World Zionist Congress : シオニスト会議

The Zionist Congress was established in 1897 by Theodor Herzl as the supreme organ of the Zionist Organization (ZO) and its legislative authority. In 1960 the names were changed to World Zionist Congress (Hebrew: הקונגרס הציוני העולמיHaKongres HaTsioni HaOlami) and World Zionist Organization (WZO), respectively. The World Zionist Organization elects the officers and decides on the policies of the WZO and the Jewish Agency. The first Zionist Congress was held in Basel, Switzerland in 1897.

Any Jew over age 18 who belongs to a Zionist association is eligible to vote, and the number of elected delegates to the Congress is 500. 38% of the delegates are allocated to Israel, 29% to the United States of America, and 33% to the remainder of the countries of the Diaspora. In addition there are about 100 delegates which are appointed by International Organizations (e.g. B’nai B’rith, see below) affiliated with WZO.

After the First Zionist Congress in 1897, the Zionist Congress met every year until 1901, then every second year from 1903 to 1913 and 1921 to 1939. Until 1946, the Congress was held every two years in various European cities, save for interruptions during the two World Wars. Their goal was to build an infrastructure to further the cause of Jewish settlement in Palestine. Since the Second World War, meetings have been held approximately every four years. Also, since the creation of the State of Israel, the Congress has met every four or five years in Jerusalem.

At the 34th World Zionist Congress in 2002, the Green Zionist Alliance became the first environmental organization to ever hold a seat at the World Zionist Congress.

The 36th Congress was held in June 2010 in Jerusalem and Avraham Duvdevani from the modern-Orthodox “Mizrahi” camp was elected as Chair. Natan Sharansky was elected as head of the Jewish Agency for Israel which was separated again from the position of WZO Chair. The upcoming 38th World Zionist Congress will take place in 2020.

シオニスト会議は、ユダヤ人代表会議であり、第一回目は1897にスイスのバーゼルで、テオドール・ヘルツルのイニシアティヴの下に、シオニズムという語を作ったナータン・ビルンバウムの協力を得て開かれた。目標を、「パレスチナにユダヤ人のための、国際法によって守られたふるさとを作る」とまとめられた。

考量されているのは、

  • ユダヤ人農民、職人、製造業者のイスラエルの地への適切な手段による入植の促進、
  • 各国の法律との調和のうちに地域的、国際的に、適切な制度を用いて全ユダヤ人を組織化統合する、ユダヤ民族入植と民族意識の強化育成、
  • シオニズムの目標に到達するために必要な場合、諸政府からの同意を得る方向へ向けての適切な対処

である。

これとともに「バーゼル綱領」が決議され、目標を現実化するべく、「世界シオニスト機構」が創設された。この綱領はユダヤ教のメシア待望思想に対立するため、ドイツ・ラビ会議執行委員会は批判した。

最初の戦略は、パレスチナへの組織的なユダヤ人入植についてオスマン帝国スルタンアブデュルハミト2世から許可を得ることだったが、うまくいかなかったので、機構は、粘り強い小規模移住によるホームランド形成、1901年の第五回シオニスト会議でのユダヤ民族基金創設、ナサニエル・ロスチャイルド(初代マイヤー・アムシェルの三男の三男)からの資金援助による1903年のアングロ-パレスチナ銀行創設をし、それによってイスラエル建国のための公金提供をするという戦略を追求した。ユダヤ民族基金がこうして購入していった土地は、イスラエル建国後の基本法で、非ユダヤ人に売ったり、貸したりできぬようにしてある。

第一回では各国のユダヤ評議会によって選出された代表200人が参加した。ヘルツルがドイツ語圏オーストリアの出身者であったため当初会議語はドイツ語だった。(その点で、有名な『シオン賢者の議定書』のニルス版はこの会議で提示されたとしているが、草稿がフランス語で書かれているとしているので、偽書である疑いが生じる。)1933年からは英語が会議語である。開催地は1948年までほぼバーゼルであったが、イスラエル国家の出現と共にエルサレムに代わった。第一回開催直後は毎年開かれたが、その後一年おきになり、戦後は4年ごとに開かれている。