Nicaraguan Revolution : サンディニスタ革命

The Nicaraguan Revolution (Spanish: Revolución Nicaragüense or Revolución Popular Sandinista) encompassed the rising opposition to the Somoza dictatorship in the 1960s and 1970s, the campaign led by the Sandinista National Liberation Front (FSLN) to violently oust the dictatorship in 1978–79, the subsequent efforts of the FSLN to govern Nicaragua from 1979 until 1990 and the Contra War which was waged between the FSLN and the Contras from 1981-1990.

The Revolution marked a significant period in Nicaraguan history and revealed the country as one of the major proxy war battlegrounds of the Cold War with the events in the country rising to international attention.

Although the initial overthrow of the Somoza regime in 1978–79 was a bloody affair, the Contra War of the 1980s took the lives of tens of thousands of Nicaraguans and was the subject of fierce international debate. During the 1980s both the FSLN (a leftist collection of political parties) and the Contras (a rightist collection of counter-revolutionary groups) received large amounts of aid from the Cold War super-powers (respectively, the Soviet Union and the United States).

The Contra War ultimately ended following the signing of the Tela Accord in 1989 and the demobilization of the FSLN and Contra armies. A second election in 1990 resulted in the election of a majority of anti-Sandinista parties and the FSLN handing over power.

Background

Following the United States occupation of Nicaragua in 1912 during the Banana Wars, the Somoza family political dynasty came to power, and would rule Nicaragua from 1937 until their ouster in 1979 during the Nicaraguan Revolution. The Somoza dynasty consisted of Anastasio Somoza García, his eldest son Luis Somoza Debayle, and finally Anastasio Somoza Debayle. The era of Somoza family rule was characterized by rising inequality and political corruption, strong US support for the government and its military, as well as a reliance on US-based multinational corporations.

Rise of the FLSN

In 1961 Carlos Fonseca Amador, Silvio Mayorga, and Tomás Borge Martínez formed the FSLN (Sandinista National Liberation Front) with other student activists at the Universidad Nacional Autonoma de Nicaragua (UNAN) in Managua. For the founding members of the FSLN, this was not their first experience with political activism. Amador, first General Secretary of the organization, had worked with others on a newspaper “broadly critical” of the Somoza reign titled Segovia.

Consisting of approximately 20 members during the 1960s, with the help of students, the organization gathered support from peasants and anti-Somoza elements within Nicaraguan society, as well as from the Communist Cuban government, the leftist Panamanian government of Omar Torrijos, and the Venezuelan government of Carlos Andrés Pérez.

By the 1970s the coalition of students, farmers, businesses, churches, and a small percentage of Marxists was strong enough to launch a military effort against the regime of longtime dictator Anastasio Somoza Debayle. The FSLN focused on guerrilla tactics almost immediately, inspired by the campaigns of Fidel Castro and Ché Guevara. Penetrating the Northern coast of Nicaragua, the Río Coco/Bocay-Raití campaign was largely a failure: “when guerrillas did encounter the National Guard, they had to retreat…with heavy losses.” Further operations included a devastating loss near the city of Matagalpa, during which Mayorga was killed, which led Amador to a “prolonged period of reflection, self-criticism and ideological debate.” During this time, the FSLN reduced attacks, instead focusing on solidifying the organization as a whole.

Overthrow of the Somoza regime

In the 1970s the FSLN began a campaign of kidnappings which led to national recognition of the group in the Nicaraguan media and solidification of the group as a force in opposition to the Somoza Regime. The Somoza Regime, which included the Nicaraguan National Guard, a force highly trained by the U.S. military, declared a state of siege, and proceeded to use torture, extra-judicial killings, intimidation and censorship of the press in order to combat the FSLN attacks. This led to international condemnation of the regime and in 1978 the administration of U.S. president Jimmy Carter cut off aid to the Somoza regime due to its human rights violations (Boland Amendment). In response, Somoza lifted the state of siege in order to continue receiving aid.

On 10 January 1978, the editor of the Managua newspaper La Prensa, and founder of the Union for Democratic Liberation (UDEL), Pedro Joaquín Chamorro Cardenal was murdered by suspected elements of the Somoza regime and riots broke out in the capital city, Managua, targeting the Somoza regime. Following the riots, a general strike on January 23–24 called for the end of the Somoza regime and was, according to the U.S. State Department staff at the U.S. Embassy, successful at shutting down around 80% of businesses in not only Managua but also the provincial capitals of Leon, Granada, Chinandega, and Matagalpa.

In the words of William Dewy, an employee of Citi Bank who witnessed the riots in Managua:

“Our offices at the time were directly across the street from La Prensa and in the fighting that followed part of our branch was burned, but not intentionally. They were going after the Somoza-owned bank. In the turmoil they torched the [Somoza] bank and our building also burnt down. It was clear [to the U.S. business community] that the Chamorro assassination had changed things dramatically and permanently for the worse.”
Interview with Morris H. Morley, 17 October 1988

On 22 August 1978 the FSLN staged a massive kidnapping operation. Led by Éden Pastora, the Sandinistan forces captured the National Palace while the legislature was in session, taking 2,000 hostages. Pastora demanded money, the release of Sandinistan prisoners, and, “a means of publicizing the Sandinista cause.” After two days, the government agreed to pay $500,000 and release certain prisoners resulting in a major victory for the FSLN. Revolts against the state continued as the Sandinistas received material support from Venezuela and Panama. Further support would stem from Cuba in the form of “arms and military advising.”

