Open Door Policy : 門戸開放政策

The Open Door Policy is a term in foreign affairs initially used to refer to the United States policy established in the late 19th century and the early 20th century that would allow for a system of trade in China open to all countries equally. It was used mainly to mediate the competing interests of different colonial powers in China. In more recent times, Open Door policy describes the economic policy initiated by Deng Xiaoping in 1978 to open up China to foreign businesses that wanted to invest in the country. This later policy set into motion the economic transformation of modern China.

The late 19th policy was enunciated in Secretary of State John Hay’s Open Door Note, dated September 6, 1899 and dispatched to the major European powers. It proposed to keep China open to trade with all countries on an equal basis, keeping any one power from total control of the country, and calling upon all powers, within their spheres of influence, to refrain from interfering with any treaty port or any vested interest, to permit Chinese authorities to collect tariffs on an equal basis, and to show no favors to their own nationals in the matter of harbor dues or railroad charges. Open Door policy was rooted in the desire of U.S. businesses to trade with Chinese markets, though it also tapped the deep-seated sympathies of those who opposed imperialism, with the policy pledging to protect China’s sovereignty and territorial integrity from partition. It had little legal standing, and served in the main the interests of competing colonial powers without much meaningful input from the Chinese, creating lingering resentment and causing it to later be seen as a symbol of national humiliation by Chinese historians.

There was an essential conflict in the policy. The U.S. announced its Open Door Policy with the dual intentions of avoiding the actual political division of China and taking financial advantage, but only in a fair way, acknowledging equal rights for all nations to trade with China. All the imperial nations gave a green light to the American decision except Russia. The next result was that China remained undivided, but in the coming years the imperial nations continued to exploit China to a large extent.

門戸開放政策とは、特定の地域において、全ての国の全ての国民に対し、等しい商業及び工業活動の機会が与えられるべきであるという主張である。日本では一般的に自由貿易政策と呼ばれることが多い。これはもともとアメリカによって進められたものであるが、アヘン戦争後の清国-アメリカ間の条約において、すでにこの方針は現れていた。門戸開放政策は、1978年からの鄧小平による中華人民共和国の経済改革方針で示された改革開放政策も、これと同等である。

上記の理由から門戸開放政策は一般的に中国と関連付けられることが多いが、もともとは1885年のベルリン会議で、コンゴ盆地においていかなる権力も特恵関税を課すことはできないと定めた経緯があり、中国に対してもそれを倣っている。

ヨーロッパ列強による門戸開放政策

ベルリン会議Berlin Conference)が1884年11月15日から1885年2月26日までドイツ帝国の首都ベルリンで開催され、列強のコンゴ植民地化をめぐる対立の収拾が図られるとともに、列強による「アフリカ分割」の原則が確認された。

ベルギー国王レオポルド2世は、植民地帝国形成の第一歩として、コンゴ植民地化に関心をよせた。1878年、上コンゴ研究委員会(のちのコンゴ国際協会)のもとで探検家スタンレーをコンゴに派遣、現地の調査や交通網の整備にあたらせた。すでにこの段階でスタンレーは数十の基地を設置し、現地勢力の長たちと様々な取り決めを結んでいた。こうした急速なベルギーのコンゴ進出に対し、以前より沿岸部の権益拡大を進めていたポルトガルが反発し、1882年にはコンゴ川河口地域における主権を宣言した。イギリスはこれを支持したが、アフリカ植民地化をめぐりイギリスと対立していたフランスは、ポルトガルを支持せずにベルギーを支持する一方、自ら探検家ピエール・ド・ブラザをアフリカ内陸部に派遣した。宰相ビスマルクのもとにあったドイツもポルトガル支持を見送った。このように、各国の思惑が交錯するなか、アフリカをめぐる一連の問題解決をめざし、イギリス、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、ベルギー、デンマーク、スペイン、アメリカ合衆国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、ロシア、スウェーデン、オスマン帝国の計14カ国が参加し、国際会議がドイツのベルリンで開催された。

参加国は同じ焦りを感じていた。1884年の恐慌で、各国の中央銀行は正貨が底をついていた。

全7章、38条で構成されるベルリン協定が締結され、その内容は、コンゴ盆地に関するもの、奴隷貿易の禁止に関するもの、植民地分割に関するものなどである。

コンゴ盆地

コンゴ盆地の地理的範囲を画定させた上で、同地域の自由貿易(第1章)と中立化(第3章)、コンゴ川航行の自由(第4章)が確認された。レオポルド2世下にあるコンゴ国際協会はコンゴ盆地の統治権を認められた。これにより、ベルギー国家でなくベルギー王の私財といった形でコンゴは扱われるようになり、コンゴ国際協会の改組にともなってコンゴ自由国が成立した。

