触すると反発した。側近はこの条項を受諾するに当たって留保条件をつけて上院の同意を得るべきだと説得したが、ウィルソンはこの譲歩に頑として応じなかった。結果、上院は批准を行わず、アメリカは国際連盟に参加することはできなかった。1919年のノーベル平和賞受賞は、連盟創設の功績によるものである。

内閣

大統領

  • ウッドロウ・ウィルソン (1913 – 1921)

副大統領

  • トーマス・マーシャル (1913 – 1921)

国務長官

  • ウィリアム・ブライアン (1913 – 1915)
  • ロバート・ランシング (1915 – 1920)
  • ベインブリッジ・コルビー (1920 – 1921)

財務長官

  • ウィリアム・マカドゥー (1913 – 1918)
  • カーター・グラス (1918 – 1920)
  • デイヴィッド・ヒューストン (1920 – 1921)

陸軍長官

  • リンドリー・ガリソン (1913 – 1916)
  • ニュートン・ベイカー (1916 – 1921)

司法長官

  • ジェームズ・マクレイノルズ (1913 – 1914)
  • トーマス・グレゴリー (1914 – 1919)
  • ミッチェル・パルマー (1919 – 1921)

郵政長官

  • アルバート・バーレソン (1913 – 1921)

海軍長官

  • ジョセファス・ダニエルズ (1913 – 1921)

内務長官

  • フランクリン・レーン (1913 – 1920)
  • ジョン・パイン (1920 – 1921)

農務長官

  • デイヴィッド・ヒューストン (1913 – 1920)
  • エドウィン・メリディス (1920 – 1921)

商務長官

  • ウィリアム・レッドフィールド (1913 – 1919)
  • ジョシュア・アレグザンダー (1919 – 1921)

労働長官

  • ウィリアム・ウィルソン (1913 – 1921)

政権末期

 もともと偏頭痛が持病であったが、1919年10月2日、コロラド州で脳梗塞を発症、一命を取りとめたが、左半身不随、左側視野欠損、言語症と重い後遺症が残り、大統領としての執務は事実上不可能となった。しかし、主治医と大統領夫人のイーディスはこの事実を秘匿し、以後の国政の決裁はイーディスが夫の名で行うこととなった。ウィルソンは長期間のリハビリを経た後、政権末期頃になってようやく閣議に出席できるまでに回復したが、言語に明瞭さは戻ったものの機械的で感情を欠き、政策も無為無策で事なかれ主義が目立つものとなった。こうした事態を収拾し職務を代行すべきであったトーマス・マーシャル副大統領は、そもそもウィルソンと不仲で副大統領職も半ば嫌々引き受けたという事情もあり、大統領の職務不能を知ってもあえて火中の栗を拾おうとはせず、いくつかの儀典に大統領の名代として参加したほかは、職務権限の代行は一切しなかった。

こうした事実が明らかになったのは、実にウィルソンの死後になってからのことであり、これが後の大統領権限継承順位を明文化した憲法修正第25条制定の伏線となった。

結婚

1885年にジョージア州出身のエレン・ルイーズ・アクソンと結婚し、マーガレット、ジェシー、エレノアの三女をもうけた。エレンは徐々に健康を害し1914年腎臓炎で死去した。ウィルソンは、在任中に独身だったことのある3人の大統領のうちの一人となっている。

1915年、58歳のウィルソンは、ボーリング家(ポカホンタスの子孫)出身であり未亡人となっていた43歳のイーディス・ボリング・ガルト(Edith Bolling Galt、1872年 – 1961年)を紹介され再婚した。イーディスは第一次世界大戦下でファーストレディの重責を務め、1919年にウィルソンが倒れると2年間にわたり非公式ながら夫に代わって国政をみた。

1921年、ウィルソンと妻はホワイトハウスを離れ、ワシントンD.C.のエンバシー・ロウにある自宅に移った。ウィルソンは毎日のドライブを続け、土曜の夜はキースのボードビル劇場に通った。ウィルソンはアメリカ歴史協会の会長を務めた2人の大統領の一人であった(もう一人はセオドア・ルーズベルト)。

ウィルソンは1924年2月3日に自宅で死去した。彼はワシントン大聖堂に埋葬され、ワシントンD.C.に埋葬された唯一の大統領である。

妻のイーディスは夫の死後37年間を自宅で過ごし、1961年12月28日に死去した。その日はワシントンD.C.近くのウッドロウ・ウィルソン記念橋開通式典開催日で、彼女は式典の主賓であった。彼女は愛犬のルーターを枕元において死去した。

イーディスはアメリカ合衆国ナショナル・トラストに対し自宅を夫の記念博物館にするよう託し、ウッドロウ・ウィルソン・ハウスは博物館として公開されている。1964年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定され、1966年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録された。

ウィルソンは1917年5月31日に遺書を執筆し、妻イーディスを執行者に指名した。彼は娘のマーガレットに独身でいる限り毎年2,500ドルの年金を残し、前妻の動産も娘に託した。残りの財産と不動産はイーディスに相続させ、イーディスの死後に娘達が等分に相続するようにとした。イーディスに子供がいた場合、彼女の子供はウィルソンの娘と同等に遺産を相続したであろう。イーディスには子供がいなかったので、ウィルソンは彼女が3度目の結婚で子供を作った場合に備えていた。

その他

  • ジョンズ・ホプキンズ大学の学生寮ウィルソン・ハウスは彼にちなんで命名された。 プリンストン大学の公共政策大学院であるウッドロウ・ウィルソン・スクールも彼にちなんで命名されている。
  • ウィルソンの肖像は1934年から1946年まで10万ドルの金貨証券に用いられた。この額面10万ドルの金貨証券は金貨証券史上最高額面(および米ドル紙幣の最高額面1万ドルを上回るもの)であるが、行政命令6102により一般市民が金貨証券(および流通用金貨と金地金)の所持を禁じられた後に発行されたものであり、連邦準備銀行や財務省の財務処理のためにのみ使用された。
  • 原子力潜水艦ウッドロウ・ウィルソン (USS Woodrow Wilson, SSBN-624) は彼にちなんで命名された。
  • 現在のスロバキアの首都であるブラチスラヴァ市は、第一次世界大戦後短期間「ウィルソン市」(Wilsonovo mesto)と呼ばれた。これはウィルソン大統領がチェコスロバキアの建国を支援したことを記念したものであった。
  • 伝記にアーサー・リンク、草間秀三郎訳『ウッドロー・ウイルソン伝』(南窓社、1980年)がある。
  • 議会での口頭による一般教書演説を、ワシントン以来124年ぶりに行っている。

Leave a Reply