In early 1979 the Organization of American States supervised negotiations between the FSLN and the government. However, these broke down when it became clear that the Somoza regime had no intention of allowing democratic elections to take place.

By June the FSLN controlled all of the country except the capital, and on 17 July 1979 President Somoza resigned and the FSLN entered Managua, giving full control of the government to the revolutionary movements.

Sandinista regime

Immediately following the fall of the Somoza regime, Nicaragua was largely in ruins. The country had suffered both war and, earlier, natural disaster in the form of the devastating 1972 Nicaragua earthquake. In 1979, approximately 600,000 Nicaraguans were homeless and 150,000 were either refugees or in exile out of a total population of just 2.8 million.

In response to these issues, a state of emergency was declared. President Carter sent $99 million in aid. Land and businesses of the Somoza regime were expropriated, the old courts were abolished, and workers were organized into Civil Defense Committees. The new regime also declared that “elections are unnecessary”, which led to criticism from the Catholic Church, among others.

Economic reforms

The Revolution brought down the burden the Somocista regime had imposed upon the Nicaraguan economy and that had seriously deformed the country, creating a big and modern center, Managua, where Somoza’s power had emanated to all corners of the territory, and then an almost semi-feudalist rural economy with few productive goods, such as cotton, sugar and other tropical agricultural products. All sectors of the economy of Nicaragua were determined, in great part if not entirely, by the Somozas or the officials and adepts surrounding the regime, whether it was directly owning agricultural brands and trusts, or actively setting them to local or foreign hands. It is famously stated that Somoza himself owned 1/5 of all profitable land in Nicaragua. While this is not correct, Somoza or his adepts did own or give away banks, ports, communications, services and massive amounts of land.

The Nicaraguan Revolution brought immense restructuring and reforms to all three sectors of the economy, directing it towards a mixed economy system. The biggest economic impact was on the primary sector, agriculture, in the form of the Agrarian Reform, which was not proposed as something that could be planned in advanced from the beginning of the Revolution but as a process that would develop pragmatically along with the other changes (economic, political, etc.) that would arise during the Revolution period.

Economic reforms overall needed to rescue out of limbo the inefficient and helpless Nicaraguan economy. As a “third-world” country, Nicaragua had, and has, an agriculture-based economy, undeveloped and susceptible to the flow of market prices for its agricultural goods, such as coffee and cotton. The Revolution faced a rural economy well behind in technology and, at the same time, devastated by the guerrilla warfare and the soon to come civil war against the Contras.

“Article 1 of the Agrarian Reform Law says that property is guaranteed if it labored efficiently and that there could be different forms of property:

  • state property (with the confiscated land from somocists)
  • cooperative property (part of confiscated land, but without individual certificates of ownership, to be labored efficiently)
  • communal property in response to reinvindication from people and communities from Miskito regions in the Atlantic
  • individual property (as long as this is efficiently exploited and integrated to national plans of development)

The principles that presided Agrarian Reform were the same ones for the Revolution: pluralism, national unity and economic democracy.”

The Nicaraguan Agrarian Reform developed into four phases.

  1. First phase (1979): confiscation of property owned by Somocists and its adepts
  2. Second phase (1981): Agrarian Reform Law of July 19, 1981
  3. Third phase (1984–85): massive cession of land individually, responding to demands from peasantry
  4. Fourth phase (1986): Agrarian Reform Law of 1986, or “reform to the 1981 Law”

In 1985, the Agrarian Reform distributed 235,000 acres (950 km2) of land to the peasantry. This represented about 75 percent of all land distributed to peasants since 1980. According to Project, the agrarian reform had the twofold purpose of increasing the support for the government among the campesinos, and guaranteeing ample food delivery into the cities. During 1985, ceremonies were held throughout the countryside in which Daniel Ortega would give each peasant a title to the land and a rifle to defend it.

Cultural Revolution

The Nicaraguan Revolution brought many cultural improvements and developments. Undoubtedly, the most important was the planning and execution of the Nicaraguan Literacy Campaign (Cruzada Nacional de Alfabetización). The literacy campaign used secondary school students, university students as well as teachers as volunteer teachers. Within five months they reduced the overall illiteracy rate from 50.3% to 12.9%. As a result, in September 1980, UNESCO awarded Nicaragua with the “Nadezhda K. Krupskaya” award for their successful literacy campaign. This was followed by the literacy campaigns of 1982, 1986, 1987, 1995 and 2000, all of which were also awarded by UNESCO. The Revolution also founded a Ministry of Culture, one of only three in Latin America at the time, and established a new editorial brand, called Editorial Nueva Nicaragua and, based on it, started to print cheap editions of basic books rarely seen by Nicaraguans at all. It also founded an Instituto de Estudios del Sandinismo (Institute for Studies of Sandinismo) where it printed all of the work and papers of Augusto C. Sandino and those that cemented the ideologies of FSLN as well, such as Carlos Fonseca, Ricardo Morales Avilés and others. The key large scale programs of the Sandinistas received international recognition for their gains in literacy, health care, education, childcare, unions, and land reform.