植民地分割の原則確認

第6章において、アフリカ沿岸部における植民地化の原則が確認された。以下に示すのはその原則の根幹となる2つの条項である。

  • 占領が認められる条件はヨーロッパ人の活動(通交・交易)を保障できる実効支配が行われていることが必要である。
  • ある地域を最初に占領した国がその地域の領有権をもつという先占権をもつ。(沿岸部を占領した国が内陸部の併合も認められる)

この協定の締結以後、アフリカを植民地化する場合は、ベルリン協定調印諸国にその内容を通告し、会議で確認された原則を遵守することが求められた。この会議を契機として列強のアフリカ分割は本格化し、列強間の調整を通じた地図上での植民地分割が行われていった。

アメリカによる門戸開放政策

背景

アメリカは伝統的にモンロー宣言による孤立主義の立場を取っていたが、1890年代のフロンティアの消滅に伴い、中南米、カリブ諸島、太平洋上の島々へ急速に植民地を広げ、自国権益を拡大していった。アメリカは以前から大規模な市場を持つ中国大陸への進出を狙っていた。

1898年にアメリカはハワイを併合し、米西戦争によってフィリピン・グアム島を獲得した結果、これらはアメリカにとって東アジアへの進出の重要拠点となり、アメリカも東アジアにおける主要勢力の1つに踊りでた。しかし、既にイギリス、フランス、ロシア、ドイツなどのヨーロッパ列強によって中国分割が激しく進められており、さらには日本がそれに加わろうとしていた時勢であった。

アメリカが提言した「門戸開放政策」

アメリカは中国における他国と同等の特権を得るべく、アメリカのジョン・ヘイ国務長官は1899年、列強主要国(フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、日本、ロシア)に対し、中国の主権の尊重と中国内の港湾の自由使用を求める門戸開放通牒を発した。これに対し各国は、それぞれの利権のために他国の判断が下されるまでは判断を留保すると返答した。1900年3月、ジョン国務長官は、通牒の内容は有効になったと宣言、これに対して日本だけはこの宣言に対し異議を申し立てたが、アメリカは門戸開放が国際的な政策になったとの主張を展開した。同年、義和団の乱の後に、ヘイ国務長官は同等の趣旨(ただし、より領土保全が強調されている)の文章を各国に再送した。

門戸開放政策の瓦解

満州

2年後の1902年に、アメリカは満州におけるロシアの侵略は門戸開放政策に反すると主張した。1904年から1905年にかけての日露戦争の結果、ロシアに代わって満州南部における利権を獲得した日本は、アメリカに対し満州では門戸開放政策を維持すると伝えた。1909年にアメリカは、門戸開放の維持の為に、日本では新4国借款団と呼ばれる、中国が鉄道を敷設するのに必要な借款を工面する為の日本・アメリカ・イギリス・フランス四カ国からなる銀行集合の形成を誘導した。この目的は中国進出を日本に独占させないことであったが、アメリカは1913年に、これが中国の国内統治の完全性を欠くことになると主張して、これを脱退した。

次に門戸開放方針が妨げられたのは1915年で、日本が対華21ヶ条要求を突きつけたときである。この結果、1917年に日米間で、中国における門戸開放は尊重されるが、アメリカは日本の中国における特殊権益を認めるという石井・ランシング協定が結ばれた。門戸開放の原則は同年の日本と連合国間の、山東半島ドイツ権益に関する秘密協定によってさらに弱まった。

崩壊しつつあった門戸開放政策は、1921年から1922年にかけてのワシントン会議 (1922年)の九カ国条約において再確認され、これにアメリカ、イギリス、日本、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、中国、ベルギーが署名することで一時的に回復した。これに伴い石井・ランシング協定は破棄された。

しかし1931年からの満州事変及び満州国の建国によって、門戸開放政策は崩壊した。

第二次世界大戦後、中国は主権国家としての存在が認められた。これに伴って、どの国も中国内に支配地域を保有することも、他国の貿易を妨害することもできなくなった。共産党が政権をとると、1970年代後半に鄧小平が政権を手にするまで、中国における自由貿易は拒絶された。それ以降の中国政府は、外国貿易を助成する方針を維持している。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.