Human rights violations

Repression

According to The Heritage Foundation, censorship of the press under the new Sandinista regime began almost immediately. La Prensa, an independent newspaper of the country, was censored, despite its previous role as vocal opposition to the Somoza government. No information regarded as negative towards the Sandinistas was permitted to be published. All reporting was required to be submitted to government censors seven hours prior to printing. The Heritage Foundation claims that a “spy on your neighbor” system was instituted early in the Sandinista reign. This system promoted citizens to report any activity deemed counter to the revolution to the authorities. Those reported faced harassment from security representatives, including the destruction of property. Similar systems were apparent in Soviet-bloc countries.

On the contrary, the French journalist Viktor Dedaj, who lived in Managua in the 1980s, notes that La Prensa was generally sold freely and that the majority of radio channels were anti-Sandinista.

Allegations of anti-Semitism

According to The Heritage Foundation, following the FSLN rise to power, it was claimed that Nicaraguan Jews became an often targeted group for discrimination. Jewish citizens faced physical attacks, confiscation of property without cause, and arbitrary arrests. A further human rights violation arises in the government treatment of the Miskito people. A high-ranking member of the Nicaraguan military intelligence stated he left the country after having been ordered to kill 800 Miskito prisoners, and to frame the deaths in a way that resembled combat fatalities. Over 15,000 Miskitos were forced to relocate, their villages were destroyed, and killings not only went unpunished, but were promoted. However, investigations conducted by the United Nations, the Organization of American States and Pax Christi between 1979 and 1983 refuted allegations of anti-Semitism. Some Jewish were expropriated for their collaboration with the Somoza regime, but not because they were Jewish. Moreover, the high ranking Sandinista and mayor of Managua, Herty Lewites, was of Jewish descent but didnt affect their image.

Contra War

Although the Carter Administration had attempted to work with FSLN in 1979 and 1980, the more right-wing Reagan Administration supported a strong anti-communist strategy for dealing with Latin America, and so it attempted to isolate the Sandinista regime. As early as 1980-1981 an anti-Sandinista movement, the Contrarrevolución (Counter-revolution) or just Contras, was forming along the border with Honduras. Many of the initial Contras were former members of the Somoza regime’s National Guard unit and many were still loyal to Somoza who was living in exile in Honduras.

In addition to the Contra units who continued to be loyal to Somoza, the FSLN also began to face opposition from members of the ethnic minority groups that inhabited Nicaragua’s remote Mosquito Coast region along the Caribbean Sea. These groups were demanding a larger share of self-determination and/or autonomy but the FSLN refused to grant this and began using forced relocations and armed force in response to these grievances.

Upon taking office in January 1981, Ronald Reagan cancelled the dispersal of economic aid to Nicaragua and on 6 August 1981 he signed National Security Decision Directive number 7 which authorized the production and shipment of arms to the region but not their deployment. On 17 November 1981, President Reagan signed National Security Directive 17, and authorized covert support to anti-Sandinista forces.

An armed conflict soon arose, adding to the destabilization of the region which had been unfolding through the Central American civil wars in El Salvador and Guatemala. The Contras, heavily backed by the CIA, secretly opened a “second front” on Nicaragua’s Atlantic coast and Costa Rican border. With the civil war opening up cracks in the national revolutionary project, the FSLN‘s military budget grew to more than half of the annual budget. The Servicio Militar Patriótico (Patriotic Military Service), a compulsory draft, was also established.

By 1982 Contra forces had begun carrying out assassinations of members of the Nicaraguan government and by 1983 the Contras had launched a major offensive and the CIA was helping them to plant mines in Nicaragua’s harbors to prevent foreign weapons shipments from arriving. The 1987 Iran–Contra affair placed the Reagan Administration again at the center of secret support for the Contras.

1984 general election

The 1984 election took place on November 4. Of the 1,551,597 citizens registered in July, 1,170,142 voted (75.41%). The null votes were 6% of the total. International observers declared the elections free and fair, despite the Reagan administration denouncing it as a “Soviet style sham”. The national averages of valid votes for president were:
  • Daniel Ortega, Sandinista National Liberation Front (FSLN) – 66.97%
  • Clemente Guido, Democratic Conservative Party (PCD) – 14.04%
  • Virgilio Godoy, Independent Liberal Party (PLI) – 9.60%
  • Mauricio Diaz, Popular Social Christian Party (PPSC) – 5.56%
  • Allan Zambrana, Nicaraguan Communist Party (PCdeN) – 1.45%
  • Domingo Sánchez Sancho, Nicaraguan Socialist Party (PSN) – 1.31%
  • Isidro Téllez, Marxist–Leninist Popular Action Movement (MAP-ML) – 1.03%

Esquipulas

The Esquipulas Peace Agreement was an initiative in the mid-1980s to settle the military conflicts that had plagued Central America for many years, and in some cases (notably Guatemala) for decades. It built upon groundwork laid by the Contadora Group from 1983 to 1985. The agreement was named for Esquipulas, Guatemala, where the initial meetings took place. The US Congress lobbying efforts were helped by one of Capitol Hill’s top lobbyists, William C. Chasey.

In May 1986, a summit meeting, “Esquipulas I,” took place, attended by the five Central American presidents. On February 15, 1987, Costa Rican President Óscar Arias submitted a Peace Plan which evolved from this meeting. During 1986 and 1987, the “Esquipulas Process” was established, in which the Central American heads of state agreed on economic cooperation and a framework for peaceful conflict resolution. The “Esquipulas II Accord” emerged from this and was signed in Guatemala City by the five presidents on August 7, 1987.

Esquipulas II defined a number of measures to promote national reconciliation, an end to hostilities, democratization, free elections, the termination of all assistance to irregular forces, negotiations on arms controls, and assistance to refugees. It also laid the ground for international verification procedures and provided a timetable for implementation.

National Opposition Union (UNO)

Nicaraguan historian and leading social investigator Roberto J. Cajina describes UNO as follows:

“Since the very moment of inception, under the political guidance and technical and financial support from the government of the US, the existence of UNO was marked by grave structural deformations, derived from its own nature. In its conformation concurred the most diverse currents of the Nicaraguan political and ideological range: from the liberal-conservative -traditionally anticommunist and pro-US, to marxist-leninists from moscovian lineage, openly declared supporters of class struggle and enemies of capitalism in its superior development stage”.

The constitution of the UNO Coalition for the 1990 General Elections was as follows:

  • 3 Liberal factions: PLI, PLC and PALI
  • 3 Conservative: ANC, PNC and APC
  • 3 Social-Christians: PPSC, PDCN and PAN
  • 2 Socialdemocrats: PSD and MDN
  • 2 Communists: PSN (pro-Moscow) and PC de Nicaragua (pro-Albania)
  • 1 Central American Unionist: PIAC

 

サンディニスタ革命は、ニカラグアの革命運動。ニカラグア革命ともいう。サンディニスタとは、正式名称サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)で、アメリカ海兵隊相手に戦い、1934年にアナスタシオ・ソモサ・ガルシアに暗殺された革命家アウグスト・セサル・サンディーノ(A.C.Sandino)にちなむ名称。

この運動はキューバ革命の影響を受けており、1961年にカルロス・フォンセカ(1976年に暗殺)の指導のもとに、独裁的支配を続けてきたソモサ王朝体制に反対して起こった。ホンジュラス国境地帯のジャングルや山岳地でのゲリラ活動を主としていた。

経緯

サンディニスタ革命まで

1974年ごろからニカラグア国内に広く反ソモサの動きが広まり、1978年には体制側により反政府系新聞社主ペドロ・ホアキン・チャモロが暗殺されるに至った。これを契機に反ソモサ勢力の中にはサンディニスタへの支持基盤が広がり、結果的にチャモロ社主の暗殺は、却ってソモサ体制をより大きくを揺るがすこととなった。

1979年7月、サンディニスタの大規模な軍事攻撃や市民のゼネラル・ストライキは遂にアナスタシオ・ソモサ・デバイレを亡命に追い込み、民族再建政府が樹立された。革命政府は土地改革・識字運動・ソモサ家の財産没収などの政策を実行した。

サンディニスタ革命以後

革命政府によるこれら急進的な政策に反対する穏健派革命勢力(サンディニスタの一部を含む)は下野し、更にその一部はソモサ派残党と手を結んでコントラと呼ばれる反革命勢力に加わった。

1980年代に入るとアメリカが経済援助を停止して経済封鎖を続け、またコントラを支援した。1984年の総選挙で、これまで民族再建会議議長であったダニエル・オルテガが大統領に就任し、非同盟と混合経済を謳う新憲法が発布された。1988年にコスタリカ大統領アリアスの和平提案が旧中米連邦5カ国の大統領によって調印されたが、完全な実行には至らなかった。

長引く戦闘の重圧と経済疲弊の中で行われた1990年の総選挙で反サンディニスタ側が勝利、ペドロの妻ビオレタ・チャモロが新大統領となり、サンディニスタ革命は終焉した。

コントラ戦争

コントラ戦争は、ニカラグアで1979年から1989年の10年間、サンディニスタ革命政権の政府軍とアメリカ合衆国が組織した反革命傭兵軍コントラが戦った内戦である。日本では第二次ニカラグア内戦と呼ばれることも多い。

サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)政権は、1934年から1979年にかけての45年間続いたアメリカに協力的なソモサ親子2代3人の独裁政権を武力闘争で打倒した政権である。FSLNをソ連が支援し、コントラをアメリカが支援したために、冷戦時代における米ソ代理戦争の場となった。

アメリカの外交

アメリカ合衆国政府は20世紀の初期から冷戦時代の末期まで、第三世界の国家において、アメリカの覇権確立や維持に都合の良い傀儡政権が(民主的政府か軍事政権かに関係なく)革命で打倒されその国の国民自身による政府が樹立された場合に、直接的な軍事介入、または当該国の対米協力者を利用してクーデター・内戦を起こさせ、国民政権を打倒し再び傀儡政権を樹立するといった、覇権主義的な介入・干渉を繰り返してきた。

特に「アメリカの裏庭」と呼ばれるラテンアメリカ諸国に対して介入の度合いは激しく、メキシコ、キューバ、ハイチ、ドミニカ共和国、グアテマラ、エル・サルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、グレナダ、コロンビア、ベネズエラ、チリなどに対して、直接的・間接的な武力介入・干渉政策を繰り返してきている。特に代表的なものとしてPBSUCCESS作戦、ピッグス湾事件、ドミニカ侵攻、チリ・クーデターグレナダ侵攻パナマ侵攻などが挙げられる。

前史

アメリカは1912年から1933年の間ニカラグアをアメリカ海兵隊の占領下に置き、ニカラグアをアメリカの中南米覇権システムに組み込むために、現地のニカラグア保守党、ニカラグア自由党などと共にお互い利用しつつされつつもアメリカに協力的な政権を樹立し統治していた。

1927年、アメリカに協力的な保守党のディアス政権に対して自由党軍が護憲戦争を開始するが、この戦争はすぐにアメリカ海兵隊の再上陸と選挙実施を条件に停戦してしまった。しかし、海兵隊がニカラグアに存在すること自体が国辱だと考えた自由党軍のアウグスト・セサル・サンディーノ将軍は、武装解除せず、そのまま山に篭ってアメリカ海兵隊に対するゲリラ戦争を開始した。

サンディーノはアメリカではなく、南米のABC三大国(アルゼンチン・ブラジル・チリ)による選挙監視を求めたが、これは実ることなく、国土の半分を占領するゲリラ戦を続けた後、結局1933年1月、お互いに決め手がないまま世界恐慌で経済が疲弊・縮小したアメリカは、アメリカ子飼いのニカラグア国家警備隊をニカラグアに残し、サンディーノ軍と停戦して撤退した。アメリカ海兵隊が撤退するとゲリラ戦は終わり、サンディーノ軍は山から降りてきた。

1934年2月、アメリカの協力者だったアナスタシオ・ソモサ・ガルシア国家警備隊の司令官は騙し討ちによりサンディーノを暗殺、国家警備隊はサンディーノの家族や武装民兵集団を虐殺して、ソモサに抵抗しそうな勢力は完全に排除された。こうして1979年まで45年間継続するソモサ親子2代3人の独裁体制を樹立した。

ソモサ「王朝」はアメリカを後ろ盾にして、国家および国家の経済が産出する富を一族で私物化し、左翼、反対者・非服従者は殺害または収監するという形態の独裁政権であり、このような独裁者の政権はドミニカ共和国のラファエル・トルヒーヨ、グアテマラのホルヘ・ウビコやエル・サルバドルのマクシミリアーノ・エルナンデス・マルティネスなど当時の中米には多数見られた。

当然こうした政権は寡頭支配層を除いた国民の多数勢力からの支持はなく、国際社会の評価も良くなかったが、近隣諸国のそれと違ってニカラグアでは、アメリカ合衆国と国家警備隊という二つの支持基盤を磐石にして持っていたが故に揺らぐことはなかった。第二次世界大戦中にソモサ家はドイツ系ニカラグア人地主の所有地を接収し、国内第一の資産家になった。こうして得た資産などをソモサ一族で合わせると、最終的にはニカラグアの国民総生産のおよそ半分にもなったという。さらには1949年と1955年の傭兵軍の隣国コスタ・リカ侵攻にも関与していた。

このような独裁への批判は高まり、1955年にアナスタシオ・ソモサ・ガルシアが詩人に暗殺されたが、このように磐石な基盤を持っていたソモサ家はアナスタシオ・ソモサ・ガルシアの長男のルイス・ソモサ・デバイレが権力を継承して大統領に就任した。1949年と1955年にコスタリカにニカラグアから傭兵軍が侵攻した事件は、実はアメリカ合衆国の手先となったソモサの指示により、ニカラグア国家警備隊が裏で操っていたなどの黒い噂が当時からいくつも流れた。ニカラグアはアメリカにとって中米で最も磐石かつ使い易い手駒となったのだった。

1960年、ソモサ政権の打倒とニカラグアの民主化とニカラグア経済が産出する富・付加価値を国民に還元することを目指す学生、労働組合などの勢力、特にカルロス・フォンセカ、トマス・ボルヘらが中心となってソモサ政権の打倒と革命政権樹立のための勢力を統合し、アウグスト・セサル・サンディーノの名を冠したサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)を結成した。そして彼らは武装闘争を開始したが、この抵抗運動はすぐに敗れてしてしまい、その後サンディニスタは三派に分裂した。

しかし1967年にルイス・ソモサ・デバイレが病死し、アナスタシオ・ソモサ・ガルシアの二男で弟のアナスタシオ・ソモサ・デバイレが権力を継承して大統領になると再び話は変わってきた。ルイスは様々な物事を一部自由化し、ルイス時代には経済も拡大し、福祉も多少増大するなどある種ポプリスモ的なところがあった故に国民の支持も多少はあったが、アナスタシオII世の政治は国家警備隊の力を最大限に活用した純然たる力の政治であり、1972年のマナグア大地震の際に壊滅した首都マナグアを再建するために全世界から集められた義捐金を「全て」着服し、挙句被災者を救助するための国家警備隊が略奪に加わるなどの様相を見せるといよいよ国民の失望は止められなくなった。

第一次ニカラグア内戦

そして第一次ニカラグア内戦が始まる。革命の方針を巡って三派に分裂していたFSLNは、創始者のカルロス・フォンセカが1976年に死亡すると、トマス・ボルヘ、ダニエル・オルテガ、エデン・パストラらを中心に一つにまとまり、国民的な支持によってゲリラ戦争を激化させた。ソモサ政権は東側諸国のみならず、西側諸国からも強烈な非難を浴び、特にラテンアメリカ諸国からの非難は激しいものがあり、パナマからは現職の閣僚がFSLNに合流して反ソモサ戦争に加わった。

1978年8月にはエデン・パストラを司令官にしたFSLNのコマンドはマナグアの国家宮殿を占領し、仲間の釈放とキューバへの亡命、身代金を手にして去っていった。マナグアは一時解放区も同然となり、国民のサンディニスタへの支持は明らかになっていた。

しかし、ソモサはなおも権力にしがみつき、国家警備隊もソモサの命じるままに虐殺を続けた。1978年9月にはFSLNの拠点になったエステリ市を奪回する際に、市内に残っていた3,000人近い市民を無差別に殺害し(エステリ虐殺)、これがニカラグアの反ソモサ派を糾合した。

1979年6月20日、マナグアの路上で、白昼堂々国家警備隊により米国ABCテレビのビル・スチュアート特派員が暴行され射殺されたまさにその瞬間が全世界にテレビ放映されたことにより、「親米国」ニカラグアの実態が暴露され、遂に米国の世論も反ソモサに傾いた(この事件は、ニック・ノルティ主演「アンダー・ファイアー」として映画化されている)。

ここに来てアメリカはようやくソモサを見捨て、米州機構(OAS)はソモサ辞職勧告を提出したがそれでもアメリカはOAS平和維持軍を派遣する案を出して「ソモサなきソモサ体制」の維持をはかった。しかしこれもラテンアメリカ諸国の反対のために失敗したため、FSLNの勝利は目前となり、遂にソモサは自家用機でマイアミに亡命した。

第二次ニカラグア内戦

4万人の死者と数十万人の難民を出した内戦を乗り越えて、1979年7月19日、国民の広範な支持を受けたFSLNは遂にマナグアに入城した。アメリカのジミー・カーター大統領も人権外交の下でソモサを見放し、こうして最大の支援者を失ったソモサ政権は滅亡した。

ソモサ政権の打倒後、FSLNは宗教勢力、ブルジョワジーなどからなる国家再建暫定政府、国家再建暫定議会を樹立し、ダニエル・オルテガが国家再建暫定議会議長に就任した。 サンディニスタ政権は新憲法を制定し、ソモサ政権時代の国民の利益を無視した国家の私物化を廃止し、民主化と共に、富・付加価値の社会への再分配と、福祉・社会保障・保健・医療・教育制度の整備による貧困の解消、機会の平等をめざし、農地改革で地主・小作制度を廃止して、地主が保有していた土地を小作人に分配し、ソモサ一族の財産を完全没収して国有化した。外交政策ではソモサ政権時代の実質的なアメリカの傀儡状態から、アメリカも含めて全世界の諸国との平等・対等な外交関係をめざした。

この革命はイギリスのパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュが新しいアルバムに『サンディニスタ!』と名づけたように、当初アメリカを含む全世界から祝福され、こうしてニカラグアは新しい国家として再スタートを踏み出すことになった。サンディニスタ政権には様々な困難が直面しており、それまで国家の全てを私物化していたソモサ王朝の43年間の独裁支配と、第一次ニカラグア内戦の結果により、国の産業・経済は疲弊・困窮し、国の財産はソモサ一族に収奪されて資産も預貯金も全く無く、4万人の死者の遺族、負傷者、亡命者、そしてソモサの残した莫大な対外累積債務だけが残っている状態だった。 こうした状況を考慮して、国家再建のためにサンディニスタは当初非同盟外交、複数政党制、混合経済と現実的な目標を掲げ、この時点ではソ連やキューバのような全体主義国家になるつもりは毛頭なく、カーター大統領もそのつもりで最終的にソモサと手を切ったのだった。

1980年アメリカ合衆国大統領選挙

しかし、アメリカでタカ派のロナルド・レーガンが合衆国大統領になると状況が変わってきた。サンディニスタ政権はレーガンによってそれまで国家再建のために受けていたアメリカからの経済援助を止められ、逆に経済制裁を受けたことと、当時の冷戦末期の国際環境を考慮し、ソ連、キューバ、東ヨーロッパ諸国の支援を受けて革命政権の政策目標を追求しようとした。しかし、このことはレーガンに反共のための戦いという理念を与えることになる。

コントラ戦争の推移

1980年、エル・サルバドルではサンディニスタ革命の影響を受けてファラブンド・マルティ民族解放戦線と政府軍の内戦が始まろうとしていたが、レーガンは「エル・サルバドル死守」を掲げてサンディニスタ政権を打倒し、アメリカにとっての都合の良い親米的な政権を再び樹立するために、アメリカ中央情報局(CIA)を使ってソモサ政権の残存勢力、サンディニスタ政権に不満を持つ勢力に対して資金と武器を供給して、反革命傭兵軍コントラを結成した。

エデン・パストラ率いるFSLNの一部は組織内部の対立によりコントラに合流し、コントラサンディニスタ革命政権の打倒を目ざして武力闘争を仕掛けた。コントラは主にニカラグアの隣国のホンジュラスを中心にして組織され、そこにコスタリカからのエデン・パストラの部隊(民主革命軍 ARDE)と、ニカラグアの大西洋側のモスキート海岸の先住民ミスキート族(MISURASATA)が加わって、三派に分かれて出撃した。こうしてアメリカは1989年の内戦終結まで主にホンジュラスのコントラを支援し、操作した。こうした勢力の訓練には国内で汚い戦争の経験を積んでいたアルゼンチン陸軍や、さらにはイスラエル国防軍も携わっていたとされている。

FSLN内での路線対立や、新聞社ラ・プレンサ紙のビオレータ・チャモロが政権から降り、最初に国家指導をした五人の内ブルジョワの三人は消えて、残った二人は本来は軍事部門であったはずのFSLNだけになった。また、内戦が進むにつれて言論弾圧や、祖国防衛のための徴兵制なども敷かれ、次第にニカラグア国民の間にFSLNに裏切られたという思いが蔓延してきた。

その一方で、アメリカは海空軍を使ってニカラグアに対して直接的な武力攻撃も繰り返した。アメリカ軍は1983年9月から1984年4月の間にプエルト・サンディーノ、コリント、サン・フアン・デル・スル、サン・フアン・デル・ノルテ、ポトシにあったニカラグアの主要港や海軍基地を空襲した。

1983年10月10日、太平洋岸のコリント港にアメリカ軍が機雷を敷設し燃料320万ガロンが失われた。この作戦はCIAに指揮されたネイビーシールズによって行われたとされている。

1983年7月、メキシコ、パナマ、コロンビア、ベネズエラの大統領はパナマのコンタドーラで大統領会議を開催しニカラグア内戦、グアテマラ内戦、エルサルバドル内戦の終結を協議した。このコンタドーラ・グループは協議の結論として、超大国の直接的・間接的な介入・干渉を排除し、ラテンアメリカの問題は基本・原則としてはラテンアメリカ自身の努力で解決し、超大国・大国・域外国からの支援は補助的・限定的にすること、戦闘の終結、民兵勢力の武装解除、自国領土内への外国軍隊の受け入れ禁止、政府と民兵集団の対話と和解を提案したが、ニカラグア内戦、グアテマラ内戦、エルサルバドル内戦の終結には至らなかった。

1984年11月に国連監視下で行った大統領選挙でダニエル・オルテガが大統領に当選した。野党はこの選挙をボイコットし、実質的に国民の半数の支持を得ることは出来なかったとはいえ(オルテガの得票率41%)、この選挙によりサンディニスタの民主的な正当性が確保されたことになる。しかし、この後もアメリカはコントラを援助して内戦を続けさせたのである。

1985年にコントラの一部だった大西洋側の先住民ミスキート族の部隊ミスラサタとの停戦がなされた。これは前年にサンディニスタがミスキート族が自治を行う権利を憲法で認めたからである。

1985年4月、メキシコ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、ペルーの大統領はコロンビアのカルタヘナで大統領会議を開催し、中米諸国の内戦の終結を提案したが、それでもニカラグア内戦の終結には至らなかった。当時は冷戦末期だったが、冷戦の終結前であり、アメリカとソ連は冷戦時代最終局面の勢力争いを繰り返し、アメリカはコントラを支援し、ソ連はサンディニスタを支援した。アンゴラなどの他の多くの開発途上国の内戦と同様に、ニカラグア内戦もニカラグア国民だけの戦争ではなく、大国によって中小規模の国家がその勢力争いの場となるという、米ソの代理戦争という側面も含んでいた。

1986年2月、国際司法裁判所はアメリカがコントラに武器・資金を支援して、サンディニスタ政権に対する武力攻撃を行わせていること及び、アメリカ軍がニカラグアを空襲したことに対して、他国の国家主権に対する侵害、他国の内政に対する強制的な干渉、他国に対する侵略的武力行使は国際連合憲章違反であると認定し、前記の侵略・介入・干渉行為の即時停止と120億ドルの賠償金の支払いを命じたが、アメリカ政府は判決の受け入れを拒否した(ニカラグア事件)。 1986年11月、国連総会はアメリカに対して(拘束力は無いが)国際司法裁判所の判決を受け入れるように求める決議を賛成94、反対3、棄権47で採択した。決議に反対票を投じたのはアメリカ、イスラエル、エル・サルバドル(極右政権による支配)の3ヶ国だけである。

内戦の終結

1979年から継続する内戦で多くの国民が死傷し、自然環境、社会資本、生活基盤は破壊され、加えてアメリカの経済制裁もあり経済は破綻し、ハイパーインフレが発生し、国家も社会も国民もサンディニスタ民族解放戦線コントラも、ニカラグアの誰もが著しく疲弊し、肉体的・精神的・経済的・社会的に耐えうる限度を超え、国家は崩壊の危機に直面していた。 その一方で苦しむ国民を尻目に白いベンツを乗り回すなどサンディニスタ幹部の腐敗も顕在化した。

1987年8月、ニカラグアの誰もが疲弊し、国家が崩壊の危機に直面していた状況下で、コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルの大統領はグアテマラのエスキプラスで大統領会議を開催し、ニカラグア内戦の和平・停戦を協議した。コスタリカのアリアス大統領が提案した和平調停により、サンディニスタ民族解放戦線政権とコントラの戦闘の終結、国民の和解と融和、コントラの武装解除とコントラへの支援の打ち切り、政府軍の軍縮、民主的な選挙の実施と議会・大統領の選出を受け入れるエスキプラス合意が成立した。

米ソの冷戦が終結し、ソ連からサンディニスタ民族解放戦線への支援も、アメリカからコントラへの支援も打ち切られ、サンディニスタ民族解放戦線の政権とコントラは1989年8月に戦闘を停止し内戦は終結した。

内戦の終結後の状況

10年近く続いた内戦はニカラグアに深い傷跡を残した。それは現在も経済の崩壊、治安の極端な悪化として顕在化している。膨大な犠牲と引き換えにニカラグアが手に入れたのは、民主主義だけだった。

1990年2月、国連の監視下で大統領選挙が行われ、国民野党連合(UNO)ビオレータ・チャモロが当選し、1990年4月に大統領に就任した。チャモロ政権は内戦で疲弊したインフラ・経済の再建、ハイパーインフレの終結に取り組み実現した。チャモロ政権の樹立により米国はようやくニカラグアに対する経済制裁とコントラへの支援を解消した。

1996年11月、大統領選挙で立憲自由党(PLC)のアルノルド・アレマンが当選し、1997年1月に大統領に就任した。アレマン政権は経済の規制緩和と自由競争を推進により経済発展を目ざすとともに、サンディニスタ民族解放戦線との政策協定により憲法と選挙法を改正した。

2001年11月、大統領選挙で立憲自由党(PLC)のエンリケ・ボラーニョスが当選し、2002年1月に大統領に就任した。ボラーニョス政権は汚職の摘発に取り組み、アレマン前大統領を逮捕し、アレマン前大統領は懲役20年の判決を受けた。2006年4月、ニカラグアはアメリカ・中米・ドミニカ共和国自由貿易協定(DR-CAFTA)に加盟した。

1990年から2006年の間、サンディニスタ民族解放戦線は3回の大統領選挙(出馬したのは三回ともダニエル・オルテガだった)では敗北したが、政治勢力として滅びたわけではなく、軍のトップはオルテガ兄弟によって維持され、ニカラグアの政治勢力・議会の野党として、政権の政策に対する建設的・創造的な対案の提案や、個別の政策分野では政府に協力することにより、ニカラグアの復興に努力し、野党ではあったが国民からの広範な支持を失ったわけではなく、国民からの支持もニカラグアの政治に対する影響力も維持していた。

2006年11月、大統領選挙でサンディニスタ民族解放戦線のダニエル・オルテガが当選し、2007年1月に就任した。オルテガ政権は1990年以後の政権の経済・外交政策を変更し、貧困の解消と貧富の著しい格差の解消を目ざし、ベネズエラ政府とチャベス大統領が提唱する米州ボリーバル代替統合構想(ALBA)への参加を表明した。オルテガ大統領はニカラグアからはもはや富裕層が逃げていくことはなく逃げていくのは貧困だけだと述べ、貧困撲滅に対する意気込みを語っている。

Leave a Reply